F-16とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > F-16の意味・解説 

【F-16】(えふじゅうろく)

General Dynamics F-16 "Fightingfalcon(ファイティングファルコン)"

アメリカ空軍LWF計画基づいてゼネラルダイナミクス(現ロッキード・マーチン)が開発した戦闘機
アメリカ空軍当時最強謳われるF-15実用化したが、その高すぎるコストから十分な数を揃えられず、これを数で補うために低価格戦闘機を望んだ。
そのためLWF軽量戦闘機計画立案され、YF-16とYF-17の二機種試作され、飛行審査結果YF-16がF-16として採用された。

確実に勝つため保守的設計をされたF-15とは対照的に、機動性安定性兼ね備えたフライバイワイヤー胴体ストレーキ主翼一体化したブレンデッドウイングボディコックピットの横に備えられた感圧式の操縦桿であるサイドスティックなど、低コストで高い効果を得るための新機軸積極的に採用された。
試作型のYF-16からF-16Aとなるにあたってもっとも拡張加えられたのが空対地戦闘能力であり、近代制空戦闘機として必須装備となるIFF質問装置中距離ミサイル運用能力付与されないなど、主に対地攻撃機としての性能強化特化していた。

特に中距離ミサイル運用能力に関してCW発生器の追加によりスパロー運用が可能であり、開発途中における搭載テスト結果良好であったが空軍は「必要無し」として搭載を見送った。
後に、州空軍向けに改修されたADF型にはIFF質問装置及びCW発生器が追加されている。

格闘戦戦闘機として開発された機体対すこの方転換は「高価F-15対空砲火脅威にさらすわけにはいかない」という意向が働いたためと言われている。
これにより、BVR戦闘を行う際にはAWACSF-15などの他のIFF質問装置搭載している機体無線交信し、敵味方識別を行ってもらわなければならないため、1991年湾岸戦争中にはF-16は空対空撃墜記録ていない
この後もF-16は主に対地攻撃能力強化続けていくが、後に行われ近代化改修IFF質問装置搭載した改修機はキャノピー前方にバードスライサーとあだ名される横に並んだブレードアンテナを装備していることで見分けられた。
しかし、このバードスライサーは現在ではステルス性上のためにカバーで覆われており、特徴的バルジとなっている。

初期A・B型制空戦闘用の制限天候戦闘機として開発されたが、近代化改修繰り返し、現在は全天候戦闘攻撃機C・D型が主力である。
とくにC・Dブロック40以降機体LANTIRN装備でき、高度な夜間攻撃力を持つことから、ブロック4042はF-16CG・DG「ナイトファルコン」とも呼ばれる
ブロック50D・52D(別名F-16CJ・DJ)型は敵防空網制圧専用機体で、AGM-88とAN/ASQ-213HARM目標指示装置HTS)を搭載ワイルドウィーゼル部隊配備されている。

元々はF-15投入する必要の無い低脅威下での任務担当し、F-15の不足を補うはずだったが、高出力エンジンコンパクトな機体もたらす優れた機動性最新アビオニクス組み合わさったことで、非常に高性能戦闘機へと生まれ変わった
現在では様々な任務をこなせる使い勝手良いマルチロールファイター代表格としてその地位固めており、110種類上のバージョンに及ぶ4,000機以上が19カ国で使用されている。
また、日本航空自衛隊使用するF-2支援戦闘機ベースにもなっている。

運用国

スペックデータ(F-16C)

乗員1名(A/C型)
2名(B/D型)
全長15.03m
全高5.01m
全幅9.45m/10.00m(主翼AAM含む)
主翼面積27.9
空虚重量6,607kg
離陸重量
標準戦闘/最大
10,335kg/14,986kg
最大兵装搭載5,443kg
エンジンP&W製F100-PW-100ターボファン推力65.26kN/106.0kN(A/B使用))×1基
最大速度M1.95
フェリー航続距離2,170nm
戦闘行動半径500nm(制空ミッション時)/295nm(Mk.82×6搭載時)
固定武装M61A1 20mmバルカン砲×1門
兵装主翼先端部及び主翼下に各種兵装を搭載可能。
空対空ミサイル
AIM-9サイドワインダー」,AIM-7スパロー」,AIM-120AMRAAM」,パイソン4,IRIS-T

対地ミサイル
AGM-65マーベリック」(C・D型),AGM-142「ハヴ・ライト」


対レーダーミサイル
AGM-45,AGM-88HARM」(C・D型)

対艦ミサイル
AGM-119ペンギン」,AGM-88ハープーン

爆弾・ロケット弾
Mk.82/.84,Mk.82「スネークアイ無誘導爆弾,CBU-52/-58/-71クラスター爆弾C・D型),
CBU-87/-89「ゲイタークラスター爆弾,CBU-97 SFW クラスター爆弾,
GBU-10/-12B「ペイヴウェイIIレーザー誘導爆弾C・D型),
GBU-24A「ペイヴウェイIIIレーザー誘導爆弾C・D型),JDAM,B61戦術核爆弾,
70mm「ズーニー」ロケット弾ポッド

増槽など:
AAQ-13/-14 LANTIRNC・D型),AN/ALQ-131ECMポッド,ALQ-184ECMポッドC・D型),
AN/ALE-50 曳航式デコイシステム,増槽

バリエーション


F‐16

分子式C16H20N2
その他の名称:1-Methyl-4-[2-(1H-indole-3-yl)ethenyl]piperidine、F-16
体系名:1-メチル-4-[2-(1H-インドール-3-イル)エテニル]ピペリジン


F-16 (戦闘機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/26 03:54 UTC 版)

(F-16 から転送)

F-16 ファイティング・ファルコン




[ヘルプ]
  1. ^ 後のユーロファイター タイフーンとは全く関係がない
  2. ^ 航空機における運動、つまり、姿勢変化は静安定性に抗した力を加えることであるので、静安定性を0に近づける程、姿勢変化のための力が小さくなる、つまり、運動性が高まることになる
  3. ^ 飛行機は本来、主翼後縁には内側にフラップ、外側にエルロンの2つの操縦翼面が取付られているが、それを1つの操縦翼面とし、フラップとエルロンの両方の役目を持たせたもの
  4. ^ 本来は、低速飛行や離着陸時での高揚装置(より多くの揚力を発生させる)として使用されていたものだが、本機は機動性向上のために使用されている
  5. ^ 現在はステルス性向上のためにカバーで覆われている
  6. ^ ノースロップ・グラマン社製。FLIRとレーザー目標指示装置を一体化したものでF-16E/Fの風防前方に装備されている。参考文献:月刊JWings 2008年5月号
  7. ^ 以下の点から、F-16N/TF-16Nを除いたBlock 1からBlock 4Xまで、出荷段階ではALR-69を装備していると判断した。1.『F-16 ファイティングファルコン 最先端テクノロジー機のすべて 』の110ページに記載された、量産前のアビオニクス整備システム開発で名称があげられている。2.『戦闘機年鑑 2005-2006年度版』35ページで、F-16N/TF-16Nは従来搭載されていたALR-69を装備していない、Block 4Xは後日Block 5Xと同様のALR-56Mに交換されたと記述されていた
  1. ^ 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 54頁
  2. ^ 『JWings』No166 イカロス出版 2012年 84頁
  3. ^ 航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、140頁
  4. ^ a b #ガンストンF16、12頁
  5. ^ #ガンストンF16、4頁
  6. ^ 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、44頁
  7. ^ a b 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、130頁
  8. ^ ベン・リッチ『ステルス戦闘機—スカンク・ワークスの秘密』増田興司訳 講談社 1997年、407頁。ISBN 4-06-208544-5
  9. ^ a b 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、45頁
  10. ^ a b 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、131頁
  11. ^ a b 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、50頁
  12. ^ ベン・リッチ『ステルス戦闘機—スカンク・ワークスの秘密』増田興司訳 講談社 1997年、388 - 389頁。ISBN 4-06-208544-5
  13. ^ 『エアワールド』Vol.13 6号、エアワールド社、1989年、69頁
  14. ^ ジェイ・ミラー『最強戦闘機F-22ラプター』石川潤一訳 P27
  15. ^ #ガンストンF16、14-17頁
  16. ^ #ガンストンF16、70-71頁
  17. ^ #ガンストンF16、73頁
  18. ^ #ガンストンF16、45頁
  19. ^ #ガンストンF18、28頁
  20. ^ a b #オア・ケリーF18、73頁
  21. ^ #ガンストンF18、30頁
  22. ^ #ガンストンF16、18頁
  23. ^ #ガンストンF16、68-69頁
  24. ^ #ガンストンF16、20-22頁
  25. ^ #ガンストンF16、86-88頁
  26. ^ #ガンストンF16、83-84頁
  27. ^ #ガンストンF16、88-92頁
  28. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、139頁
  29. ^ 最強 世界の軍用機図鑑 2013年 学研パブリッシング 59頁
  30. ^ #ガンストンF16、140頁
  31. ^ #ガンストンF16、141頁
  32. ^ #ガンストンF16、143頁
  33. ^ #ガンストンF16、146 - 153頁
  34. ^ 『エアワールド』Vol.14 12号、エアワールド社、1990年、68頁
  35. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、136-139頁
  36. ^ #ガンストンF16、123頁
  37. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、51頁
  38. ^ トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、ISBN 4-10-247206-1、204頁
  39. ^ 世界の傑作機 No.86 F-4ファントムII 米空軍型 65頁
  40. ^ 『航空ファン』Vol38、No5、文林堂、1989年、77頁
  41. ^ Fix found for F-16 longeron cracks
  42. ^ 米空軍、F16D『ファティング・ファルコン』82機を飛行停止。操縦席の構造部材で亀裂発見。
  43. ^ アメリカ空軍、F-16D 82機の飛行を停止 クラックを発見
  44. ^ Locations | Lockheed Martin Aeronautics Company[リンク切れ]
  45. ^ a b トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、ISBN 4-10-247206-1、220頁
  46. ^ 『航空ファン』527号、文林堂、1996年、52頁
  47. ^ 軍事研究』No510 ジャパン・ミリタリー・レビュー 2008年、122 - 124頁。ISBN 4-562-03298-7
  48. ^ トム・クランシー・チャック・ホーナー『暁の出撃(下)』白幡憲之 原書房 2000年、106 - 113頁。ISBN 4-562-03299-5
  49. ^ Cooper, Tom and Juan Sosa. Coup Attempt, 1992”. Air Combat Information Group (ACIG), 1 September 2003. Retrieved: 16 May 2008.
  50. ^ #イカロスF16、66頁
  51. ^ a b 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、27頁
  52. ^ Anon. "F-16 Aircraft Database: F-16 Airframe Details for 86-0262". F-16.net. Retrieved: 16 May 2008.
  53. ^ Anon. “Greek & Turkish Air-to-Air Victories”. Air Combat Information Group (ACIG), 28 October 2003; updated 18 September 2004. Retrieved: 16 May 2008.
  54. ^ Dewitte, Lieven. “Deadly 1996 Aegean clash is confirmed”. F-16.net, 22 May 2003. Retrieved: 16 May 2008.
  55. ^ a b 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、29頁
  56. ^ 『航空ファン』606号、文林堂、2003年、58頁
  57. ^ “Greek F-16 and Turkish F-16 collide - 1 pilot OK”. F-16.net, 23 May 2006. Retrieved: 16 May 2008.
  58. ^ AFP (2006年11月27日). “米軍F16戦闘機、バクダッド北西で墜落 - イラク”. フランス通信社. http://web.archive.org/web/20130605123101/http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2146241/1126640 
  59. ^ AFP (2006年9月1日). “アフガニスタンでのオランダ軍機墜落、軍幹部が会見 - オランダ”. フランス通信社. http://web.archive.org/web/20130605120708/http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2105804/841035 2011年3月2日閲覧。 
  60. ^ a b AFP (2009年9月14日). “「コロンビア」で死亡のイスラエル人宇宙飛行士の息子、戦闘機事故で死亡”. フランス通信社. http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2640945/4583471 2011年3月2日閲覧。 
  61. ^ バンコク時事 (2011年2月14日). “共同訓練でタイ空軍機墜落=日本参加の「コブラ・ゴールド」”. 時事通信社. http://www.jiji.com/jc/zc?k=201102/2011021400680 2011年3月2日閲覧。 [リンク切れ]
  62. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、135頁
  63. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、136頁
  64. ^ a b c 『航空ファン』527号、文林堂、1996年、62頁
  65. ^ a b c d #イカロスF16、36頁
  66. ^ a b 『戦闘機年鑑 2011-2012年度版』 イカロス出版 2011年、38頁。ISBN 978-4-86320-402-7
  67. ^ a b c d 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、150頁
  68. ^ 『航空ファン別冊 航空ファンILLUSTRATED』10号、1982年、文林堂、107頁
  69. ^ 『航空ファン』527号、文林堂、1996年、60頁
  70. ^ 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、47頁
  71. ^ :Air Defences Fighter
  72. ^ a b c モデルアート』No.409、モデルアート社、1993年、29頁
  73. ^ #ガンストンF16、230頁
  74. ^ モデルアート』No.409、モデルアート社、1993年、30頁
  75. ^ a b #イカロスF16、38頁
  76. ^ http://www.aerospaceweb.org/question/planes/q0286b.shtml
  77. ^ :Operational Capability Update
  78. ^ :Mid-Life Update
  79. ^ #イカロスF16、39頁
  80. ^ #イカロスF16、26頁
  81. ^ Taiwan F-16V passes design milestone
  82. ^ F-16V radar integration clears way for Taiwan upgrade
  83. ^ a b 『航空ファン』616号、文林堂、2004年、57頁
  84. ^ Alternative Fighter Engineの略
  85. ^ 『航空ファン』Vol.38 No.5、1989年、69頁
  86. ^ モデルアート』No.409、モデルアート社、1993年、28頁
  87. ^ トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、ISBN 4-10-247206-1、216頁
  88. ^ #イカロスF16、42頁
  89. ^ a b c 『航空ファン』614号、2004年、文林堂、63頁
  90. ^ a b #イカロスF16、40頁
  91. ^ 『航空ファン』653号、文林堂、2007年、61頁
  92. ^ #イカロスF16、77頁
  93. ^ 『航空ファン』568号、文林堂、2000年、90頁
  94. ^ 『エアワールド』Vol.15 2号、エアワールド社、1991年、80頁
  95. ^ Israel completes F-16 Barak upgrade
  96. ^ a b c d #イカロスF16、43頁
  97. ^ 『航空ファン』519号、文林堂、1996年、27頁
  98. ^ トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、ISBN 4-10-247206-1、1997年、210頁
  99. ^ 『航空ファン』527号、文林堂、1996年、55頁
  100. ^ a b c d 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、51頁
  101. ^ #イカロスF16、44頁
  102. ^ a b 『航空ファン』632号、文林堂、2005年、8月号、51頁
  103. ^ 『航空ファン』632号、文林堂、2005年、8月号、53頁
  104. ^ Northrop Grumman’s SABR wins USAF F-16 AESA upgrade bid
  105. ^ 『JWings』No171 イカロス出版 2012年 92頁
  106. ^ 『航空ファン』602号、文林堂、2003年、17頁
  107. ^ 『航空ファン』741号、2014年、文林堂、66-67頁
  108. ^ a b c #イカロスF16、46頁
  109. ^ #イカロスF16、17頁
  110. ^ UAE空軍、F-16 Block 61を30機採用か
  111. ^ 『航空ファン』713号、文林堂、2012年、124頁
  112. ^ F-16V仕様機が初飛行、第5世代戦闘機のアビオニクスを搭載
  113. ^ http://www.lockheedmartin.com/us/news/press-releases/2015/october/f-16v-takes-flight.html
  114. ^ F-16V仕様機が初飛行、第5世代戦闘機のアビオニクスを搭載
  115. ^ #ガンストンF18、33頁
  116. ^ a b #ガンストンF18、32頁
  117. ^ #ガンストンF18、34頁
  118. ^ a b #オア・ケリーF18、74頁
  119. ^ #オア・ケリーF18、85 - 87頁
  120. ^ #ガンストンF16、166頁
  121. ^ 『エアワールド』Vol.14 12号、エアワールド社、1990年、70頁
  122. ^ 『エアワールド』Vol.13 6号、エアワールド社、1989年、77-78頁
  123. ^ #ガンストンF16、206頁
  124. ^ 『エアワールド』Vol.15 2号、エアワールド社、1991年、77頁
  125. ^ 『エアワールド』Vol.14 12号、エアワールド社、1990年、71頁
  126. ^ 『エアワールド』Vol.15 2号、エアワールド社、1991年、70-71頁
  127. ^ a b #イカロスF16、83頁
  128. ^ 軍事研究別冊 新兵器最前線シリーズ8 空自F-2/F-1戦闘機と世界の戦闘攻撃機』 ジャパン・ミリタリー・レビュー 2008年 33頁
  129. ^ Graham Warwick (1991-12). “A Fighting Cahnce”. Flight International: 26. http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1991/1991%20-%203220.html 2013年8月21日閲覧。. 
  130. ^ Simon Elliott (1990-07). “After ATF...”. Flight International: 145. http://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1990/1990%20-%202655.html 2013年8月21日閲覧。. 
  131. ^ Fox, Mike C. Forrest, Dana K (1993年7月1日). “Supersonic aerodynamic characteristics of an advanced F-16 derivative aircraft configuration (July 1, 1993)”. NASA. 2013年8月20日閲覧。
  132. ^ #ガンストンF16、188頁
  133. ^ a b 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、58頁
  134. ^ a b c d e f 『航空ファン』666号、文林堂、2008年、63頁
  135. ^ 『航空ファン』666号、文林堂、2008年、9頁
  136. ^ 『航空ファン』666号、文林堂、2008年、15頁
  137. ^ #イカロスF16、88頁
  138. ^ 『JWings』No159 イカロス出版 2011年 61頁
  139. ^ #イカロスF16、93頁
  140. ^ #イカロスF16、90頁
  141. ^ #イカロスF16、88 - 89頁
  142. ^ a b 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、59頁
  143. ^ #イカロスF16、85頁
  144. ^ #イカロスF16、94頁
  145. ^ a b c 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 57頁
  146. ^ #イカロスF16、80 - 81頁
  147. ^ Italian F-16 'Peace Caesar' program comes to an end. F-16.net, 24 May 2012.
  148. ^ a b c d 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、56頁
  149. ^ #ガンストンF16、219-221頁
  150. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、55-56頁
  151. ^ #イカロスF16、79頁
  152. ^ ロジャー・クレイア 『イラク原子炉攻撃!』 高澤市郎訳、並木書房、2007年、ISBN 4-89063-215-8、112頁
  153. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、56-57頁
  154. ^ #イカロスF16、82頁
  155. ^ 『JWings』No141 イカロス出版 2010年 94頁
  156. ^ 米大統領、エジプトに対するF16戦闘機の供与凍結を決定 ロイター 2013年7月25日
  157. ^ 『航空ファン』744号、文林堂、2014年、126頁
  158. ^ 米、エジプトへの軍事支援再開 「イスラム国」への対抗優先
  159. ^ 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、48頁
  160. ^ 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 56頁
  161. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、61頁
  162. ^ 『JWings』No162 イカロス出版 2011年 85頁
  163. ^ インドネシア空軍、F-16C/Dアップグレード機を受領 FlyTeamニュース 2014年7月15日
  164. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、62-63頁
  165. ^ #イカロスF16、87頁
  166. ^ 米政府高官、台湾への新型F16戦闘機売却を「真剣に検討する」 ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版 2012年5月2日
  167. ^ F-16V仕様機が初飛行、第5世代戦闘機のアビオニクスを搭載
  168. ^ F-16A/B升級計畫 漢翔2022年完成
  169. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、57頁
  170. ^ #ガンストンF16、223-224頁
  171. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、57-58頁
  172. ^ 韓国空軍が主力戦闘機KF16を改良へ 英BAE社を選定
  173. ^ 韓国KF-16のアップグレード、BAEシステムズとの契約を解除
  174. ^ 韓国KF-16性能改良事業、ロッキードマーチン社に変更
  175. ^ 『JWings』No163 イカロス出版 2012年 92頁
  176. ^ a b 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 55頁
  177. ^ a b 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、61-62頁
  178. ^ トム・クランシー『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』平賀秀明 新潮社〈新潮文庫〉、1997年、ISBN 4-10-247206-1、369-371頁
  179. ^ a b c 『航空ファン』558号、文林堂、1999年、49頁
  180. ^ #イカロスF16、91 - 92頁
  181. ^ a b 『JWings』No192 イカロス出版 2014年 97頁
  182. ^ アメリカ政府、パキスタンへF-16C/D Block 52 8機の輸出を承認 FlyTeamニュース 2016年2月15日
  183. ^ 『航空ファン』618号、2004年、文林堂、30頁
  184. ^ 『JWings』No156 イカロス出版 2011年 92頁
  185. ^ a b c 『JWings』No114 イカロス出版 2008年 58頁
  186. ^ #イカロスF16、86頁
  187. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、60-61頁
  188. ^ 『エアワールド』Vol.333号、エアワールド社、2004年、63頁
  189. ^ 『JWings』No141 イカロス出版 2010年 62-64頁
  190. ^ #イカロスF16、94 - 95頁
  191. ^ 『JWings』No160 イカロス出版 2011年 88頁
  192. ^ 『航空ファン』668号、2008年、文林堂、125頁
  193. ^ 『JWings』No171 イカロス出版 2012年 94頁
  194. ^ a b c #ガンストンF18、3頁
  195. ^ 『丸メカニック』42号、潮書房、1983年、61頁
  196. ^ 『航空ファン』672号、文林堂、2008年、123-124頁
  197. ^ #ガンストンF16、218頁
  198. ^ ロジャー・クレイア 『イラク原子炉攻撃!』 高澤市郎訳、並木書房、2007年、ISBN 4-89063-215-8、112頁
  199. ^ 『JWings』No163 イカロス出版 2012年 93頁
  200. ^ フィリピン 米国製戦闘機の購入 断念 ロシアの声 2012年5月18日
  201. ^ 『戦闘機年鑑 2005-2006年度版』 イカロス出版 2005年、35頁。ISBN 4-87149-632-5
  202. ^ 『エアワールド』Vol.14 12号、エアワールド社、1990年、69頁
  203. ^ 『戦闘機年鑑 2005-2006年度版』 イカロス出版 2005年 37頁


「F-16 (戦闘機)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「F-16」に関係したコラム

  • FXやCFDの線形回帰スロープとは

    FXやCFDの線形回帰スロープとは、線形回帰の傾きを1本の線で表したテクニカル指標のことです。線形回帰スロープは、Linear Regression Slopeともいいます。線形回帰スロープの描く線は...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F-16」の関連用語

F-16のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AGM-88

BK27

あすか

可変後退翼

戦術空中発射デコイ

FLIR

M134

コンフォーマルタンク





F-16のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF-16 (戦闘機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS