F-04Eとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > F-04Eの意味・解説 

ARROWS V F-04E

モバイル端末のほかの用語一覧
スマートフォン:  AQUOS PHONE slider  Atrix  AQUOS PHONE si SH-01E  ARROWS V F-04E  ARROWS X F-02E  AQUOS PHONE EX SH-04E  AQUOS PHONE EX SH-02F

F-04E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/15 13:41 UTC 版)

docomo with series ARROWS V F-04E(ドコモ ウィズ シリーズ アローズ ブイ/ヴィ[2] エフゼロヨンイー)は、富士通によって開発された、NTTドコモ第3.9世代移動通信システムXi)と第3世代移動通信システムFOMA)のデュアルモード端末である。docomo with seriesのひとつ。




  1. ^ 対応プロファイル:HFP、HSP、DUN、OPP、SPP、HID、A2DP、AVRCP、PBAP、HDP、PASP、ANP、TIP、PXP、FMP
  2. ^ 「V」の読みは、富士通では「ブイ」、ドコモでは「ヴィ」。
  3. ^ 高性能でサクサク動く ほぼ全部入り「ARROWS V F-04E」を試す(前編) (1/2) - ITmedia Mobile
  4. ^ これまでもARROWS XとREGZA Phoneの間では棲み分けが図られていた(F-05DとT-01D:Xiと指紋センサー、F-10DとT-02D:おくだけ充電とNOTTV)。
  5. ^ 受信時:100Mbps/送信時:37.5Mbps
  6. ^ 受信時:14Mbps/送信時:5.7Mbps
  7. ^ 連続視聴時間:約310分
  8. ^ 連続視聴時間:約200分
  9. ^ 報道発表資料 : 2012冬モデルの2機種を発売-「docomo with series ARROWS V F-04E」「docomo NEXT series AQUOS PHONE ZETA SH-02E」- | お知らせ | NTTドコモ
  10. ^ ドコモからのお知らせ : Android(TM)4.1、Android(TM)4.2へのバージョンアップ予定製品について | お知らせ | NTTドコモ
  11. ^ a b c d e f g h ARROWS V F-04Eの製品アップデート情報 | お客様サポート | NTTドコモ
  12. ^ ARROWS V F-04Eの製品アップデート情報(2013年11月28日) | お客様サポート | NTTドコモ
  13. ^ ARROWS V F-04E Android 4.2.2 OSバージョンアップトップ - FMWORLD.NET(個人) : 富士通
  14. ^ OSバージョンアップ後、「本体設定」→「セキュリティ」→「左にスライドでカメラ起動」を有効にする必要がある。


「F-04E」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

F-04Eに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F-04E」の関連用語

1
18% |||||

2
18% |||||

3
16% |||||

4
16% |||||

5
16% |||||

6
16% |||||

7
16% |||||

8
16% |||||

9
16% |||||

10
16% |||||

F-04Eのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メトリクスカーニング

LaVie Light Luiモデル

ゲームギア

Windows Media Player 10

ノートン360

ノートン360

Xperia mini

HP Slate7





F-04Eのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリARROWS V F-04Eの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF-04E (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS