鬼ぐるまとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 鬼ぐるまの意味・解説 

鬼ぐるま,ころがし (おにぐるま)

鬼ぐるま 地方名は、ころがしとも呼ばれる田植え前に田面人力ころがし表層破砕しながら土壌軟らかにし、さらに田面浮いている雑草うめこみ用として、大正時代から昭和20年代前半まで使用された。砕土要部は、木製の6角筒(長さ57.5cm)の一辺に6本の直線状の歯桿(長さ9.5cm)が取付けられ、この歯桿の回転によって土塊砕土整地稲株雑草うめこみを行っていた。支柱長さ127cm、重さ4.8kgである。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

鬼ぐるまのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

井戸車

畜力用作畦培土機

紡器

杵

わら切機

畜力用中耕除草機

たたき棒

金ごき





鬼ぐるまのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS