62式 7.62mm機関銃とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 武器 > 汎用機関銃 > 62式 7.62mm機関銃の意味・解説 

62式 7.62mm機関銃

62式 7.62mm機関銃 緒元性能
口径

7.62mm

全長

約1.200mm

銃身 600mm消炎器とも)
重量 約10.7kg(二脚付)
給弾方式 ベルト給弾
発射速度 最大750発/分 持続約80発/分
製作 住友重機械工業
備考  

29年から開発し、37年2月制式となった。空冷ガス利用ピストン後退式の自動火器で、日本人体格マッチさせたため、従来A1A6より軽量である。照準眼鏡倍率3倍・富士写真光機製)を装着銃身は熱効果考慮して羽根状にできている。軽快運用を手とする場合には、二脚付け良好命中精度期待する場合三脚架装着する。


62式7.62mm機関銃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/23 09:54 UTC 版)

62式7.62mm機関銃(ろくにしき7.62ミリきかんじゅう)は、陸上自衛隊普通科部隊などで使用されている機関銃である。日本国外の文献などでは「NTK-62」「Type62 GPMG」などと表記されている。


  1. ^ 外国の文献などでの名称である「NTK-62」の"NTK"とは日特金属(NiTtokuKinzoku)の略号を意味する
  2. ^ a b c d e f g 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p107
  3. ^ 7、陸上自衛隊武器学校小火器館の日本の機関銃 2 - 日本の武器兵器.jp
  4. ^ 河村 正弥 - Webcat Plus
  5. ^ 河村正弥 - 土木機械写真貼 別館
  6. ^ 兵器工場(日特金)攻撃事件冒陳 - 東アジア反日武装戦線に関するよもやま情報のホームページ
  7. ^ 「いまこそ知りたい自衛隊のしくみ」p121
  8. ^ a b c d 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p108
  9. ^ a b c 「エリートフォーセス 陸上自衛隊編[Part1]」p109
  10. ^ 後継機種である5.56mm機関銃MINIMIは、本体が軽量で反動も軽減されているため、「かかえ撃ち」の負担は少ない
  11. ^ そこが変だよ自衛隊! 大宮ひろ志(ISBN 4-7698-0994-8 2001年光文社)
  12. ^ 62式機関銃 - 福住製作所
  13. ^ MAG™ Machine Gun 7.62 x 51 mm
  14. ^ a b Kevin Dockery, The M60 Machine Gun, Osprey Publishing, 2012/11/20
  15. ^ 伊藤眞吉 「鉄砲の安全(その4)」『銃砲年鑑』10-11年版、117頁、2010年
  16. ^ 61式戦車 Story of Type61 tank
  17. ^ 住友重機を指名停止=機関銃の試験データ改ざん-防衛省 - 時事ドットコム、2013年12月18日
  18. ^ 7.62x51mm NATO弾を国産化した弾薬


「62式7.62mm機関銃」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「62式 7.62mm機関銃」の関連用語

62式 7.62mm機関銃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

携帯式地対空誘導弾

64式81mm迫撃砲

トラック・クレーン

87式対戦車誘導弾

107mm迫撃砲

浄水セット

オートバイ

小型ドーザ





62式 7.62mm機関銃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2017 陸上自衛隊 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの62式7.62mm機関銃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS