ES細胞とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ES細胞の意味・解説 

ES細胞(いーえすさいぼう)

生体の組織器官になる前の未熟細胞

生体構成するすべての組織分化する能力をもった細胞のこと。受精卵分裂繰り返しある程度細胞の塊になった頃に、その一部取り出し培養する。胚性幹細胞または万能細胞ともいう。

生物は、1個の受精卵から発生し、無数の細胞分裂繰り返すことによって、骨、筋肉血管神経などの組織作り出す。このとき、組織になる前の細胞は、一種未熟な状態であるが、あらゆる組織分化する能力をもっている。

このうち、ES細胞は、別の胚に混ぜて培養すると、生体の組織器官人為的作り出すことを可能にする。技術的問題さえ解決できれば再生医療として、ES細胞から必要な臓器作り出し臓器移植利用することも考えられている。

1998年11月アメリカトムソン博士は、ヒトのES細胞の培養世界ではじめ成功した。しかし、ヒトのES細胞からクローン人間づくりに転用される倫理的問題もある。日本では、ES細胞の倫理的問題議論する「ヒト研究小委員会」を設置し、行き過ぎ研究歯止めをかけるガイドライン作成している。

(2002.03.29更新


ES細胞

【英】: Embryonic Stem Cell, ES Cell
胚性幹細胞(Embryo-nic Stem Cell)のこと。

胚盤期という発生初期妊娠が始まったころ)の胚の一部で、受精してすぐの状態と同じ細胞生殖細胞を含む、あらゆる種類細胞分化する能力があり、遺伝子組換えの分野でも使用できるため、万能細胞ともいわれる

現在では、実験用動物生産遺伝子解析研究人工的臓器細胞作る研究などに活用されている。最近では、ES細胞のみからマウスが作られたとの報告もある。ES細胞は、クローン動物作成使用できる可能性があることや、胚の一部利用していることから、取扱いに関する倫理的問題も生じている。

細胞

遺伝子組換え

遺伝子

クローン


胚性幹細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/31 07:59 UTC 版)

(ES細胞 から転送)

胚性幹細胞(はいせいかんさいぼう、: embryonic stem cells)とは、動物発生初期段階である胚盤胞期の胚の一部に属する内部細胞塊より作られる幹細胞細胞株のこと。英語の頭文字を取り、ES細胞(イーエスさいぼう、ES cells)と呼ばれる。




[ヘルプ]
  1. ^ Andrews P, Matin M, Bahrami A, Damjanov I, Gokhale P, Draper J (2005). “Embryonic stem (ES) cells and embryonal carcinoma (EC) cells: opposite sides of the same coin”. Biochem. Soc. Trans. 33 (Pt 6): 1526–30. doi:10.1042/BST20051526. PMID 16246161. http://cdn.intechopen.com/pdfs/15456/InTech-Embryonic_and_cancer_stem_cells_two_views_of_the_same_landscape.pdf. 
  2. ^ Martin GR (1980). “Teratocarcinomas and mammalian embryogenesis”. Science 209 (4458): 768–76. doi:10.1126/science.6250214. PMID 6250214. 
  3. ^ Evans M, Kaufman M (1981). “Establishment in culture of pluripotent cells from mouse embryos”. Nature 292 (5819): 154–6. doi:10.1038/292154a0. PMID 7242681. 
  4. ^ Martin G (1981). “Isolation of a pluripotent cell line from early mouse embryos cultured in medium conditioned by teratocarcinoma stem cells”. Proc Natl Acad Sci USA 78 (12): 7634–8. doi:10.1073/pnas.78.12.7634. PMC 349323. PMID 6950406. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=349323. 
  5. ^ Thomson J, Itskovitz-Eldor J, Shapiro S, Waknitz M, Swiergiel J, Marshall V, Jones J (1998). “Embryonic stem cell lines derived from human blastocysts”. Science 282 (5391): 1145–7. doi:10.1126/science.282.5391.1145. PMID 9804556. 
  6. ^ 2004年12月、シカゴ生殖遺伝学研究所のユーリー・バーリンスキーらのグループが胚盤胞 (blastocyst) 以前の受精卵である桑実胚(morula)の段階からES細胞を樹立することに世界で初めて成功している。Strelchenko N, Verlinsky O, Kukharenko V, Verlinsky Y. (2004). “Morula-derived human embryonic stem cells.”. Reprod Biomed Online. 9: 623-629. 
  7. ^ Chung Y, Klimanskaya I, Becker S, Marh J, Lu SJ, Johnson J, Meisner L, Lanza R. (2006). “Embryonic and extraembryonic stem cell lines derived from single mouse blastomeres.”. Nature 439: 216-219. 
  8. ^ Klimanskaya I, Chung Y, Becker S, Lu SJ, Lanza R. (2006). “Human embryonic stem cell lines derived from single blastomeres.”. Nature 444: 481-485. 
  9. ^ Chung Y, Klimanskaya I, Becker S, Li T, Maserati M, Lu SJ, Zdravkovic T, Ilic D, Genbacev O, Fisher S, Krtolica A, Lanza R. (2008). “Human embryonic stem cell lines generated without embryo destruction.”. Cell Stem Cell 2: 113-117. 
  10. ^ Zhang X, Stojkovic P, Przyborski S, Cooke M, Armstrong L, Lako M, Stojkovic M. (2006). “Derivation of human embryonic stem cells from developing and arrested embryos.”. Stem Cells 24: 2669-2676. 
  11. ^ Tada M, Takahama Y, Abe K, Nakatsuji N, Tada T. (2001). “Nuclear reprogramming of somatic cells by in vitro hybridization with ES cells.”. Curr Biol. 11: 1553-1558. 
  12. ^ Cowan CA, Atienza J, Melton DA, Eggan K. (2005). “Nuclear reprogramming of somatic cells after fusion with human embryonic stem cells.”. Science 309: 1369-1373. 
  13. ^ “米ジェロン、ES細胞由来の治療薬の臨床試験を打ち切り”. フランス通信社. (2011年11月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/2840970?pid=8090263 2014年2月20日閲覧。 
  14. ^ Takahashi K, Yamanaka S. (2006). “Induction of pluripotent stem cells from mouse embryonic and adult fibroblast cultures by defined factors.”. Cell 126: 663-676. 
  15. ^ Takahashi K, Tanabe K, Ohnuki M, Narita M, Ichisaka T, Tomoda K, Yamanaka S. (2007). “Induction of Pluripotent Stem Cells from Adult Human Fibroblasts by Defined Factors.”. Cell 131: 861-872.  . 
  16. ^ a b ヒトの皮膚から万能細胞、再生医療に画期的成果 京大チームが成功”. 産経新聞. 2007年11月21日閲覧。
  17. ^ Yu J, Vodyanik MA, Smuga-Otto K, Antosiewicz-Bourget J, Frane JL, Tian S, Nie J, Jonsdottir GA, Ruotti V, Stewart R, Slukvin II, Thomson JA. (2007). “Induced Pluripotent Stem Cell Lines Derived from Human Somatic Cells”. Science 318: 1917-1920.  . 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ES細胞に関連した本

ES細胞に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ES細胞」の関連用語

ES細胞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ES細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの胚性幹細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS