飯塚翔太とは?

飯塚翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/14 09:47 UTC 版)

飯塚 翔太(いいづか しょうた、1991年6月25日 - )は、日本陸上競技選手、専門は短距離走静岡県御前崎市出身。藤枝明誠高等学校中央大学卒業、ミズノ所属。




  1. ^ a b c 「「和製ボルト」は18歳 中大1年・飯塚翔太 陸上・関東学生対校選手権」 『朝日新聞』2010年5月24日東京夕刊、スポーツ1面、9頁。
  2. ^ 「和製ボルト」飯塚翔太、世界ジュニアで「金」 YOMIURIONLINE (2010-07-24). 2010年8月1日閲覧。
  3. ^ 「陸上:世界ジュニア選手権 二百V飯塚ら、ロンドンへ新戦力 メダル5個、最多タイ」 『毎日新聞』2010年7月27日東京朝刊、運動面、19頁。
  4. ^ 平成22年度JOCスポーツ賞受賞者一覧(PDF)をダウンロード (PDF, 65.5 KB) (2011-04-16). 2013年11月21日閲覧
  5. ^ 飯塚、歴代3位の20秒21 派遣記録も突破、静岡陸上 スポニチ Sponichi Annex (2013-05-3). 2013年11月21日閲覧。
  6. ^ 飯塚、ハイレベルな男子200で初V/陸上 SANSPO.COM (2013-06-10). 2013年11月21日閲覧。
  7. ^ 山県亮太、銀も「満足できない」/ユニバ nikkansports.com (2013-07-13). 2013年11月21日閲覧。
  8. ^ ロンドン五輪代表の飯塚&ディーン 来春ミズノ入社 スポニチ Sponichi Annex (2013-07-23). 2013年11月21日閲覧。
  9. ^ 日本6位入賞、男子400R決/世界陸上 nikkansports.com (2013-8-19). 2013年11月21日閲覧。
  10. ^ 飯塚翔太が専門外で10秒22/陸上 nikkansports.com (2013-9-7). 2013年11月21日閲覧。
  11. ^ 選手団主将・飯塚「めっちゃ緊張」 nikkansports.com (2013-10-2). 2013年11月21日閲覧。
  12. ^ 飯塚2位、ケンブリッジ飛鳥が優勝/東アジア大会 SANSPO.COM (2013-10-7). 2013年11月21日閲覧。
  13. ^ 日本男子、400リレーで優勝=卓球女子団体は銀-東アジア大会 時事ドットコム (2013-10-9). 2013年11月21日閲覧。
  14. ^ 日本、男子400Mで5位!世界選手権の切符獲得/陸上 サンスポ SANSPO.COM (2014-5-27). 2014年7月17閲覧。
  15. ^ <陸上日本選手権>男子200 高瀬2位、飯塚3位 静岡新聞 (2014-6-8). 2014年7月17閲覧。
  16. ^ 最高峰の舞台での惨敗 飯塚翔太が語った「ギャップ」と「誓い」 MSN産経ニュース (2014-6-22). 2014年7月17閲覧。
  17. ^ 男子1600mリレー4大会ぶり金 陸上”. 日刊スポーツ (2014年10月2日). 2014年10月15日閲覧。
  18. ^ 「和製ボルト」世界ジュニアで金 陸上・飯塚翔太(上)”. 日本経済新聞 (2015年5月23日). 2015年8月8日閲覧。
  19. ^ 「総特集 日本選手権 白熱の男子スプリント ラウンド1 男子200m」、『月刊陸上競技』第49巻第9号、講談社、2015年8月号、 12-13頁。
  20. ^ 【陸上】男子400Mリレー、予選とは「別人」の米国、ジャマイカと勝負でメダル狙う”. スポーツ報知 (2016年8月20日). 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  21. ^ 陸上男子400mリレーで日本が銀メダル”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2016年8月20日). 2016年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  22. ^ a b c d 「Gold Medalist Interview」、『月刊陸上競技』第44巻第11号、講談社、2010年10月号、 44-47頁。
  23. ^ a b c 広報おまえざき2012年7月号 (PDF, 3.0 MB) 2013年11月30日閲覧
  24. ^ 【7】「五輪はスタートライン」 YOMIURI ONLINE 読売新聞 (2012-08-01). 2013年11月30日閲覧。
  25. ^ 中大・五輪トリオ壮行会で飯塚ら意気込み”. 日刊スポーツ (2012年6月22日). 2017年4月10日閲覧。
  26. ^ 【陸上】第2走者・飯塚、入場時の「侍ポーズ」を提案…男子400Mリレー”. スポーツ報知 (2016年8月21日). 2017年4月10日閲覧。
  27. ^ 全てのカテゴリーのオリンピック(オリンピックユースオリンピック)と世界選手権(世界選手権世界ジュニア選手権世界ユース選手権)を通じて
  28. ^ 決勝は未出走。決勝の中央大は39秒30で優勝
  29. ^ 決勝は未出走。決勝の中央大は39秒73で2位


「飯塚翔太」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「飯塚翔太」の関連用語

飯塚翔太のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

野口みずき

吉形政衝

竹澤健介

笹野浩志

早狩実紀

十亀慎也

陣内綾子

森本友





飯塚翔太のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本陸上競技連盟日本陸上競技連盟
(C) 2017 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飯塚翔太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS