鳴門の渦潮とは?

鳴門の渦潮

徳島県鳴門市

●よく聞ける時期
春と秋大潮時期

●よく聞けるところ
観潮船に乗れば、間近見て聞くことができる。

寄りみち
鳴門市の西、坂東第一次世界大戦中、俘虜となったドイツ兵の収容所一帯資料館公園になっているドイツ館がある。近くにはばんどうの鐘やドイツ橋などもみられる

鳴門の渦潮 渦潮が巻く鳴門海峡は、鳴門市淡路島との間約1.3キロの狭い瀬戸だ。この海峡を境として潮の干満により、瀬戸内海側と紀伊水道側の潮位に差が生じて、地形の複雑さの手伝って渦潮ができる。

 潮流速さはふつう時速1315キロくらいだが、春と秋大潮時には時速20キロにもなり、ゴウゴウと唸る渦の直径20メートルにも達するという迫力である。

 昭和60年1985)には、鳴門海峡渦潮をまたぐように、全長1629メートルの「大鳴門橋」がけられた。この周辺鳴門公園と呼ばれ、同6年1931)に「史跡名勝天然記念物」に指定、同25年(1950)には「瀬戸内海国立公園」に編入され、観光地としても有名だ。

アクセス

列車タクシーJR鳴門駅からタクシーで約15分。
バス鳴門公園線で約20分。
マイカー本四道路鳴門北ICから約5分。
観潮船鳴門観光港、亀浦漁港発で観潮船発着

問合せ先
鳴門市経済部観光課・徳島県鳴門市撫養町南浜東浜170、0886・84・1157


鳴門の渦潮

作者如月文実

収載図書4コマ物語 起承転落
出版社文芸社
刊行年月2002.2


鳴門の渦潮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/01 02:34 UTC 版)

鳴門の渦潮(なるとのうずしお)は、徳島県鳴門市兵庫県南あわじ市の間にある鳴門海峡で発生する渦潮である。大潮の際にはの直径は最大で30mに達するといわれ[1]、渦の大きさは世界でも最大規模といわれる[2]


  1. ^ 南あわじ市の概要”. 南あわじ市秘書課 (2015年4月6日). 2016年11月3日閲覧。
  2. ^ 渦の道ウェブサイト「渦潮の魅力」2012年1月23日閲覧
  3. ^ 神戸新聞NEXT|社会|「鳴門の渦潮」世界遺産に 兵庫、徳島県が推進2014年10月25日閲覧
  4. ^ うずしお観光船 知ろう! 渦潮のこと 鳴門の渦潮はこうしてできるより。
  5. ^ 渦の道展望室ウェブサイト
  6. ^ 実際、開通当初には橋上から見ようとするドライバーが後を絶たなかった。そのため、橋上の路側帯には「停駐車禁止 路側走行禁止」(原文ママ)の文字が全線にわたって書かれており、またスピーカーも設置されている。


「鳴門の渦潮」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鳴門の渦潮に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鳴門の渦潮」の関連用語

鳴門の渦潮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

道後温泉振鷺閣の刻太鼓

阿波踊り

彦根城の時報鐘と虫の音

奥入瀬の渓流

麻綿原のヒメハルゼミ

上野のお山の時の鐘

琴引浜の鳴き砂

水琴亭の水琴窟





鳴門の渦潮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳴門の渦潮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS