DICOMとは?

DICOM

フルスペル:Digital Imaging and COmmunications in Medicine
読み方ダイコム

DICOMとは、医用画像保存通信に用いられている世界標準規格の名称である。

DICOMは、CTComputed Tomography)やMRIMagnetic Resonance Imaging)、内視鏡超音波などといった、診療で用いられる画像データを扱う際に用いられている。データにはヘッダー情報画像データ本体とが含まれており、ヘッダーには患者情報検査状況情報などが記述されている。

DICOMは1985年北米放射線学会(RSNA)と米国電機工業会(NEMA)によって制定された規格原型としている。1993年にDICOMと改称され、標準的規格として用いられるようになった日本でも1999年に旧厚生省によって標準規格として正式に認められている。


参照リンク
DICOMの世界 - (社団法人日本画医療システム工業会)

DICOM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/28 04:55 UTC 版)

DICOM(ダイコム)とは、Digital Imaging and COmmunication in Medicineの略で、米国放射線学会 (ACR) と北米電子機器工業会 (NEMA) が開発した、CTMRICRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらの画像を扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格のことである。


[ヘルプ]


「DICOM」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DICOM」の関連用語

DICOMのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レグザタブレットAT300

Xbox 360

TV BOX

P-05D

ドブ付きトンボ

GALAXY Tab 7.0 Plus

ELUGA V P-06D

ARROWS X F-02E





DICOMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDICOMの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDICOM (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS