CNG 船とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > 船舶 > > CNG 船の意味・解説 

CNG 船

読み方CNG せん
【英】: cng carrier
同義語: 圧縮天然ガス船  

天然ガスコンプレッサーにより 1025 メガパスカル程度圧縮後、耐圧容器(シリンダータンク)に格納船舶輸送することにより、インフラ整備コスト削減目指し輸送技術(図 1 (1)(2))
標準LNG 船比較して、船体自体大きくなるのに加え船体重量は約 2 倍程度大きくなることから船価も増加するが、ガス液化ではなく圧縮輸送するため、液化、再ガス化過程不要となり、出荷受入設備大幅コスト削減が可能となる。そのためプロジェクト全体チェーン)のなかに再利用可能な資産( CNG 船)が占め割合が高いことが CNG ならではの特徴である(固定資産最小限化)(図 2)。したがって輸送出荷受入設備を含めたチェーン全体としては、中短距離輸送場合経済性有する。特に LNG プロジェクトとして立ち上げるには埋蔵量が 1 ~ 6 兆立方フィート程度少なく液化プラント等の大規模設備投資には見合わないストランデッドガス田」の開発や、比較消費地に近いガス田開発プロジェクト場合に有利とされる種々の条件次第であるが、輸送距離が約 2,000 海里以内優位性発揮し得る)(図 3)。商業設備はまだ存在しないが、各地においてフィジビリティースタディー実施されている。輸送設備大き比重をしめることからわかるように、チェーン全体経済性高めるためには、いかに効率良く天然ガス輸送できるか、すなわち、オペレーション最適化最適船型および最適数等判断)が鍵となる。※米国エナシー(EnerSea)社が推進するボトランズ(Votras)方式採用した CNG 船の場合標準船型容積 800 百万立方フィート)で約 2,400 本のシリンダータンク(ラインパイプ)を使用する計画

後藤 譲、2006 年 3 月


CNG 船比較
    コセル方式 クヌッツェン方式 ボトランズ方式
(エナシー方式
貨物タンク容量   m3 32,700 77,100 74,260
CNG 積載容量 m3 900 2,000 2,000
ft3 *1 31,800 7億 7億
貨物タンク   108
(=6 タンクスタック×18 スタック)
2,672 2,400
(=24 パイプタンク/モジュール×100 モジュール)
ホールド   5 12 12
主要寸法 全長 m 243 276.2 306
垂線間長 m 231.8 259.75 291
m 38 54 50
深さ m 25.9 29 27.4
計画満載喫水 m 10.3 13.5 10.3
軽荷喫水 m 9 10.5 7.5
船級     米国船級協会によるコンセプト承認 ノルウェー船級協会 米国船級協会による基本承認
貨物タンク比較 計画圧力 MPa *2 20 25 13
格納温度 常温 常温 30
材料   API 5LX70 API 5LX80 API 5LX80
外径 in *3 6.625 42 42
降伏応力 MPa *2 483 552 552
千重ポンド平方インチ 70 80 80
板厚 in *3 0.251 1.44 0.75
設計応力 MPa *2 264 365 364
降伏応力設計応力   1.83 1.51 1.52
貨物タンク重量   t *4 4 8 千 60 10 万 2 千 800 4 9 千 900
貨物タンク重量トン
CNG 積載容量百万立方メートル
  5,340 5,140 2,495
  ボトランズ方式 2.1 2.1 1
荷役方法 積荷揚荷   半潜水型ターレット荷役 半潜水型ターレット荷役 半潜水型ターレット荷役
積荷温度圧力 MPa *2 常温25 常温25 2913船内冷却
揚荷       液体置換方式

*1:ft3立方フィート *2:MPaメガパスカル、*3:in=インチ *4:t=トン"

圧縮天然ガス船






CNG 船と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「CNG 船」の関連用語

CNG 船のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

埋蔵量評価

圧縮天然ガス

浮遊式生産システム

大陸棚

火成岩

減価償却

こぼれ出し点

インサイド・ブローアウト・プリベンター





CNG 船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2016 Weblio RSS