馬頭観音とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > > 観音 > 馬頭観音の意味・解説 

ばとう かんのん -くわんおん 【馬頭観音】


馬頭観音

読み方:バトウカンノン(batoukannon)

六観音八大明王の一。

別名 馬頭明王


馬頭観音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/26 17:17 UTC 版)

馬頭観音(ばとうかんのん / めづかんのん、: हयग्रीव [hayagrīva]、ハヤグリーヴァ)は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、いわゆる「六観音」の一尊にも数えられている。柔和相と憤怒相の二つの相をもち、日本では柔和相の姿はあまり知られておらず作例も少ない。そのため、観音としては珍しい忿怒の姿をとるとも言われ、通例として憤怒相の姿に対しても観音と呼ぶことが多いが、密教では、憤怒相の姿を区別して馬頭明王とも呼び、『大妙金剛経』に説かれる「八大明王」の一尊にも数える。




[ヘルプ]
  1. ^ 『如意輪観音・馬頭観音像』(至文堂)、p54。
  2. ^ 『馬頭観音供』(芝金聲堂)、pp.56-58。
  3. ^ 「得自性清浄法性如来」は、「蓮華王菩薩」ともいう。
  4. ^ 『秋季特別展 馬頭観音信仰のひろがり』(馬の博物館)、p38。
  5. ^ 『秋季特別展 馬頭観音信仰のひろがり』(馬の博物館)、p34。
  6. ^ 『秋季特別展 馬頭観音信仰のひろがり』(馬の博物館)、p51。
  7. ^ 大護八郎 著 「馬に関する信仰と馬頭観世音」(『日本の石仏』 季刊第10号 特集・馬頭観世音)、pp.4-10。
  8. ^ 「西蔵仏教宗義研究 第三巻 トゥカン『一切宗義』 ニンマ派の章」(東洋文庫)、pp.108-109、p161。
  9. ^ 『大チベット展』(株式会社毎日コミュニケーションズ)、図版 ツ73-1〜ツ73-9。
  10. ^ 蓮華部を守る憤怒尊で「蓮華口密」の意味。
  11. ^ 『チベットの仏たち』(方丈出版)、pp.60-64。
  12. ^ 『清宮藏傳佛教文物』(故宮博物院紫禁城出版社)、p106、p224。
  13. ^ 『馬頭観音供』(芝金聲堂)、p35、p43。『六観音合行供』(芝金聲堂)、p43、p47。
  14. ^ 三目は、額に縦に一目を有する。
  15. ^ この経典の読み名は、『せいかやぐりばだいいぬおうりっせいだいしんげんくようねんじゅぎき』となる。
  16. ^ この経典の読み名は、『せいやまんとくいおうりっせいだいしんげんねんじゅほう』となる。
  17. ^ この経典の読み名は、『かやぐりばぞうほう』となる。
  18. ^ この経典の読み名は、『かやぐりばかんぜおんぼさつじゅほうだん』となる。
  19. ^ 羽田守快『あなたを幸せにみちびく 観音さま』、大法輪閣、p. 127、2014年5月
  20. ^ 秋山学『呉音から西洋古典語ヘ(第1部)印欧語文献としての弘法大師請来密教経典』、文藝言語研究. 言語篇 -(61)、p.13、 2012年、筑波大学文藝・言語学系
  21. ^ 『観音像』(至文堂)、p70。
  22. ^ 「根本馬口印」は、別名を「馬頭根本印」、「馬口印」ともいう。
  23. ^ 『房総の馬乗り馬頭観音』(たけしま出版)、pp.14-23。
  24. ^ 『ボストン美術館蔵馬頭明王像』(美術史學會)、pp.140-142。
  25. ^ 『法界源流圖』(商務印書館有限公司)、第37図。







馬頭観音と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「馬頭観音」の関連用語

馬頭観音のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

921T

キャビネット

クラウンジッパー

白浜中央海水浴場

トラクション

紀三井寺の三井水

W61SH

内記組





馬頭観音のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬頭観音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS