32M 光伝送装置とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > 富士通製品一覧 > 32M 光伝送装置の意味・解説 

32M 光伝送装置

32M 光伝送装置

アメリカ電話会社AT&T社の研究機関ベル研究所1970年半導体レーザー連続発振発明しました。その同年ガラス製品メーカーコーニング社は光ファイバーの損失化に成功します。「光ファイバー」とは石英ガラスケーブル状に加工したものです。これを通信伝送路に用いる「光伝送方式には、信号弱まる減衰げんすい)」という現象起こりやすく、遠距離通信には向かないという欠点がありました。コーニング社が開発したのは、この弱点克服する技術でした。

富士通研究部門である富士通研究所は、この新たな方式実用化するため、光デバイス試作安定化計測などの技術研究1969年から独自に進めていました。その総力結集して作り上げたのが1974年電電公社納入した「32Mbps光ファイバ伝送装置」です。通信網では信号減衰を防ぐため、間に「中継器」と呼ばれる信号増幅装置をはさみますが、この装置を使えば従来よりも中継間隔長くでき、低コストで大容量データ通信を行うことができます1980年代に入ると、企業向け高速デジタル専用線サービス拡大背景に、急速に普及していきました。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

32M 光伝送装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

OASYS POCKET2

FACOM M-200

FACOM M-780モデルグループ

FACOM 230-60

FM NEW 7

FM 11AD2+

OASYS 40AS

4号電話機





32M 光伝送装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
富士通富士通
Copyright 1994 - 2016 FUJITSU

©2016 Weblio RSS