Edとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > Edの意味・解説 

ED

読み方イー・ディー
英文正式名Executive Director
日本名(略称):理事

理事会は、総務会から各機関運営に関する広範権限委任を受け、これを行使する具体執行機関IMF,世銀場合理事総数24名。 

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

エチルジクロロアルシン

分子式C2H5AsCl2
その他の名称:ED、TL-214、EthyldichloroarsineDickディック、Dichloroethylarsine、Ethylarsenic dichloride
体系名:ジクロロ(エチル)アルシンエチルひ素ジクロリド、エチルジクロロアルシン、ジクロロエチルアルシン


エチノジオール

分子式C20H28O2
その他の名称:エチノジオール、ED、Ethynodiol、Ethinodiol、(17R)-19-Norpregn-4-en-20-yne-3β,17-diol
体系名:(17R)-19-ノルプレグナ-4-エン-20-イン-3β,17-ジオール


一本鎖DNA結合タンパク質

「生物学用語辞典」の他の用語
酵素タンパク質モチーフなど:  移植抗原  胃リパーゼ  遺伝子抑制タンパク  一本鎖DNA結合タンパク質  運搬体タンパク  塩素イオンゲート  黄体ホルモン

Ed

名前 エド

ED

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/27 03:21 UTC 版)

ED

Ed


ed

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/18 08:17 UTC 版)

ed(イーディー)は、UNIXオペレーティングシステム上の標準的なテキストエディタである。オリジナルの作者はケン・トンプソンで、世界初の正規表現の実装のひとつでもある(それ以前には正規表現は数学の論文に出ていただけであった)。edはケン・トンプソンの出身校であるカリフォルニア大学バークレー校QEDから影響を受け、その後ex英語版およびそこから派生したviに影響を及ぼした。UNIXコマンドgrepsedはedのよく使われる使い方に影響されており(例えば使用例の置換コマンドはsedの使用法にそっくりである)、これらの影響はプログラミング言語AWKの中にもよく見て取れる。

概要

edはその簡潔さで有名で、結果を表示するということがほとんどない。例えば、edがエラー検出時やセーブせずに終了してよいか確認するときに生成するメッセージは単に"?"である。現在のファイル名や行番号は表示されず、要求されない限りテキストに変更を加えた結果すら表示しない。このような簡潔さは初期のUNIXにとっては適切であった。というのも、コンソールはテレタイプ端末だったし、モデムは低速で、ハードディスクメモリは高価だったからである。技術進歩によってこれらの制約がなくなるにつれて、より視覚的なエディタが標準となっていった。

最近ではedを対話的に使用することは滅多に無いが、シェルスクリプトで使われることはある。対話的使用に関しては、1980年代にsam、viEmacsに取って代わられた。edは事実上全てのバージョンのUNIXとLinuxに装備されており、様々なバージョンのUNIXで作業する人にとっては便利である。問題が発生したとき、edは使用可能な唯一のエディタである場合もある。そのような場合に限ってedは対話的に使用される。

edのコマンド群は他のラインエディタで模倣されている。例えば初期のMS-DOSEDLINは似たような文法を採用しているし、多くのMUD(LPMudなど)のテキストエディタもed風の文法を採用している。しかし、これらのエディタはedよりも一般に機能が限定されている。

2008年8月23日GNUプロジェクトの開発によるedがバージョン1.0を迎えた[1]

使用例

以下に ed を使用した例を示す。

a
ed is the standard Unix text editor.
This is line number two.
.
2i
  
.
1,$l
ed is the standard Unix text editor.$
$
This is line number two.$
3s/two/three/
1,$l
ed is the standard Unix text editor.$
$
This is line number three.$
w text
65
q

以上の結果として作成されるテキストファイルの内容は次の通りである。

ed is the standard Unix text editor.
  
This is line number three.

空ファイルの状態で開始し、a コマンド(ed のコマンドは全て1文字)でテキストの追加(append)を行う。これにより ed は入力状態(input mode)となり、その後の入力文字列をファイルに追加していき、1つのドットだけからなる行を入力することで終了となる。この例ではドットで入力を終了するまでに2行のテキストが入力された。2i コマンドも入力状態に移行するコマンドであり、2行目の前にテキストを挿入する(この例では空行を入力)。コマンドには数値を前につけることができ、操作するテキストの行番号を指定する。

1,$l の l はリスト(List)コマンドである。このコマンドは範囲指定が前に付けられており、二つの行番号をカンマで区切って指定する($ は最終行を意味する)。このコマンドを入力するとこれまでの入力内容が全て表示される。各行はドルマークで終わっており、各行末に空白が存在しても即座にわかるようになっている。

3行目の間違いは、置換(substitution)コマンド 3s/two/three/ で訂正できる。ここで 3 は訂正する行を示し、コマンドの後には置換元の文字列と置換先の文字列を指定する。再度全体を表示するために 1,$l を使用すると、内容が修正されている。

w text はバッファの内容を "text" というファイルに書き込み、書き込んだ文字数を示す 65 という表示を出力する。q は ed の使用を終了する。

ビル・ジョイと vi と ed

エディタ戦争において、Emacs信奉者は「ビル・ジョイすら、もうviを使っていない」と言った。1984年のインタビュー[2]において、ビル・ジョイはこのことについて説明している。そこで彼はサン・マイクロシステムズ内では初期のDTPソフトInterleafを使い、サン以外の場所を訪れたときには古いedを使っていたと述べている。viはほとんどどこにでもあったが、それら(独自に修正が加えられた)ローカルバージョンのviは彼にとって期待通りに動くと信頼できなかったのである。一方でedは修正が加えられたことがないので思った通り動作することが期待できた。そこで彼は(しぶしぶながら)viを使わずにedを使ったというわけである。

脚注・出典

  1. ^ 15年の熟成を経て「GNU ed」がv1.0に” (2008年8月23日). 2008年8月25日閲覧。
  2. ^ Interview with Bill Joy” (1984年8月). 2013年3月22日閲覧。

参考文献

関連項目

外部リンク






Edと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「Ed」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4でラインを引いて分析するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)でラインを引いて分析する方法を紹介します。MT4でラインを引くには、画面上部のラインアイコンを用います。「|」は垂線、...

  • FXのローソク足のパターンの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のローソク足にはさまざまなパターンがあります。ローソク足の長さや上ヒゲ、下ヒゲ、陰線、陽線などはその時の相場の動きを暗示したもので、そのパターンから今後の相場を読み取ることも...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Ed」の関連用語

Edのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

自然金

イエロー・カリフォルニア

地方自治法施行60周年記念 福井県分 1,000円銀貨幣

大腿骨

KTM 690 SUPERMOTO

小金沢水源の森

モミジガサ

宇佐美洵





Edのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのED (改訂履歴)、ed (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS