C.C.アプリコット・ソーダとは?

Weblio 辞書 > 食品 > カクテルレシピ > C.C.アプリコット・ソーダの意味・解説 

C.C.アプリコット・ソーダ

C.C.アプリコット・ソーダ C.C.アプリコット・ソーダ
 レシピ
C.C.アプリコット・ソーダ
■  カナディアンクラブ
(CANADIAN CLUB)
30ml
C.C.アプリコット・ソーダ
C.C.アプリコット・ソーダ
C.C.アプリコット・ソーダ
■  ルジェ クレーム ド アプリコット
(LEJAY CREME DE APRICOT)
15ml
C.C.アプリコット・ソーダ
C.C.アプリコット・ソーダ
C.C.アプリコット・ソーダ
■  ソーダ 適量
C.C.アプリコット・ソーダ
C.C.アプリコット・ソーダ
C.C.アプリコット・ソーダ

 作り方
C.C.アプリコット・ソーダ
氷を入れたタンブラーに注ぎ、軽くステアする。

※レシピの分量表記について
C.C.アプリコット・ソーダ
カクテルタイプ:ロング
グラスタンブラー
テイスト甘口
色:茶色琥珀色
アルコール度数:弱い(8度以下)
製法ビルド

ワンポイント
C.C.アプリコット・ソーダ
世界で最も有名なカクテルのひとつ「マンハッタン」の誕生には諸説あるが、第19アメリカ大統領選のときに、かのチャーチル首相母親ニューヨークのマンハッタン・クラブでパーティー催したときに、ウイスキースイートベルモット組み合わせ提案したという話。この新しカクテル参会者から好評を博し、クラブの名前にちなんで「マンハッタン」と名づけられたという。以来、“カクテル女王”として「マティーニ」と並び称されている。ベースウイスキーには、ライウイスキーを使うことが多い。
 
「カナディアンクラブ」は、カナダを代表する酒類メーカー・ハイラムウォーカー社がつくるカナディアンウイスキーカナディアンウイスキー特徴ライトスムーズ口当たりハイラム・ウォーカー氏が1858年カナダで作ったウイスキーは、当時社交場に集まる紳士たちに好まれ、当時は“クラブ・ウイスキー”と呼ばれていた。「カナディアンクラブ」という名前になったのは1884年のこと。「C.C.」の相性親しまれている。

ルジェ クレームアプリコット」は、フランスディジョン地方収穫された良質アプリコット(あんず)だけを使用したアプリコットリキュール。ジューシーなあんずの実を、一瓶につき約35使用色も香り味わいも実に鮮やかな印象仕上がっている。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

C.C.アプリコット・ソーダのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

パッシモ・グレープフルーツ

アップル・カー

フローズン・ミドリ・マルガリータ

ラズール オレンジ

スカイ・モスコーミュール

ウェット ソニック

マイタイ

ドランブイ・トニック





C.C.アプリコット・ソーダのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2017 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社カクテルレシピ

©2017 Weblio RSS