7000形とは?

7000形・LSE(Luxury Super Express)

1980年就役流線形展望席といったNSE継承しながらさまざまな面から改良加えました。デビュー時のカラーは、バーミリオンオレンジでしたが、1995年度にHiSEと同じワインレッドカラーに変更しました。1981年ブルーリボン賞受賞

7000形・LSE


7000形

7000形
 平成13年2月ワンマン運転機能備え通勤電車としてデビューしました。
  6000形6050形との併結運転と合わせ、単編成でのワンマン運転にも対応した設計としています。
  先頭部は貫通式で、前面窓に大型曲面ガラス左右対称配置し、運転視界広く確保しています。
  車体は、片側4扉とし、客室座席中央部を6人掛、妻寄を4人掛とした片持式の背ずりには、バケットロングシート採用し、座席幅も430mmから450mmとし車内環境の向上を図りました。また、6人掛座席中央部にはスタンションポール設けて、定員着席促す構造となっています。
  台車は、6157号車で採用実績のある空気バネ車体支持方式ボルスタレス台車とし、省メンテナンス化、軽量化を図っており、この台車構造当社新型車両である3000形までほぼ同じ構造となっています。
  車内配色は、ワインレッド座席ホワイト系の天井側面ベージュ系の床と暖色系の落ち着いた仕上とし、車椅子スペースを各車1箇所設け車両連結面に車両転落防止幌設置車内には車内案内表示器ドアチャイム設置バリアフリー考慮に入れた車両となっています。

編 成 2両×11編成22
★印は車いすスペース設置車両平成21年4月現在)
Mc Tc
★7101 ★7501
★7102 ★7502
★7103 ★7503
★7104 ★7504
★7105 ★7505
★7106 ★7506
★7107 ★7507
★7108 ★7508
★7109 ★7509
★7110 ★7510
★7111 ★7511

諸 元
項目 Mc Tc
車体 長さ 19500mm
2716mm
高さ 4170mm 4120mm
扉数(片側) 4扉
定員(座席) 130(42)名 130(42)名
制御方式 VVVF -
モーター出力 170kw×3 -
ブレーキ方式 空制・回生 空制
製造初年 平成13年

7000形

7000形
澄みきった空気のなか、雄大富士バックに走る7000形
平成8年京王3000形車両購入
改造後7000形として現在、主力車両として運用している。
5000形の「赤がえる」の後継車両として「新赤がえる」と呼ばれている。

7000系

(7000形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/15 01:25 UTC 版)

7000系(7000けい)とは、7000の数値を使用するないしは4桁の数値の内上1桁目が「7」を使用する体系を持つものを指す。




「7000系」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「7000形」の関連用語

7000形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

20000形

8000形

6050形

8000形

7000形

1000形

3000形

8000形





7000形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
小田急電鉄小田急電鉄
Copyright 2017 Odakyu Electric Railway Co., Ltd. All Rights Reserved.
西日本鉄道西日本鉄道
Copyright(C) 2000-2017 by Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.
岳南鉄道岳南鉄道
Copyright (C) 2017 岳南鉄道 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの7000系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS