Dr.スランプ_アラレちゃんとは?

Dr.スランプ アラレちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/22 20:59 UTC 版)

Dr.スランプ アラレちゃん』(ドクタースランプ アラレちゃん、Dr.SLUMPアラレちゃん[1])は、漫画『Dr.スランプ』を原作とするテレビアニメ作品。1981年4月8日から1986年2月19日まで、フジテレビ系列水曜日19:00 - 19:30に放送された。劇場化もされた。テレビアニメ歴代視聴率第3位の視聴率を記録し(#人気と高視聴率を参照)、エンディングテーマ『アラレちゃん音頭』は、全国の盆踊り大会で使われ大ヒットした。アニメ終了後にも劇場版・スペシャルが制作され、放送・公開されている。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「チーフディレクター」表記
  2. ^ 「チーフ作画監督」表記
  3. ^ 243話 + スペシャル5話+総集編+短編3話
  4. ^ 124話までは山吹みどり
  5. ^ 133話・137話・163話・164話・166話・167話・169話
  6. ^ 一般的な企業で例えれば、部長と取締役の間くらいの位置付けとなる上級管理職にあたる。
  7. ^ このエピソードについては、後にフジテレビの番組『週刊フジテレビ批評』の番組中で日枝が語った事がある。
  8. ^ 一部の再放送では全話がこちらの構成になっている
  9. ^ 実際に2003年発売の「Dr.スランプアラレちゃん全曲集 Soundtrack」はこちらが使われた。
  10. ^ それ以前では1963年の『鉄腕アトム』が40%超えを達成している
  11. ^ 原作でもある話だが、原作はこどもの日とは関係ない。
  12. ^ スッパマンの声は、スッパマン役の玄田哲章ではなく、戸谷公次が担当している。
  13. ^ ただし「愛は未来でたしかめて」の次回予告での締めの言葉はアラレが「絶対見てちょ! バーイチャ!」で締めている。
  14. ^ テロップでは則巻センベエと表記されており、則巻センベイと誤表記している回もある。
  15. ^ 登場しているのもかかわらず、第8話のみノンクレジット。
  16. ^ 124話までは、山吹みどり。それに伴いテロップ表記も変更されており、124話までは山吹先生と表記。同話で千兵衛と結婚後、125話から149話まではみどり先生と表記。150話からはみどりと表記。
  17. ^ 127話 - 129話ではキャラメルマン4号と表記。名前が決まった130話からオボッチャマンと表記。
  18. ^ 240話では、田中秀行と誤表記。
  19. ^ 雨森雅司が死去したため、交代。
  20. ^ 以前、TVスペシャル「ペンギン村英雄伝説」でも担当した。
  21. ^ 古川は空豆タロウの声ではなく、ナレーターと太陽の声で出演。
  22. ^ 則巻みどり、木緑あかね、空豆ピースケ、空豆タロウは冒頭部分に台詞無しで登場。
  23. ^ フジテレビの土屋登喜蔵はテロップでは、プロデューサーとして表示とされており、企画としてはノンクレジットだが、東映アニメーションの作品情報、フジテレビの番組情報などでは、企画として、七條敬三と一緒に掲載されている。総集編では表記されている。
  24. ^ 連載終了後の198話から239話は、集英社 「週刊少年ジャンプ」と表記。
  25. ^ キャラクターデザインはノンクレジット。
  26. ^ 『保存版 ロードショー特別編集 Dr.スランプ アラレちゃん』ではチーフデザイナーではなく、美術監督となっている(「チーフデザイナー」と「美術監督」は同じ意味で、別の言い方である)。
  27. ^ 1話 - 24話、240話 - 243話はノンクレジット。
  28. ^ 青二プロと省略して表記することが多いが青二プロダクションと正式で名表記することもある。
  29. ^ 46話で演出デビュー、その後は演出も兼ねる
  30. ^ ノンクレジット。
  31. ^ 放送開始から1985年3月20日放送分までノンクレジット。
  32. ^ レギュラー放送中は、旧ロゴだったが、放送終了直後の1986年4月のロゴ変更に合わせ、1992年1月1日水曜日放送の総集編「んちゃ!! つおーいアラレとお友達」は、1986年4月以降のロゴに変更されている。
  33. ^ 歌詞にある「ぶたさんホーホケキョ」の部分は、初期バージョン(1話から50話)では水森が「ぶたさん?」と問いかけて、ぶたさん(佐藤正治)の色々なセリフが挿入される形式だったが、51話以降は水森が「ぶたさん?ホーホケキョ」を言う形式に変えられている(歌詞テロップは一貫して「????」)。放送開始から1年目の過ぎた51話から全て映像を変えていて、前より多くのキャラクターが登場する。
  34. ^ ブタのセリフは1 話 - 6話、14話 - 16話、18話 - 50話、240話 - 243話が「あっえっとえっと〜」で、7話 が「コケッコッコー」、8話、11話、劇場版第1作が「みんなげんきー?」、9話、12話、13話が「ムエーホー」、10話、17話が「ホケキョー」。
  35. ^ 第128話「正義と愛の板ばさみ」から効果音が追加される。
  36. ^ 映像は本篇に合わせ、ガッちゃんが2人になり、ターボ、オボッチャマンも登場している。
  37. ^ 映像は初期(1話-50話)のものに変更。
  38. ^ 映像は51話-197話ものに変更。
  39. ^ 原作漫画の扉絵や、コミックスの表紙イラストをセル画に描き起こしたものも使用した。
  40. ^ a b c d e 16話-24話までの時は、ノンクレジットだったが、62話以降は、振り付けが表記されるようになる。
  41. ^ 映像は千兵衛が太鼓をたたき、アラレ・あかね・タロウ・ピースケ・みどり・ぞう・ねずみ・ガッちゃんと順に踊るというもので盆踊りをイメージしたものとなっている。
  42. ^ オープニングと同じで51話から全て映像を変えていて、前より多くのキャラクターが登場している。
  43. ^ 映像は背景を変更した程度のチェンジ。
  44. ^ 最初の映像は、アラレ・オボッチャマン・ガッちゃんだけが登場する映像だったが、151話から、ターボ、みどり、センベエが登場する。
  45. ^ 映像にターボ、オボッチャマン(キャラメルマン4号)も登場している。
  46. ^ 映像は背景は 初期のものに戻り、ターボ、摘突詰、摘鶴燐、オボッチャマン(キャラメルマン4号)も登場し、一緒に踊っている。
  47. ^ オープニングと同じく映像は初期のものに変更。
  48. ^ 映像は、劇中の映像を使用
  49. ^ a b タイトルコールでは分けていないが、エンディングテロップでは、I・IIと分けている。
  50. ^ 特別番組「夏休み人気アニメ祭り アラレちゃん一家総登場!! 1000年女王の正体は!?。」内で放送
  51. ^ a b オープニングやエンディングが別々になっており、「ペンギン村SOS!!」と「ハートで勝負!/なんでもOKオーチャくん」は別になっている。
  52. ^ 土曜日放送。
  53. ^ 関西テレビはこの日、阪神が勝てば21年ぶりのリーグ優勝が決定するヤクルトVS阪神戦(神宮球場)を放送したため、この話のみ後日放送。
  54. ^ 第1作目のみ、1981年冬に東映セントラルフィルム系で劇場版『宇宙戦士バルディオス』の同時上映作品として再映された。
  55. ^ 現在は、テレビ朝日系列
  56. ^ 1982年3月まではフジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列のトリプルネット。
  57. ^ 1983年9月までTBS系列とのクロスネット。
  58. ^ 1983年10月から同時ネット。同時ネット直前までは『ぴったし カン・カン』(TBS、時差ネット)を放送。
  59. ^ 1983年9月までテレビ朝日系列とのクロスネット。
  60. ^ 1982年9月まではフジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列のトリプルネット。
  61. ^ 7:00 - 7:30は再放送。
  62. ^ 2017年4月7日より開始。ただし、7日は前番組の『らんま1/2』の最終回のため、枠後半の6:43 - 7:10、18:43 - 19:10で放送。
  63. ^ 2017年2月4日より開始。5月より2話連続
  64. ^ 2017年2月4日から3月19日までは、15:20 - 15:48 ・3:20 - 3:48、3月26日から4月30日までは、15:29 - 16:00・3:29 - 4:00 。
  65. ^ 12月26日から1月3日までは9:00 - 12:00と21:00 - 0:00で年末年始一挙放送。1月4日から3月28日までは、平日12:00 - 13:17、23:55 - 1:17枠で、3話連続放送。
  66. ^ 平日は、2話連続放送。
  67. ^ 枠埋めのため、通常の枠以外でも放送することもある。
  68. ^ 夏休み・冬休みの放送されていたアニメ番組の再放送枠子供アニメ大会
  69. ^ テレビ大阪での再放送より。
  70. ^ このストーリーはドラゴンボール「追ってきてペンギン村!」が元である。しかしブルー将軍など敵は登場しない。
  71. ^ 現在の江田島市絵の島。
  72. ^ 6月17日は休園。

出典

  1. ^ なつかしアニメch|4月ラインナップ&放送情報 abema.tv
  2. ^ 大下英治 『仮面ライダーから牙狼へ 渡邊亮徳・日本のキャラクタービジネスを築き上げた男竹書房2014年、262頁。ISBN 978-4-8124-8997-0
  3. ^ 大下英治『日本ヒーローは世界を制す』 角川書店、1995年、238頁。
  4. ^ VS嵐』2011年7月28日放送。
  5. ^ a b WEBアニメスタイル アニメ様365日[小黒祐一郎] 第69回 『Dr.スランプ アラレちゃん』(TV版)
  6. ^ アニメ高世帯視聴率番組 - 1977年9月26日以降に放送された番組【関東地区】」 ビデオリサーチ。
  7. ^ ビデオリサーチ関西地区調べ。
  8. ^ a b 「ずっこけアラレちゃん まじめアトムKO TVアニメホヨヨー人気の秘密」『中日新聞』1981年12月4日付夕刊。
  9. ^ 作品年表スランプヒストリー - ドクタースランプDVD-BOX SLUMP THE BOX MOVIES」 東映アニメーション。
  10. ^ 『オリコン年鑑 1982年版』、67頁。
  11. ^ a b c d e f g h 『オリコン年鑑 1983年版』、65頁。
  12. ^ a b 『オリコン年鑑 1986年版』、392頁。
  13. ^ 森暢平「北朝鮮でも「んちゃ」」『毎日新聞』1997年10月25日付夕刊。
  14. ^ 2014/12/19 放送 爆笑ネタ三連発! - 探偵!ナイトスクープ 過去の依頼検索」朝日放送。
  15. ^ テレビ東京『世界!ニッポン行きたい人応援団』2017年2月16日放送。
  16. ^ ただし、「朝のポエム」の直接のスポンサーは花王
  17. ^ 『脳内エステ IQサプリ』2006年12月30日放送。
  18. ^ 【三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY】ららぽーとTOKYO-BAYは2016年4月で35周年を迎えます。」 三井不動産商業マネジメント株式会社、2016年4月4日。
  19. ^ a b Dr. Slumpアラレちゃん × ららぽーと船橋 」 ららぽーとTOKYO-BAY。
  20. ^ 表参道店ではコラボカフェも。Dr.スランプ アラレちゃん × TOWER RECORDS CAFE 開催決定!」 タワーレコード、2016年5月24日。
  21. ^ 立川ロフト 2014年9月26日15:50のツイートより - Twitter
  22. ^ 東急ハンズ池袋店 2014年9月19日17時43分のツイートより 
  23. ^ ヤマシロヤ 2014年10月1日21時22分のツイートより
  24. ^ ドラゴンボールの一番くじ 原作連載開始30周年記念で10月中旬より展開
  25. ^ LINE公式アカウント 2015年3月19日14:07 のツイートより
  26. ^ Dr.スランプ アラレちゃん - 公式スタンプ
  27. ^ Dr.スランプ アラレちゃんスイング 全5種セット 4月予約 バンダイ ガチャポン
  28. ^ キーンと登場!「Dr.スランプ アラレちゃん」マスコット、うんちくんも 2015/04/13‐マイナビニュース
  29. ^ んちゃ!galaxxxyからついに80年代最強アニメ作品「Dr.スランプ アラレちゃん」とのコラボアイテム発売 2015/06/13
  30. ^ グリー『釣り★スタ』『海賊王国コロンブス』、GREEアバターが「Dr.スランプアラレちゃん」と初コラボ! コラボ竿やコラボカード、アバター衣装など展開
  31. ^ a b c d ハスラー CMコンセプト・裏話”. スズキ. 2009年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  32. ^ ハスラーコラボ アラレちゃんクリアファイルプレゼント」 スズキアリーナ大久保、2014年9月13日。
  33. ^ a b アラレちゃん★どぉぉおん!!!」 スズキ自販茨城、2014年11月20日。
  34. ^ ももクロ、『Dr.スランプ』アラレちゃんに! 新CMやメイキング動画が公開中」 RBB Today、2015年5月13日。
  35. ^ 全国3カ所の遊園地でももいろクローバーZがライブを開催! 「遊べる軽」スズキハスラーが特別協賛し、 Dr.スランプアラレちゃんともコラボレーション!」 産経新聞、2015年5月14日。
  36. ^ ハスラー×アラレちゃん(^^)/んちゃ」 スズキ自販東海、2015年5月17日。
  37. ^ GU16年秋冬新CMで中条あやみがアラレちゃんに!オシャレな“コナレちゃん”に変身」ファッションプレス、2016年8月30日。
  38. ^ 『毎日新聞』1981年12月6日。
  39. ^ 『朝日新聞』1981年12月25日。
  40. ^ 15話Aパート「おつかいアラレちゃん」
  41. ^ 142話「合体しちった!」
  42. ^ 第32話「アラレのララバイ・ドリーム」
  43. ^ 第74話「ペンギン村ウォーズパートII」
  44. ^ SLUMP THE BOX ブックレッド ALL CAST INDEX
  45. ^ 「うほほーい!アラレ雲にのる」
  46. ^ 「対決!アラレVSブルー」
  47. ^ a b c d e 毎日新聞・縮刷版。
  48. ^ 「全国放映リスト」『アニメージュ』1985年3月号 徳間書店、1985年、126 - 127頁。
  49. ^ a b c アニメージュ』1995年9月号(徳間書店)全国放送局別放映リスト(204頁)
  50. ^ アニメージュ』1995年9月号(徳間書店)全国放送局別放映リスト(205頁)
  51. ^ しょこたんとアンガールズ、アラレちゃんのCMに登場」 J-CAST、2006年11月13日。
  52. ^ 「ペンギン村SOS!!」、「ハートで勝負!」、「なんでもOKオーチャくん」、「ペンギン村英雄伝説 」
  53. ^ Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX んちゃ編」 オリコン。
  54. ^ 「祝!!結婚 あかねと突詰」、「んちゃ!! つおーいアラレとお友達」
  55. ^ Dr.スランプ アラレちゃん DVD-BOX SLUMP THE BOX ほよよ編」 オリコン。
  56. ^ Dr.スランプ 劇場版DVD-BOX SLUMP THE BOX MOVIES【完全予約限定生産】」 オリコン。
  57. ^ 『オリコン年鑑 1982年版』、67頁。
  58. ^ 劇場版「Dr.スランプ アラレちゃん ほよよ!!助けたサメに連れられて…」エンディングテーマ
  59. ^ 35周年を記念し、本作とリメイク『ドクタースランプ』の主題歌・挿入歌を収録したベストアルバム。「んちゃ!「Dr.スランプ アラレちゃん」放送35周年記念ベスト」 音楽ナタリー、2016年5月10日。
  60. ^ 小山高生『Dr.スランプアラレちゃん』集英社〈JUMP j BOOKS〉、1994年。ISBN 4087030210
  61. ^ コンセプト『コラージュ』篇”. スズキ. 2015年5月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  62. ^ TVCM - HUSTLER」 スズキ。
  63. ^ TVCM - HUSTLER」 スズキ。
  64. ^ 「アラレちゃんが来るぞ この夏絵の島 めちゃんこ大冒険開催」『中国新聞』1982年5月23日、21面。
  65. ^ 中国新聞 1982年7月12日 18ページ 「ゲンゴロウ島 誕生だゾーイ アラレちゃんテープカット」
  66. ^ a b c 新聞広告『中国新聞』1982年7月12日、6面。
  67. ^ 「アラレちゃん神社さい銭 恵まれぬ子らへと6万余円を寄付」『中国新聞』1982年8月24日、20面。







固有名詞の分類

ニンテンドーDS用ソフト ピクトチャット  パワプロクンポケット9  Dr.スランプ アラレちゃん  メタルサーガ 〜鋼の季節〜  絶体絶命でんぢゃらすじーさんDS〜でんじゃらすセンセーション〜
バンダイのゲームソフト 若林史江のDS株レッスン♪  出ましたっ!パワパフガールズZ  Dr.スランプ アラレちゃん  とらドラ・ポータブル!  ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤル
ミニスケープ ザ・コンビニ  らき☆すたの森  Dr.スランプ アラレちゃん  ブルーオアシス 〜魚の癒し空間〜  街ingメーカー
アニメ作品 と To Heart  ドラゴンズヘブン  Dr.スランプ アラレちゃん  ドナルドの夢の声  ドテラマン
1981年のテレビアニメ 愛の学校クオレ物語  ぼくらマンガ家 トキワ荘物語  Dr.スランプ アラレちゃん  最強ロボ ダイオージャ  めちゃっこドタコン

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Dr.スランプ_アラレちゃん」の関連用語

Dr.スランプ_アラレちゃんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ペルビサポート

足の関節

スカイ・リッキー

金沢清水

醍醐直幸

灰汁

第二しょうどしま丸

ジャンボ





Dr.スランプ_アラレちゃんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDr.スランプ アラレちゃん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS