ATSCとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ATSCの意味・解説 

ATSC

フルスペル:Advanced Television Systems Committee
読み方エーティーエスシー
別名:ATSC Standards

ATSCとは、米国におけるデジタルテレビ放送標準規格のことである。または、その規格策定などを目的として1982年結成された非営利団体の名称である。

ATSC規格は、米国(および日本など)のアナログ放送規格として採用されていたNTSCNational Television System Committee)の規格代わるデジタル放送規格として策定された。映像圧縮方式としてMPEG-2採用しており、音声圧縮方式AC-3ドルビーサラウンド方式採用している。放送波は6MHzの周波数帯域使用する地上波で、最大で10.08Mbit/sとDVD再生ビットレート並み伝送効率実現することが可能であるとされている。

ATSC規格米国をはじめカナダメキシコ韓国などで採用されている。ちなみに日本では地上デジタル放送規格としてISDB-T採用されている。


参照リンク
Welcome to ATSC - (英文
テレビのほかの用語一覧
テレビの技術:  ダウンスキャンコンバータ  地上波  VBI
テレビの方式:  ATSC  アイティービジョン  インターネットテレビ  BS

ATSC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/18 09:04 UTC 版)

ATSC standards (Advanced Television Systems Committee standards) とは、アメリカで開発された地上波におけるデジタルテレビ規格。ATSC の名称は、規格の制定などを行った『高度テレビジョン・システムズ委員会』に由来する。




  1. ^ 総務省. “世界情報通信事情 米国”. www.soumu.go.jp. 2012年12月7日閲覧。
  2. ^ 日本放送協会 (平成21年4月30日). “NAB(全米放送事業者連盟)“名誉賞”を受賞!! ~ハイビジョン放送普及発展の国際的なリーダーシップが評価~”. nhk.or.jp. 2012年12月7日閲覧。
  3. ^ ヒビノ株式会社”. www.hibino.co.jp. 2012年12月7日閲覧。
  4. ^ ATSC SALUTES THE ‘PASSING’ OF NTSC” (英語). NTSC (2009年6月12日). 2009年6月13日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ a b http://www.atsc.org/cms/pdf/ATSC2013_PDF.pdf
  6. ^ George Winslow. "With ATSC 2.0, Broadcasting Gets Facelift". Broadcasting & Cable, June 6, 2011.
  7. ^ A/103:2012, Non-Real-Time Content Delivery


「ATSC」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ATSCに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ATSC」の関連用語

ATSCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

RJ-11

9.7インチiPad Pro

スマートフォン for ジュニア2 SH-03F

ハブ

Xperia X Performance

ポケモンGO

REGZA Phone T-01D

Microsoft Bluetooth Mobile Mouse 3600





ATSCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリATSCの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのATSC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS