CTPとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 印刷用語 > CTPの意味・解説 

CTP 【computer to plate】

印刷用版を作成する場合に、(フィルムを使うのではなくコンピュータによって分解されたデータを、イメージセッタなどを使って版に直接出力する方法
ダイレクト刷版とも呼ばれる

CTP

フルスペル:Computer To Plate
読み方シーティーピー
別名:ダイレクト刷版

CTPとは、DTPDeskTop Publishing)のシステム一種で、コンピュータ作成されたデータを「プレートセッター」と呼ばれる機器通して直接刷版出力する仕組みのことである。

従来印刷工程では、印刷するデータ専用フィルム焼付けてから刷版出力する工程を要したが、CTPではプレートセッターが直接出力することによってフィルム焼付け工程を省くことができる。このため高精度出力が可能となり、コスト削減できる。


CTP


シチジン三リン酸

同義/類義語:シチジン5'-三リン酸
英訳・(英)同義/類義語:CTP, CTP , cytidine 5'-triphosphate, cytidine 5'-triphosphate

ピリミジン塩基シトシンリボースがグリコシル結合してできたシチジンの5'OH基がリン酸エステル化した化合物で、RNAなどの前駆体物質として使われる。

CTP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/12/26 15:41 UTC 版)

CTP

  • コンピューター・トゥ・プレート(Computer to Plate)の略。従来、DTPがデータからフィルムもしくは印画紙を出力していたのに対し、直接刷版を出力する場合の印刷工程上の表現。これに対しフィルムから刷版を作成するのはFTP(Film To Plate)。
  • コーチ・トレーニング・プログラムの略。
  • Creative Teaching Press
  • Conflict Transformation Program
  • ヌクレオチドの一種、シチジン三リン酸 (Cytidine triphosphate) の略称。
  • コミュニティ・テクノロジ・プレビュー(Community Technology Preview)の略。新技術の公開を目的としたソフトウェアのバージョンで一般にベータ版の前段階。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

CTPに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「CTP」の関連用語

CTPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

魚眼レンズ

ち

iPad mini

オフセットいんさつ

ニコニコメッセ

たちわり

Wind NetBook U100 Vogue

オフセットいんさつ





CTPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2017 K'sBookshelf All Rights Reserved.
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2017 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリCTPの記事を利用しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCTP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS