鳴弦とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 鳴弦の意味・解説 

めい げん [0] 【鳴弦】

邪気を払う呪(まじな)いとして弓の弦を鳴らすこと。天皇入浴病気皇子誕生などの際に行われ,後には貴族武家でも行なった。つるうちゆみづるうち。 「御悩の剋限に及で-する事三度の後/平家 4

鳴弦

読み方:メイゲン(meigen)

弓の霊力で妖意を退散させるための儀礼


めいげん 【鳴弦】

弓の弦を鳴らすことだが、日本では早くから悪魔退散させる呪法として行われ弦打ちともいった。天皇入浴病気出産夜中警護不吉場合などに行われ、とくに御湯殿の儀式皇太子高貴新生児入浴初め)に行った。鎌倉時代以降武家年初めの湯殿開き儀式も、これに準じた。

めいげん〔鳴弦〕

弓の弦を引き鳴らしている構図
昔、弓の弦を強く引き鳴らして魔を払ったという故事があり、今日宮中行われている。それより取材した構図

鳴弦の儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/25 05:23 UTC 版)

(鳴弦 から転送)

鳴弦の儀(めいげんのぎ)はを使用した日本儀礼のひとつ。弦打の儀(つるうちのぎ)とも呼ばれる。




「鳴弦の儀」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鳴弦」の関連用語

鳴弦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

玉櫛

垂髪

三棚

三方飾

古今雛

内裏雛

お伽犬

内裏雛





鳴弦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2017 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳴弦の儀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS