A549細胞とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > A549細胞の意味・解説 

A549細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/06 09:44 UTC 版)

A549細胞(A549さいぼう)は、ヒト肺胞基底上皮腺癌細胞である。A549細胞株は、D. J. Giardらによってコーカソイド人種の58歳男性の肺がん組織から、1972年に初めて樹立された[1][2]。本来はこれらの細胞は扁平上皮細胞であり、水や電解質といった物質の肺胞を越える拡散に関与している。A549細胞をin vitroで培養すると、単層細胞として成長し、培養フラスコに接着する[1]


  1. ^ a b c A549 Cell Line: Human alveolar adenocarcinoma cell line -General Information”. 2012年1月3日閲覧。
  2. ^ Giard, DJ; Aaronson, SA; Todaro, GJ; Arnstein, P; Kersey, JH; Dosik, H; Parks, WP (1973). “In vitro cultivation of human tumors: Establishment of cell lines derived from a series of solid tumors”. Journal of the National Cancer Institute 51 (5): 1417–23. PMID 4357758. 
  3. ^ abcam.com. “A549 (Human lung adenocarcinoma epithelial cell line) Whole Cell Lysate (ab7910)”. 2012年1月3日閲覧。
  4. ^ ATCC.org. “A549 cell line: CCl-185 Product Description”. 2012年1月3日閲覧。


「A549細胞」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

A549細胞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




A549細胞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのA549細胞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS