1964年夏季オリンピックとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1964年夏季オリンピックの意味・解説 

東京オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/03 05:14 UTC 版)

(1964年夏季オリンピック から転送)

東京オリンピック(とうきょうオリンピック)は、1964年昭和39年)10月10日(後の体育の日)から10月24日の期間にかけて日本東京で開かれた第18回夏季オリンピック




  1. ^ 夏季大会は非開催でも回次はそのまま残るため、東京は回次上では2回目の開催扱いとなる
  2. ^ 朝日新聞1954年(昭和29年)10月10日,6面.
  3. ^ 2013年8月20日20時NHK総合放送「1964東京オリンピック〜第2回オリンピック招致にかけた男たち」
  4. ^ 当時の大卒初任給は国家公務員I種で23,300円であった。
  5. ^ 大毎ニュース 603 オリンピックに時の氏神 1963.02.13 放送ライブラリ
  6. ^ JOC年表 1961 - 1970
  7. ^ この競走で3周遅れの最下位となっても棄権せず完走した、セイロン代表のラナトゥンゲ・カルナナンダピエール・ド・クーベルタンが唱えたオリンピック精神“重要なのは勝つ事ではなく参加する事”を体現したこのエピソードはのちに、背番号から『ゼッケン67』と題して小学校国語の教材になる)。
  8. ^ 東京ふる里文庫11 東京にふる里をつくる会編 『渋谷区の歴史』 名著出版 昭和53年9月30日発行 p205
  9. ^ 日本オリンピック委員会ホームページ内のメモリアルプレイスの記事[1]
  10. ^ 選手村の調理に携わった調理師のエピソードは、『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』の題材になっている(第94回「料理人たち 炎の東京オリンピック」、2002年8月27日放映)。
  11. ^ 東京オリンピックサッカー競技の為に改装工事が行われた。
  12. ^ a b c 2013年8月19日20時NHK総合放送「1964東京オリンピック〜第1回平和の炎が灯った日」
  13. ^ その後も聖火輸送を記念して、YS-11を運航する1社である全日空のYSには「オリンピア」の愛称が付けられていた
  14. ^ トラックから聖火台までの階段の段数については、文献によって163や182など複数の説がある。坂井自身は167段と聞かされていた(小沢剛「心の聖地 スポーツ、あの日から」四国新聞2010年5月11日、20面)。
  15. ^ 突貫工事による開業だったため、日本国有鉄道(国鉄)は路盤の安定に時間がかかるとして一部区間での徐行運転を実施し、東京駅-新大阪駅間は超特急ひかり」でも所要時間が4時間ちょうどに設定された。1年1か月後の1965年昭和40年)11月1日からは3時間10分に短縮された。
  16. ^ 第7回 東京オリンピックの警備を受注 セコムオフィシャルサイト『創業物語』
  17. ^ NHKスペシャル新・電子立国』第5巻「驚異の巨大システム」(相田洋著、日本放送出版協会、1997年)pp.48 - 95
  18. ^ 「2020五輪で東京はこう変わる!大胆予測SPマル秘公開」テレビ朝日 2013年9月8日放送
  19. ^ 2011年7月25日、琉球放送「RBC ザ・ニュース アナログ放送半世紀の歴史に幕」
  20. ^ 美の巨人たち|2014/07/05(土)放送”. TVでた蔵. ワイヤーアクション. 2014年7月12日閲覧。
  21. ^ 1964年東京オリンピックポスター - 日本オリンピック委員会「オリンピックメモリアル Vol.2」(文:三上孝道)
  22. ^ 2014/10/10 『SAYONARA国立競技場 56年の軌跡 1958−2014 』 181頁
  23. ^ オリンピックの用具用品”. 日本スポーツ振興センター. 2013年10月9日閲覧。
  24. ^ a b 野地秩嘉『TOKYOオリンピック物語』小学館、2011年、pp.246 - 247
  25. ^ 野地、2011年、p.247。文部省はすでに都道府県教育委員会に児童生徒が集団鑑賞する通達を出していたが、それについては「取り消さない」との但し書きが着いていた。
  26. ^ 野地、2011年、pp.247 - 248。高峰は市川の監督デビュー作と2作目に主演するなど親しい間柄だった。
  27. ^ 野地、2011年、p.249。河野は高峰の話を笑いながら聞き、「実は映画のことは少しも分からんのだ」と打ち明けたという。
  28. ^ 野地、2011年、p.250。2度面談に同席した高峰によると、その模様は「和気あいあいで歓談しただけ」だったという。
  29. ^ 1985年8月27日『朝日新聞』
  30. ^ ギネスブック'84』講談社、1984年、p452。この記述は日本版で独自に編集された「特集・日本の記録」の項目に記載されたもの。
  31. ^ 朝日新聞・昭和39年6月30日朝刊記事
  32. ^ 朝日新聞・昭和39年5月28日夕刊記事
  33. ^ 朝日新聞・昭和39年6月30日朝刊記事
  34. ^ 伝説の名勝負紹介サイト
  35. ^ NHK注目番組ナビ「よみがえる東京オリンピック」
  36. ^ a b c 朝日ソノラマ「オリンピックの歌」1964年9月発行 ソノシート 「オリンピック音楽作品について」 NHK第二音楽部長 近藤積
  37. ^ なお、北朝鮮がオリンピック記念切手を最初に発行したのも東京オリンピックのときである(内藤陽介『北朝鮮事典―切手で読み解く朝鮮民主主義人民共和国』雄山閣 2001年 ISBN 9784803503166)。
  38. ^ 三島由紀夫「東洋と西洋を結ぶ火――開会式」(毎日新聞 1964年10月11日)、「競技初日の風景――ボクシングを見て」(朝日新聞 1964年10月12日)、「ジワジワしたスリル――重量あげ」(1964年10月13日)、「白い叙情詩――女子百メートル背泳」(報知新聞 1964年10月15日)、「空間の壁抜け男――陸上競技」(毎日新聞 1964年10月16日)、「17分間の長い旅――男子千五百メートル自由形決勝」(毎日新聞 1964年10月18日)、「完全性への夢――体操」(毎日新聞 1964年10月21日夕刊)、「彼女も泣いた、私も泣いた――女子バレー」(報知新聞 1964年10月24日)、「『別れもたのし』の祭典――閉会式」(報知新聞 1964年10月25日)
  39. ^ 国際オリンピック委員会ロゲ会長が来日レセプションの会場にて、東京五輪日本代表男子チーム・女子チームの選手全員に対し 「シンボル・オブ・リコグニッション」を贈呈した。(日本オリンピック委員会 日本オリンピアンズ協会
  40. ^ 朝日新聞昭和39年5月19日朝刊記事
  41. ^ 日韓基本条約の締結は五輪翌年の1965年。
  42. ^ 観客数は1万5172人で、各年の日本シリーズ優勝チーム決定戦での最低観客数記録となっている。試合はジョー・スタンカの完封で南海が阪神に3-0で勝利し、南海としては最後の日本一となった。
  43. ^ 2013年8月21日20時NHK総合放送「1964東京オリンピック〜第3回1億人の勝利をアスリートたちの挑戦」






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「1964年夏季オリンピック」の関連用語

1964年夏季オリンピックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

SH004

布切はさみ

クバ・リブレ

PC-9801F1/F2

月山和紙

査察広報車

フラワーライト

さんふらわあ だいせつ





1964年夏季オリンピックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京オリンピック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS