89式5.56mm小銃とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 武器 > 自動小銃 > 89式5.56mm小銃の意味・解説 

89式5.56mm小銃 略称 89R 愛称 BUDDY (バディー)

89式5.56mm小銃 緒元性能
口径 5.56mm
全長

約920mm(固定銃床型)

670mm折り曲げ銃床型)

銃身 420mm
重量 3.5kg
作動方式 ガス利用
給弾方式 弾倉
発射速度

最大約850発/分

製作 豊和工業
備考  

現用64式小銃更新近代化用で、平成元年度から取得開始口径は、NATO第二標準弾である5.56mm採用している。固定銃床型と空挺隊員戦車隊員など用の折り曲げ銃床式の2型式がある。銃床素材には強化プラスチックを使うなど、一部新素材取り入れて、重量64式小銃比べ軽量化された。部品点数64式小銃比べ約10%少なく分解結合が容易にできる。単発連発切り替えができるほか、「3点制限点射」(スリー・ショット・バースト)方式採用している。


89式5.56mm小銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/12 06:44 UTC 版)

89式5.56mm小銃(はちきゅうしき5.56ミリしょうじゅう・:Howa Type 89 Assault Rifle)は、自衛隊が制式化した自動小銃である。1990年代以降、陸上自衛隊の主力小銃となっている。


注釈

  1. ^ MINIMI軽機関銃は通常のベルト給弾のみならず、小銃用の箱型弾倉を装着して給弾し、射撃することができる。MINIMIは小銃分隊などに配備されている現行の軽機関銃である。そして前代の64式7.62mm小銃も62式7.62mm機関銃との弾薬互換性を持っていた
  2. ^ 他に二脚を標準装備する5.56mm口径の小銃としてはSIG SG550FA-MASなどがある
  3. ^ スイス製のSIG550などでも同様の操作方法が採られている
  4. ^ グリップに手をかけたまま、親指で操作することも可能ではある
  5. ^ 筆者で自身も自衛官として64式や89式をはじめ、諸外国のアサルトライフルを扱った経験のあるかのよしのりは、同書内で安全装置の次にフルオートが配置されている事について、「大急ぎで安全装置を解除しなければならない状況とは、至近距離で敵と出会った時で、正確な狙いをつける余裕もなく連射することになる」とし、実戦的と記述している
  6. ^ 小銃における擬製弾の役割は少ない(装填は禁じられており、大抵は教育訓練における弾薬の説明や機関銃訓練における模擬弾薬として装填しない状況下での訓練において使用される
  7. ^ 小口径弾は距離が遠くなるほど殺傷力が低下するが、この弾頭だと重心位置が弾頭尻付近となり、人体に命中し、骨などの固い個所に当たるとタンブリング(回転している弾丸が倒れる現象)を起こし、弾丸が体内を転がりまわりながら突き抜けていくことになる。これによって、遠距離射撃の際の殺傷力低下を補うとされる
  8. ^ ただし、幹部などは9mm拳銃9mm機関けん銃を装備するほか、武器を持たない人員もいる
  9. ^ 普通科教導連隊など、射撃訓練が通常の普通科の数倍以上の弾薬を使用する部隊は、通常の普通科連隊よりは部品などの摩耗などによる耐用限界を迎えやすい
  10. ^ 特殊警備隊が薬莢受けを使用している姿は確認されている
  11. ^ FMSという公式な記録から、M4カービンを採用していることが確実となった
  12. ^ 厳密には、薬莢受けの固定具上部にダットサイトを取り付けているに過ぎない。バトラー装着用固定具も薬莢受け固定具と同型状のため、それら固定具に直接ダットサイトを取り付けるようダットサイト側固定具が改造されている。通常の固定具を使用した状態よりも若干高めに取り付けられている点も注目
  13. ^ フラッシュライトとレーザー照準具を同時装着しているものの写真が掲載
  14. ^ これは空砲を撃つタイプの小銃擲弾を実弾で発射しようとしてしまう事故を防げる点で重要である。てき弾が自爆すると本人と周囲の隊員が死傷するという重大な事故に発展する
  15. ^ 時期や生産ロットによって価格は変動し、2005年1月時はキットが110,220円、完成品が152,220円だった
  16. ^ 電子式のバーストモデルは、過去に電子制御可変バーストシステムを搭載したSIG SG550/551が存在したが、電動ガン用の強い電流のバッテリーに対応した回路は、電子部品の価格が高価という問題があった
  17. ^ 新型マガジンフォロアーが採用されており、従来の物とは異なり全弾撃ち切れる。これも自衛隊での訓練を考慮し採用されたものである

出典

  1. ^ a b c 陸上自衛隊 - 89式5.56mm小銃
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p22
  3. ^ a b 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p27
  4. ^ 「月刊Gun」1992年5月号p58
  5. ^ a b c d e f 「月刊Gun」1992年5月号p60
  6. ^ a b c d 「月刊Gun」1992年5月号p59
  7. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p21
  8. ^ a b c d e f g 「月刊Gun」1992年5月号p61
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「月刊Gun」1992年5月号p64
  10. ^ a b c d e f g h 「月刊Gun」1992年5月号p62
  11. ^ a b c d e f g h 「月刊Gun」1992年5月号p63
  12. ^ a b 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p79
  13. ^ a b c d e f 「月刊Gun」1992年5月号p65
  14. ^ a b c 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p24
  15. ^ Jane's Infantry Weapons Howa Type 89 5.56 mm assault rifle (Japan), Rifles
  16. ^ 月刊アームズ・マガジン ‐ 2002年11月号 p23
  17. ^ a b c d 月刊アームズ・マガジン ‐ 2002年11月号 p25
  18. ^ a b c d e f g h 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p81
  19. ^ 月刊アームズ・マガジン ‐ 2002年11月号 p26
  20. ^ a b 月刊アームズ・マガジン ‐ 2002年11月号 p24
  21. ^ a b 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p26
  22. ^ a b 『自衛隊 89式小銃 日本が誇る傑作小銃のすべて』p94
  23. ^ 『自衛隊 89式小銃 日本が誇る傑作小銃のすべて』p82
  24. ^ J-GroundVol7 18ページ
  25. ^ a b c 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part2]」p41
  26. ^ a b c d e 『自衛隊 89式小銃 日本が誇る傑作小銃のすべて』p106
  27. ^ 『自衛隊 89式小銃 日本が誇る傑作小銃のすべて』p107
  28. ^ a b c 『自衛隊 89式小銃 日本が誇る傑作小銃のすべて』p108
  29. ^ a b 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p41
  30. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p45
  31. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p84
  32. ^ 『自衛隊最強兵器FILE』p57
  33. ^ a b 中央調達に係わる契約情報
  34. ^ 朝雲新聞 9月2日付 23年度防衛費 業務計画の主要事項 詳報
  35. ^ 月刊アームズ・マガジン 2006年12月号 p29
  36. ^ a b c 「こんなにスゴイ 最強の自衛隊」p56
  37. ^ 全文掲載:飯柴大尉の声明文
  38. ^ 2007年FMS
  39. ^ 2008年FMS
  40. ^ 補給統制本部公示第132号 平成23年1月28日
  41. ^ 「自動小銃固定用金具の製作以下3件」の契約希望者募集要項
  42. ^ 平成元年度防衛白書 第3-6表 平成元年度に調達する主要装備
  43. ^ 平成13年度防衛白書 資料15 平成13年度に調達する主要装備
  44. ^ 我が国の防衛と予算 平成25年度予算の概要 (防衛省公式サイト)
  45. ^ 平成2年度防衛白書 第3-5表 平成2年度に調達する主要装備
  46. ^ 平成14年度防衛白書 資料25 平成14年度に調達する主要装備
  47. ^ 平成3年度防衛白書 資料28 平成3年度に調達する主要装備
  48. ^ 平成15年度防衛白書 資料17 平成15年度に調達する主要装備
  49. ^ 平成4年度防衛白書 資料31 平成4年度に調達する主要装備
  50. ^ 平成16年度防衛白書 資料17 平成16年度に調達する主要装備
  51. ^ 平成5年度防衛白書 資料32 平成5年度主要事業に調達する主要装備
  52. ^ 平成17年度防衛白書 資料17 平成17年度に調達する主要装備
  53. ^ 平成6年度防衛白書 資料32 平成6年度に調達する主要装備
  54. ^ 平成18年度防衛白書 資料15 平成18年度に調達する主要装備
  55. ^ JapanDefense.com 平成7年度予算案の大要
  56. ^ 平成19年度防衛白書 資料15 平成19年度に調達する主要装備
  57. ^ JapanDefense.com 平成8年度予算案の大要
  58. ^ 平成20年度防衛白書 資料13 平成20年度に調達する主要装備
  59. ^ JapanDefense.com 平成9年度予算案の大要
  60. ^ 平成21年度防衛白書 資料15 平成21年度に調達する主要装備
  61. ^ a b 平成10年度防衛白書 資料23 平成11年度に調達する主要装備
  62. ^ 平成21年度防衛白書 資料15 平成22年度に調達する主要装備
  63. ^ わが国の防衛と予算 平成23年予算の概要
  64. ^ 平成12年度防衛白書 資料19 平成12年度に調達する主要装備
  65. ^ 我が国の防衛と予算 平成24年度予算の概要(防衛省公式サイト)
  66. ^ a b c d 月刊アームズ・マガジン 2006年12月号 p25
  67. ^ サイトロンジャパン公式サイト商品紹介ページ
  68. ^ ブリュッガー&トーメ公式サイト商品紹介ページ
  69. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part2]」p50
  70. ^ 第25普通科連隊射撃訓練時の画像
  71. ^ 第1次連隊射撃訓練
  72. ^ 小火器用照準装置およびマウント部
  73. ^ ハイパー道楽 平成22年度 自衛隊記念日 観閲式 パート3 装備展示
  74. ^ Facebook AASAM2013
  75. ^ J-GroundVol7 20ページ
  76. ^ 対馬ヤマネコ軍団
  77. ^ a b 月刊アームズ・マガジン ‐ 2003年12月号 p35
  78. ^ a b ストライクアンドタクティカルマガジン No.6 2005年1月号
  79. ^ 「V作戦」を自衛隊が展開中? 「ガンダム」「プロテクトギア」が初登場……
  80. ^ ジャパン・リミタリー・レビュー『軍事研究』四月号
  81. ^ ストライクアンドタクティカルマガジン2010年1月号
  82. ^ 技本のハイテク技術拝見手投げ式偵察ロボや3胴艦など近未来の模型ずらり
  83. ^ あの防衛省ガンダムはどうなった?「平成20年度 研究発表会」開催!
  84. ^ ストライクアンドタクティカルマガジン2010年7月号
  85. ^ 月刊アームズ・マガジン ‐ 2002年11月号 p14
  86. ^ a b c d e f g 月刊アームズ・マガジン ‐ 2002年11月号 p15
  87. ^ a b c d 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p18
  88. ^ a b 月刊アームズ・マガジン ‐ 2002年11月号 p18
  89. ^ ホビージャパン『月刊アームズ・マガジン』2002年11月号p42
  90. ^ a b 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p13
  91. ^ 月刊アームズ・マガジン ‐ 2003年12月号 p29
  92. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p14
  93. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p17
  94. ^ 有限会社キャロット
  95. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part2]」p55
  96. ^ a b 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part3]」p114
  97. ^ 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part2]」p56
  98. ^ 「ヒーローたちの名銃ベスト100」p168







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「89式5.56mm小銃」の関連用語

89式5.56mm小銃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




89式5.56mm小銃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2014 陸上自衛隊 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの89式5.56mm小銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS