2000系とは?

2000系

VVVFインバーター制御一般車両で、平成2年5月から高野線で運転。次世代ステンレスズームカーとして外観内装ともにグレードアップ
2000系

2000系 2100形・2200形

2000系

2000系

2000系

2000系

2000系車両

平成5年博多福岡空港延伸合わせて投入された2000系車両。車体オールステンレス製で、1000系と同様、玄界灘イメージした青と白のストライプラインが入っています。フロントガラスには大型曲面一体ガラス採用したことで全体にやさしく、優雅デザインとなっています。

2000系車両

運転台はワンハンドルマスコンタイプを採用地下鉄内の車内信号ATC)と、JR地上信号ATS)の運転を統一して行える運転席となっています。液晶カラーディスプレイには運転支援故障情報などが表示されます。

運転台

室内は、さわやかさと明るさ、そしてゆとりを感じさせる色彩採用。測及び天井サンドベージュ化粧板、妻と袖仕切りにはジョイナスオークの木目座席グリーン系、床の中央明るベージュの砂柄を使用しています。また、大型窓にはピラーがないため、開放的明る室内となっています。

室内

車いすスペースは6両の全車両に設置。1両に4ヶ所出入口の上部に車内案内表示装置設置されており、現在地や次駅を表示するほか左右ドア開閉位置スクロールお知らせします。

車いすスペース
車両諸元
型式 2500(奇数 2000 2100 2000 2100 2500(偶数
車種 Tc M1 M'1 M2 M'2 T'c
自重 29t 34.5t 35t 34.5t 35t 29t
定員 135人 146人 135人
最大長 20500mm 20000mm 20500mm
最大幅 2860mm
最大高 4090mm 4135mm 4090mm 4135mm 4090mm
電車線方式 架空単線式
軌間 1067mm
最高速度 110km/h
加速度 3.5km/h/s(最大)
減速度 3.5km/h/s(常用)、4.0km/h/s(非常用
制御方式 VVVFインバーター制御
ブレーキ方式 回生ブレーキ併用電気演算電気指令直通ブレーキ遅れ込め制御)、保安ブレーキ
列車保安装置 ATCATO、IR、ATS-SK
保有車両数 36両

2000系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/05 05:00 UTC 版)

2000系(2000けい)とは、2000の数値を使用するないしは4桁の数値の内上1桁目が「2」を使用する体系を持つものを指す。




「2000系」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

2000系に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「2000系」の関連用語

2000系のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

1000系

2000系

モハ2形

2000系

3000系

6100系

モハ2形

300型





2000系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
西武鉄道西武鉄道
Copyright(c) SEIBU Railway Co.,LTD. All Rights Reserved.
南海電鉄南海電鉄
Copyright © 2016 Nankai Electric Railway Co.,Ltd.All rights reserved.
箱根登山電車箱根登山電車
Copyright©2016 HAKONE TOZAN RAILWAY Co.,ltd All rights reserved.
愛知環状鉄道愛知環状鉄道
Copyright(C) 2000-2016 Aichi Loop Line CO.,LTD All Rights Reserve
福岡市交通局福岡市交通局
Copyright (c) 1999-2016 Fukuoka City Transportation Bureau. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの2000系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS