魚類のクドア症原虫とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 原虫 > 魚類のクドア症原虫の意味・解説 

魚類のクドア症原虫 [Kudoa amamiensis,K.iwatai,K.musculoliquefaciens,K.pericardialis,K.shiomitsui]

 海産魚クドア症の原因として、日本外国多種ミクソゾア類、クドア属の粘液胞子虫発見されている。この原虫寄生する種も多く、その部位も種によって違っているが筋肉が多い。とくにブリ大西洋ニシンメカジキスズキマダイイシガキダイトラフグなどの重要な水産種に寄生するクドア多く一般にに害はあまりないが、筋肉内に白い粒状シスト多数つくるクドア(K.amamiensis,K.iwatai)や、いわゆるジェリーミートになるクドア(K.musculoliqefaciens)、心臓寄生するクドア(K.pericardialis,K.shiomitsui)などで、食品価値下げることが問題になる。
これらの原虫のシスト球状場合紡錘型の場合がある。シスト内にできる胞子は端に4ケ、6ケときには7ケの極嚢(きょくのう)をもつ場合がある。なお、スズキの脳に寄生して、魚体が曲がる脳粘液胞子虫症の原虫クドア属とは別の新種で、セプテムカプスラ・ヤスナガイ(Septemcapsula yasunagai)が報告されているが確定はされていない





魚類のクドア症原虫と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

魚類のクドア症原虫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




魚類のクドア症原虫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2014 Fumiaki Taguchi

©2014 Weblio RSS