馬 英九とは?

馬英九

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/10 12:06 UTC 版)

馬 英九(ば えいきゅう、マー・インチウ、1950年7月13日 - )は中華民国政治家法学博士ハーバード大学)。現在、中華民国総統(第12代、第13代)。


[ヘルプ]
  1. ^ 10月31日説もあり。
  2. ^ 「馬出生地版本多」 自由時報、2008年3月8日。
  3. ^ http://tw.news.yahoo.com/%E9%A6%AC%E8%8B%B1%E4%B9%9D%E5%81%A5%E6%AA%A2-%E8%AE%8A%E8%83%96%E5%8F%88%E8%AE%8A%E7%9F%AE-203142072.html
  4. ^ http://www.taipeitimes.com/News/front/archives/2009/03/07/2003437835
  5. ^ 中国、台湾に向けた短距離ミサイルを約1500基に増強=台湾高官ロイター2009年2月13日
  6. ^ 台湾のコンビニで毛沢東フィギュア販売ロイター2008年10月31日
  7. ^ 中国、台湾に向けた短距離ミサイルを約1500基に増強=台湾高官ロイター2008年3月24日
  8. ^ 台湾、域内企業の対中国投資制限を7月にも緩和へ=経済部長ロイター2008年6月23日
  9. ^ “馬英九氏、中国国民党主席に当選”. 中国国際放送局. (2009年7月27日). http://japanese.cri.cn/881/2009/07/27/1s144309.htm 2009年7月30日閲覧。 
  10. ^ “台湾・馬英九総統、与党・国民党主席に就任”. 読売新聞. (2009年10月17日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091017-OYT1T00892.htm 2009年11月1日閲覧。 
  11. ^ “台湾総統、台風8号への対応遅れで陳謝 辞任は否定”. CNN.co.jp. (2009年8月17日). http://www.cnn.co.jp/world/CNN200908170005.html 2009年8月17日閲覧。 
  12. ^ “台湾総統、台風8号への対応遅れで陳謝 辞任は否定”. CNN.co.jp. (2009年8月17日). http://www.cnn.co.jp/world/CNN200908170005.html 2009年8月17日閲覧。 
  13. ^ “馬総統が小林村を初視察=被災者から非難噴出-台湾”. 時事通信. (2009年8月19日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009081900691 2009年8月19日閲覧。 
  14. ^ “台湾:与党・国民党後退、馬総統人気に陰りも 統一地方選”. 毎日新聞. (2009年12月5日). http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20091206k0000m030077000c.html 2009年12月10日閲覧。 
  15. ^ “台湾補選、3選挙区で与党全敗 馬政権の低迷深刻”. 朝日新聞. (2010年1月9日). http://www.asahi.com/international/update/0109/TKY201001090280.html 2010年1月20日閲覧。 
  16. ^ “台湾の4補選で与党3敗、馬政権の退潮止まらず”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年2月27日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100227-OYT1T01068.htm 2010年2月28日閲覧。 
  17. ^ “王廷升險勝 蕭美琴漂亮一仗 2010/02/27 民視新聞”. (2010年2月27日). http://www.youtube.com/watch?v=pKrDOBvP8Ss 2010年2月28日閲覧。 
  18. ^ “台湾:総統選へ本格始動 5大市市長選の得票率、野党が上回る 与党、党勢立て直しへ”. 毎日新聞. (2010年11月29日). http://mainichi.jp/select/world/news/20101129ddm007030166000c.html 2010年12月18日閲覧。 
  19. ^ 中選會公告第13任總統、副總統當選人_明送當選證書/msn新聞-中時電子報(繁体字中国語),2012年2月7日閲覧。
  20. ^ 各国・地域情勢-台湾(外務省HP)(日本語)、2012年2月7日閲覧。
  21. ^ “台湾総統選、馬英九氏が再選…対中融和継続へ”. 読売新聞. (2012年1月14日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120114-OYT1T00700.htm 2012年1月15日閲覧。 
  22. ^ 大谷麻由美 (2012年5月20日). “台湾:中台関係「三つのノー」維持 馬総統2期目就任”. 毎日jp (毎日新聞社). http://mainichi.jp/select/news/20120521k0000m030059000c.html 2012年7月15日閲覧。 
  23. ^ 国民党の党憲章から「統一」が消え、「台湾」が登場台湾国際放送、2007年5月28日。
  24. ^ 【中国時報】国民党規約に「台湾」 総統選挙に向けアピール琉球新報、2007年6月4日。
  25. ^ 阿部純一 (2014年5月6日). “中国への接近に「NO」を突きつけた台湾の「ひまわり学運」 方向転換を迫られる馬英九政権”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40558 2014年5月6日閲覧。 
  26. ^ “台湾学生ら、立法院占拠 中国との協定めぐり与党に抗議”. 朝日新聞. (2014年3月19日). http://www.asahi.com/articles/ASG3M4FHTG3MUHBI00V.html 2014-3-23]閲覧。 
  27. ^ “台湾の学生側集会に首相、対話は決裂 立法院占拠”. 朝日新聞. (2014年3月22日). http://www.asahi.com/articles/ASG3Q6DPFG3QUHBI00S.html 2014-3-23]閲覧。 
  28. ^ “立法院占拠の台湾学生、抗議拡大へ 長期化の可能性も”. 朝日新聞. (2014年3月21日). http://www.asahi.com/articles/ASG3P5F53G3PUHBI013.html 2014-3-23]閲覧。 
  29. ^ 馬英九氏:「大陸訪問も」尖閣問題で日本に注文サーチナ、2005年7月18日。
  30. ^ ◆【特報】香港保釣行動委員会 曽健成委員に聞く-世界日報2006/9/6
  31. ^ ダブル選挙現地リポート - 香港ポスト - 香港日本語新聞
  32. ^ 台湾の高金素梅氏、米で日本の植民地支配を告発へ人民日報日本語版、2005年9月16日。
  33. ^ 【コラム】「極楽台湾」騒動、台北の夜を揺るがす」 NNA.ASIA、2002年12月27日。
  34. ^ 馬英九氏『反日』を否定 都内で懇談 尖閣平和解決訴え東京新聞、2007年11月24日。
  35. ^ 日人抗議馬「反日媚中」」自由時報、2006年7月11日。
  36. ^ 馬離日 抗議聲浪相送」 自由時報、2007年11月24日。
  37. ^ [1]サーチナ2010年12月27日記事。環境網。
  38. ^ [2]サーチナ2010年12月27日記事。環境網。


「馬英九」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「馬 英九」の関連用語

馬 英九のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




馬 英九のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬英九 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS