Brexitとは?

ブリグジット

英語:Brexit

英国欧州連合EU)を脱退すること、イギリスEU離脱、という意味で用いられる語。「BritBritain)」と「exit」を組み合わせ表現

2015年前半から半ば頃にかけて英国内でEU離脱の是非をめぐる議論活発化し、ブリグジットの語も新聞等でしばしば用いられるようになった2015年5月時点では、EU離脱是非を問う国民投票準備に向けた動き進みつつあると報じられている。

ブレクジット

別名:ブリグジット
英語:Brexit

イギリス欧州連合EU)から離脱すること。英国Great Britain)と退出離脱exit)を組み合わせ造語

ブレグジットという言葉は、リスボン条約改正めぐってイギリス欧州連合各国との歩調が合わないことや、PIIGSに代表されるような、財政悪化した国々が出現してきたことで生まれたという見方が多い。

ちなみにイギリスの首相であるデーヴィッド・キャメロンは、2017年までに欧州連合離脱是非を問う国民投票を行うことを明言している。

なお、ブレグジットと似た言葉に「グレグジット」があるが、これはギリシャユーロ圏離脱の意である。

欧州連合からのイギリス脱退

(Brexit から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/08 18:57 UTC 版)

欧州連合からのイギリス脱退: Withdrawal of the United Kingdom from the European Union)、通称・俗称としてブレグジット[1]イギリス英語: BrexitBritainexitを合わせたかばん語[2])とは、イギリス欧州連合から脱退することである。


  1. ^ 英国のEU離脱「ブレグジット」に大きな懸念http://jp.wsj.com/articles/SB11810945248234553346004581493310364859244
  2. ^ The UK's EU referendum: All you need to know”. BBC News. 2016年3月24日閲覧。
  3. ^ “1967: De Gaulle says 'non' to Britain - again”. BBC News. (1976年11月27日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/november/27/newsid_4187000/4187714.stm 2016年3月9日閲覧。 
  4. ^ “1973: Britain joins the EEC”. BBC News. (1973年1月1日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/january/1/newsid_2459000/2459167.stm 2016年3月9日閲覧。 
  5. ^ a b c Vaidyanathan, Rajini (2010年3月4日). “Michael Foot: What did the 'longest suicide note' say?”. BBC News Magazine. BBC. 2015年10月21日閲覧。
  6. ^ a b J. Stone:「ジェレミー・コービンはユーロが「銀行家の欧州の負担」に導くと予測した。」、independent.co.uk、2015年9月18日
  7. ^ Wood, Nicholas (1994年11月28日). “Goldsmith forms a Euro referendum party”. The Times: p. 1 
  8. ^ a b UK Election 1997”. Politicsresources.net. 2015年7月16日閲覧。
  9. ^ Nicholas Watt (2012年6月29日). “Cameron defies Tory right over EU referendum: Prime minister, buoyed by successful negotiations on eurozone banking reform, rejects 'in or out' referendum on EU”. The Guardian (London, UK). http://www.guardian.co.uk/politics/2012/jun/29/cameron-no-eu-referendum 2012年7月2日閲覧. "David Cameron placed himself on a collision course with the Tory right when he mounted a passionate defence of Britain's membership of the EU and rejected out of hand an 'in or out' referendum." 
  10. ^ Sparrow, Andrew (2012年7月1日). “PM accused of weak stance on Europe referendum”. The Guardian (London, UK). http://www.guardian.co.uk/politics/2012/jul/01/david-cameron-europe-referendum-noncommittal 2012年7月2日閲覧. "Cameron said he would continue to work for 'a different, more flexible and less onerous position for Britain within the EU'." 
  11. ^ David Cameron 'prepared to consider EU referendum'”. BBC News. BBC (2012年7月1日). 2012年7月2日閲覧。 “Mr Cameron said ... he would 'continue to work for a different, more flexible and less onerous position for Britain within the EU'.”
  12. ^ David Cameron promises in/out referendum on EU”. BBC News. BBC (2013年1月23日). 2016年4月23日閲覧。
  13. ^ David Cameron sets out EU reform goals” (2015年11月11日). 2016年1月16日閲覧。
  14. ^ “Cameron: MPs will be allowed free vote on EU referendum – video” (Video). The Guardian. (2016年1月5日). http://www.theguardian.com/world/video/2016/jan/05/cameron-mps-will-be-allowed-free-vote-on-eu-referendum-video 2016年1月9日閲覧. "The PM also indicates Tory MPs will be able to take differing positions once the renegotiation has finished" 
  15. ^ Hughes, Laura; Swinford, Stephen; Dominiczak, Peter (2016年1月5日). “EU Referendum: David Cameron forced to let ministers campaign for Brexit after fears of a Cabinet resignation”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/eureferendum/12082083/EU-referendum-David-Cameron-gives-ministers-free-vote-live.html 2016年1月9日閲覧。 
  16. ^ Prime Minister sets out legal framework for EU withdrawal” (2016年2月22日). 2016年2月29日閲覧。
  17. ^ Clause governing withdrawal from the EU by a Member State”. 2016年2月29日閲覧。
  18. ^ Toptal - The Impact of Brexit on the Financial Services Sector
  19. ^ Barack Obama's views betray a 'woeful ignorance' on the impact of the EU on Britain's security, says Armed Forces minister, telegraph.co.uk; accessed 23 April 2016.
  20. ^ "EU makes Britain even greater": Obama, telegraph.co.uk; accessed 23 April 2016.
  21. ^ Michael, Shindler (2016年4月21日). “Obama is Wrong to Discourage Brexit”. CapX. Centre for Policy Studies. http://capx.co/obama-is-wrong-to-discourage-brexit/ 2016年4月25日閲覧。 
  22. ^ John Curtice, Senior Research Fellow at NatCen and Professor of Politics at Strathclyde University (2015年10月). “Britain divided? Who supports and who opposes EU membership”. Economic and Social Research Council. 2016年4月26日閲覧。
  23. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170611-00051983-gendaibiz-int&p=3
  24. ^ a b Theresa May invokes Cold War and warns EU of consequences after triggering Article 50 L. Hughes, The Daily Telegraph, 29 Mar 2017


「欧州連合からのイギリス脱退」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

Brexitに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Brexit」の関連用語

Brexitのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

宋 光復

岩井勇輝

ストレング石

ゴールデン・ナゲット

有珠山

バルーンアート

アンテナリング

ワット





Brexitのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの欧州連合からのイギリス脱退 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS