CRTとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > ビデオ用語 > CRTの意味・解説 

シー アール ティー [6] 【 CRT 】 〔cathode-ray tube〕

CRT ABC 略語

CRT


CRT 【Cathode Ray Tube】


.crt

読み方シーアールティー

.crtとは、セキュリティ証明書として用いられるファイルに付く拡張子のことである。


CRT(ブラウン管) cathode ray tube,Braun tube

陰極線管略語ブラウン管とも呼ばれ、SEM像の表示に使われてきたが、生産量減少と共に液晶ディスプレーに置き換わりつつある。液晶ディスプレー比べダイナミックレンジ広く階調も多いので、微妙なコントラスト表現には向いている。

関連する用語

ブラウン管

略語:CRT
【英】:cathode-ray tube

電子ビーム電圧磁界加速集束偏向して蛍光体照射して管面に二次元画像表示するもの。

CRT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/28 14:20 UTC 版)

CRT

  • 陰極線管 (Cathode Ray Tube) 。ブラウン管を参照
  • 中国の剰余定理(Chinese Remainder Theorem)
  • 栃木放送の略称 (Company Radio Tochigi) - 旧社名「ラジオ栃木」時代の略称をそのまま使用
  • Cランタイム(C Run-Time) - プログラミング言語Cのライブラリ(標準Cライブラリなど)に含まれる内容をランタイムライブラリとして構成したもの。
  • 教研式目標基準準拠標準学力検査、CRT検査
  • 毛細血管再充満時間
  • 戦闘結果表 - 主にボードゲームのウォー・シミュレーションゲームで使用される戦闘解決のための表(コンピュータゲームでは内部処理されるため画面上には戦闘結果しか出ない)。攻撃側と防御側の戦力比を求め、サイコロ(ダイス)を振って双方の損害をだす。(Combat results table)の略。
  • クライシスレスポンスチーム(Crisis Response Team)の略
  • 両室ペーシング療法(Cardiac Resynchronization Therapy)の略。 - 重症慢性心不全患者の心室同期不全に対して、左心室中隔側と自由壁側から同時にペーシングし血行動態の改善を図る治療法。
  • 重慶軌道交通 (Chongqing Rail Transit)
  • 現状問題構造ツリー (CURRENT Reality Tree)

Crt






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「CRT」の関連用語

CRTのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウミヒルモ

立体交差

比叡山坂本ケーブル

ハルシュタット

十和田

搾乳

羽根 直樹

ノアザミ





CRTのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2017 Japan Video Software Association
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.crtの記事を利用しております。
JEOLJEOL
Copyright © 1996-2017 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2017 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCRT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS