DSRCとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > DSRCの意味・解説 

DSRC

フルスペル:Dedicated Short Range Communication
読み方ディーエスアールシー
別名:狭域通信

DSRCとは、無線通信方式一種で、高度道路交通システム(ITS)で採用されている、狭い範囲での双方向通信目的とした通信方式のことである。

DSRCの通信方式は5.8GHz帯を使用しており、数メートルから数十メートル範囲内電波信号双方向通信を行うことができる。高速道路自動料金収受システムETC)としては日本欧米でも実際に利用されており、その他にも、駐車場ドライブスルーのような各種サービス応用することが可能であるとされる

なお、DSRCによるETCシステムは、日本欧州米国各地域で互換性は保たれていない


参照リンク
ETC技術の概要と関連技術の活用に関する提案等(4) - 国土交通省

DSRC

Dedicated Short Range Communication
(専用)狭域通信
ETC商用車管理システム等の路車間通信に用いられる無線通信。光を用いる方式電波を用いる方式があり、通信可能な範囲一般に路側機から数m~数100mである。

DSRC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/16 13:47 UTC 版)

DSRC英語: Dedicated Short Range Communications)とは、車両との無線通信に特化して設計された5.8GHz帯のISMバンドを用いた一方向、または双方向の無線通信技術。専用狭域通信あるいは狭域通信と呼ばれる。


  1. ^ 参考文献:「driver 2011年08月号」八重洲出版
  2. ^ ETC2.0のサービス”. (一財)ITSサービス高度化機構. 2015年12月12日閲覧。


「DSRC」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DSRC」の関連用語

DSRCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レグザタブレットAT700

Kindle Fire HD

Magic Mouse

BlackBerry Curve 9300

家計簿ソフト

RJ-45

ARROWS M01

FlashAir





DSRCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDSRCの記事を利用しております。
国土交通省 道路局 ITS推進室国土交通省 道路局 ITS推進室
All Rights Reserved, Copyright © 2016 Ministry of Land, Infrastructure and Transport
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDSRC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS