A549細胞とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > A549細胞の意味・解説 

A549細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/03/24 07:09 UTC 版)

A549細胞(A549さいぼう)は、ヒト肺胞基底上皮腺癌細胞である。A549細胞株は、D. J. Giardらによってコーカソイド人種の58歳男性の肺がん組織から、1972年に初めて樹立された[1][2]。本来はこれらの細胞は扁平上皮細胞であり、水や電解質といった物質の肺胞を越える拡散に関与している。A549細胞をin vitroで培養すると、単層細胞として成長し、培養フラスコに接着する[1]


  1. ^ a b c A549 Cell Line: Human alveolar adenocarcinoma cell line -General Information”. 2012年1月3日閲覧。
  2. ^ Giard, DJ; Aaronson, SA; Todaro, GJ; Arnstein, P; Kersey, JH; Dosik, H; Parks, WP (1973). "In vitro cultivation of human tumors: Establishment of cell lines derived from a series of solid tumors". Journal of the National Cancer Institute 51 (5): 1417–23. PMID 4357758. 
  3. ^ abcam.com. “A549 (Human lung adenocarcinoma epithelial cell line) Whole Cell Lysate (ab7910)”. 2012年1月3日閲覧。
  4. ^ ATCC.org. “A549 cell line: CCl-185 Product Description”. 2012年1月3日閲覧。


「A549細胞」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

A549細胞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ガスタービン自動車

D端子

原油タンカー

ピエトレン

リサイクル・マーク

砕氷艦「しらせ」型

ペグ

桐紋雁金鍵透図鐔





A549細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのA549細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS