鹽竈神社とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 寺社仏閣 > 神社 > 鹽竈神社の意味・解説 

鹽竈神社

名称: 鹽竈神社
ふりがな しおがまじんじゃ
名称(棟): 宮本殿
名称(ふりがな): さぐうほんでん
番号 2414
種別1: 近世以前神社
国宝重文区分 重要文化財
指定年月日 2002.12.26(平成14.12.26)
員数(数): 1
員数(単位):
代表都道府県 宮城県
都道府県 宮城県塩竈市一森山
所有者名: 志波彦神社
鹽竈神社
指定基準 (三)歴史的価値の高いもの (五)流派的又は地方特色において顕著なもの
管理団体名:
管理団体住所
管理団体指定年月日
構造形式 三間社流造檜皮葺
時代区分 江戸中期
年代 宝永元(1704)
解説文: 鹽竈神社は塩竈湾を東に望む高台位置し,古代より陸奥国一之宮として崇敬された古社である。現在の社殿は,宝永元年(1704)に完成したものである。南面する左宮と右宮,西面する別宮,さらに門及び廻廊楼門鳥居からなる
 左宮と右宮の本殿は,同寸同大同形式の三 間 社 流 造である。入母屋造拝殿は,寛文3年(1663)の拝殿を再用している。別宮本殿一棟であるが,他は基本的に左宮・右宮と同じで,拝殿寛文3年本殿を再用している。
 鹽竃神社は,類例ほとんどない社殿構成で,整然とした配置計画優れている
 本殿幣殿廻廊は,正統装飾をおさえた意匠で,拝殿古風細部様式や門等の華やか様式絶妙諧調を創り出すなど,創意工夫顕現された江戸中期神社建築として,価値が高い。

塩竈神社


塩竈神社


塩竈神社


塩竈神社


塩竈神社

神社名辞典では1989年7月時点の情報を掲載しています。

鹽竈神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/28 23:00 UTC 版)

志波彦神社・鹽竈神社(しわひこじんじゃ・しおがまじんじゃ)は、宮城県塩竈市にある神社(二社が同一境内に鎮座)。志波彦神社は式内社名神大社)。鹽竈神社は式外社陸奥国一宮。両社合わせて旧社格国幣中社で、現在は神社本庁別表神社神紋は「塩竈桜」。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 押木耿介『鹽竈神社』(学生社、2005年(平成17年)6月)では、冠川(かんむりがわ)と言う呼び名を、志波彦神が降臨した川 = 神降川(かみふりがわ)が転訛したものであるとする説を紹介している。
  2. ^ 押木耿介『鹽竈神社』(学生社、2005年6月)では、塩土老翁神の幸御魂とする説の他、“物のシワ”すなわち国土の端を意味するところから北限の神とする説を紹介している。
  3. ^ 押木耿介『鹽竈神社』(学生社、2005年6月)によれば縦5尺横6尺。
  4. ^ 嵯峨天皇御代の弘仁3年(812年)7月10日に従二位神階が昇叙されたことが『類聚国史』に記されている、とする文書がある。しかしながら、『日本後紀』の弘仁3年の条にそのような記録は無い。『類聚国史』は六国史の抜粋であるから、当然、親本となる『日本後紀』に同じ記載が無ければならない。『鹽竈神社史』においてもこの点を指摘したうえで、国史に神階昇叙の記録が無いことを怪しんだ者が偽書を作成したのではないか、と推測している。
  5. ^ 押木耿介『鹽竈神社』(学生社、2005年6月)では、正税からの祭祀料支出と神階昇叙が無いことに対し、国家のやや相反する鹽竈神社への崇敬の意味はどう解すべきか、と疑問を投げかけている。
  6. ^ 左経記』および『日本紀略』における寛仁元年(1017年)10月2日の条の記述による。鹽竈神社の名が出ているのは『左経記』の方である。また『左経記』には納められた神宝が記載されており、その内容は紫綾蓋1蓋、平文野剣1腰、赤漆弓1張、箭(矢)4筋、平文鉾1本、五寸鏡1面、平文麻桶1口、平文線柱1本であったと記している。『鹽竈神社史』では、この大神宝使派遣と『吾妻鏡文治6年(1190年)の記述とを合わせ、当社が奥州第一の大社と言えるのではないかと評している。ちなみに 薗田 稔 高橋政宣 編 『神道史大辞典』(吉川弘文館、2004年7月)には、大神宝使とは由緒ある諸社に対し天皇即位の由を奉告するため大神宝大幣帛を奉る使いで、中世には派遣が途絶えてしまったとの説明がある。
  7. ^ 「文治燈篭」または「文治鉄燈」と呼ばれ、現在も左右宮拝殿前にある。はじめは九輪、風鐸、露盤が屋上に架せられていたが、長い年月を経たことによる損傷で現在はない。藤原秀衡の三男である和泉三郎忠衝より寄進されたことが扉の碑文に記されている。松尾芭蕉の『おくのほそ道』に、鹽竈神社を訪ねてこの鉄燈を見た芭蕉が、最後まで源義経に付き従った和泉三郎忠衝に対し「義勇の士」として思いを馳せたことが記述され、広く知られるようになった。文化13年(1816年)の名所案内 『陸奥名碑略』 において松尾芭蕉が訪ねた場所として紹介され、また天保11年(1840年)には小池曲江が『芭蕉翁見文治燈図』を描くなどしている。
  8. ^ 『鎌倉遺文』661号 『将軍家政所下文』に「将軍家政所下 陸奥国竹城保◆ 可早任先例引募一宮塩竈社臨時祭料田弐町伍段事」とある。◆は欠損により文字が読めない部分。
  9. ^ 竹城保は平安末期より宮城郡から独立した陸奥国府の特別行政区で、いくつかの鹽竈神社社領があったと考えられている。現在の松島町高城を中心とした地域。
  10. ^ 大塚統子『「一宮記」の諸系統 -諸本の書誌的考察を中心に-』では、『大日本国一宮記』は卜部宿禰奥書の『諸国一宮神名帳』を基に『延喜式神名帳』の式内社を強く意識して編纂されたため、式外社の鹽竈神社は記載から外されたのではないかと考察している。大塚統子『「一宮記」の諸系統 -諸本の書誌的考察を中心に-』は 一宮研究会編『中世一宮制の歴史的展開 下:総合研究編』(岩田書院、2004年12月)に所収。
  11. ^ 大林太良『私の一宮巡詣記』(青土社、2001年9月出版)では論社を整理するため、式内社では無く『大日本国一宮記』にも掲載されていない鹽竈神社を自分の巡詣対象から外すこと、鹽竈神社は近世以降の一宮と言われていることを述べている。
  12. ^ 橘三喜が著した『諸国一宮巡詣記』によると、橘三喜は現在の宮城県黒川郡大和町方面へ先に足を延ばした後、延宝6年(1678年)6月9日に松島に至り瑞岩寺や五大堂などを観光、その日の暮れに塩竈に入った。翌6月10日鹽竈神社へ詣で、縁日の御供をしていた宮司に由来を尋ねたが知る人は無かったと記録している。また、創建時期についても綏靖天皇の御代とも、仲哀天皇の御代とも伝えられていると言われた、と記録している。この記述から、四代藩主綱村元禄6年(1693年)に鹽竈社縁起を編纂させるまで、宮司も由来をはっきり知らなかったことがわかる。また、6月10日の記述には、鹽竈明神の添書きに「奥州一宮宮城郡鹽竈大明神高彦根命」と記載されている。『諸国一宮巡詣記』は佐伯有義編『神祇全書 第2輯』(皇典講究所、1907年2月)に所収。
  13. ^ 寛永21年(1644年)8月14日の二代藩主忠宗黒(墨)印状により安堵された社領。しかしながら、高橋正己『鹽竈神社旧社家の歴史』(鹽竈神社旧社家献膳講、1981年12月) によれば、初代藩主政宗留守氏時代の社領を没収したうえで改めて寄進しており、寄進された社領は元の知行高を遥かに下回ったとしている。二代藩主忠宗の黒(墨)印状は鹽竈神社所蔵。

出典

  1. ^ 鹽竈神社御由緒「社殿の不思議」(陸奥国一宮 塩釜神社)
  2. ^ 日本三代実録の記述による。
  3. ^ a b 歴史をひもとく 1「岩切の古城/寺・神社」(仙台市市民センター)
  4. ^ 吾妻鏡』の文治6年(1190年)の条の記述による。
  5. ^ a b 2 自然環境 地形・地質 図2-1 埋立状況(塩竈市)
  6. ^ 塩竈市の水道の歴史(塩竈市)
  7. ^ 文化財建造物の説明は「新指定の文化財」『月刊文化財』471号、第一法規、2002による。
  8. ^ a b c 志波彦神社鹽竈神社社務所編『鹽竈神社史』(志波彦神社鹽竈神社社務所、1930年(昭和5年)12月)に所収。
  9. ^ 塩竃神社(宮城県東京事務所)


「鹽竈神社」の続きの解説一覧





鹽竈神社と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鹽竈神社」の関連用語

鹽竈神社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




鹽竈神社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2014 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鹽竈神社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS