F4Fとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > F4Fの意味・解説 

【F4F】(えふよんえふ)

Grumman F4F "Wildcat(ワイルドキャット)"
アメリカ合衆国グラマン社開発した艦上戦闘機
F3F後継として1935年開発開始され、当初複葉機として開発を進めていた(XF4F-1)が、ブリュースター社のXF2A-1(後のF2Aバッファロー」)が海軍から試作発注取り付けたのに伴い、僅か三ヶ月キャンセルとなった。
これを受けてグラマン社単葉機にした設計案を提出1935年7月28日原型試作発注された。

このXF4F-2は1937年9月2日初飛行し、さらに2年後の1939年2月12日初飛行改良型、XF4F-3はテストにおいて時速530km以上の最高速度と、それまで機体比較して良好運動性能を発揮した。
1939年8月量産型F4F-3が生産開始され、その後すぐにヨーロッパ航空戦戦訓から防弾板の追加等が施され、アメリカ海軍イギリス軍でも使用された。

太平洋戦線においては海軍艦上戦闘機主力として投入された。速度運動性共に零戦比べると劣っていたが、機体頑丈さ、そして急降下制限速度で勝っており、二機一組となっての一撃離脱戦法サッチウィーブによって勝利を収めることが可能だった。
特に無線機性能日本より高く相互に連携した戦闘が可能だったため、戦争中期まで第一線機として使用された。
1943年から後継F6F投入されるようになると一線戦闘機からは引き下がり、護衛空母搭載されたり哨戒機として活躍した。

IMG_8799.jpg
Photo:MASDF

FM-2ワイルドキャット

スペックデータ

バリエーション


F4F (航空機)

(F4F から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/05 15:52 UTC 版)

F4F ワイルドキャット




  1. ^ 尚、「FM-1」、「FM-2」という表記がされることが多いが、この場合の「-1」、「-2」は当時のアメリカ海軍命名規則(機種符号+設計番号(1は使用しない)+メーカー符号)からは「F4F-3」の「-3」の部分に当たり、「第*次改良型」を示すものなので留意されたし。
  2. ^ 幅が11.58mから4.37mに減少、固定翼型2機分のスペースに5機を搭載できた。
  3. ^ この時、ブラックバーン社によりスロットルの動作方向はフランス式からイギリス式に変更されている。
  4. ^ 英国海軍の空母艦載機は未だに単葉機への完全転換もならず、さらには老朽化した複葉戦闘機に変わりスクア急降下爆撃機が戦闘機の代わりをしているという状況であった。また、スクアの戦闘機型であるロックは、戦術思想的失敗と設計的失敗から艦載機としての運用は絶望的であり、さらには、ロックとスクアの交換機として配備したフェアリー社製フルマー戦闘機は爆撃機を基にした複座戦闘機であり、新鋭機の導入は急務であった。
  5. ^ この2つの性能についていえば零戦よりも優れていた。
  6. ^ 零戦は速度が300km/hを越えたあたりから舵が重くなり、500km/hを越えたあたりでは、ほぼ舵が動かなくなったという。また、試作段階において急降下を行った際に空中分解を起こしており、急降下のさいには厳しい速度制限があった。


「F4F (航空機)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

F4Fに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F4F」の関連用語

F4Fのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

編隊

SR-71

99式自走榴弾砲

M500

プローブ

AIM-54

サンディ

前輪式





F4Fのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF4F (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS