頭文字Dとは?

頭文字D

原題:
製作国:日本
製作年:2001
配給:東映
スタッフ
監督:山口史嗣 ヤマグチノリツグ
製作:依田巽 ヨダタツミ
製作総指揮:宇佐美廉 ウサミヤスシ
プロデューサー:福田佳与 フクダヨシヨ

長澤隆之 ナガセタカユキ
原作:しげの秀一 シゲノシュウイチ
脚本:戸田博史 トダヒロシ

岸間信明 
企画:庄司隆三 

林真司 ハヤシシンジ
作画監督:香月邦夫 コウヅキクニオ

河南正昭 

外崎晴雄 トザキハルオ
撮影:め組 メグミ
キャラクター・デザイン:佐藤和巳 サトウカズミ
アニメーション監督:わたなべひろし 
音楽:勝又隆一 カツマタリュウイチ
歌:move ムーブ

Every Little Thing エブリリトルシング
美術:宮前光春 ミヤマエミツハル
編集:掛須秀一 カケスシュウイチ
録音:山田富二男 ヤマダフジオ
その他:佐藤和巳 サトウカズミ

土屋圭市 ツチヤ

ホットバージョン編集部 ホットバージョンヘンシュウブ

松浦勝人 マツウラカツヒト

宮本逸雄 ミヤモトイツオ

三間雅文 

さいとうたけし サイトウタケシ

小山健二 

倉橋静男 

豊柱政弘 トヨハシマサヒロ

小原渉平 

小原渉平 

影山楙倫 

長尾聡浩 

パステル パステル

松本真司 マツモトシンジ

浅見隆司 

田中穣 タナカ

AMGA エーエムジーエー

紅慶 コウケイ

三橋曜子 ミハシヨウコ
キャスト(役名
三木眞一郎 ミキシンイチロウ (藤原拓海
岩田光央  (武内イツキ)
川澄綾子 カワスミ (茂木なつき
石塚運昇 イシヅカ (藤原文太
矢尾一樹 ヤオカズキ (池谷浩一郎
高木渉 タカギワタル (健二)
西村知道 ニシムラトモミチ (祐一)
子安武人 コヤスタケヒト (高橋涼介
関智一 セキトモカズ (高橋啓介
田中正彦 タナカマサヒコ (須藤京一)
川原和久  (岩城清次)
神奈延年 カンナノブトシ (小カイ
有本欽隆 アリモトキンリュウ (小健)
山崎たくみ ヤマザキタクミ (御木先輩
檜山修之 ヒヤマノブユキ (中里毅)
藤原啓治 フジワラケイジ (庄司慎吾)
根谷美智子 ネヤミチコ (佐藤真子
かかずゆみ カカズユミ (沙雪
岡野浩介 オカノ (中村賢太
細井浩 ホソイヒロシ (広報部長
解説
天性走り屋ある青年の、最速に懸けた青春を描いた長篇アニメーション監督山口史嗣しげの秀一による原作コミックを基に、「剣之介さま」の戸田博史と「ドラえもん のび太の宇宙漂流記」の岸間信明共同脚本執筆。声の出演に「劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王」の三木眞一郎
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
走り屋チーム“レッドサンズ“のリーダー・涼介に県外遠征チーム加入を誘われながら自分自身方向性を見出せず即答することの出来ない拓海。そんな折、彼は父親・文太のライヴァルだった小健の息子カイ挑戦状叩きつけられ、それを受けることになる。いろは坂舞台に展開される因縁対決。果たして、拓海はそのバトル勝利するも、未だ自分父親の手の内にあることをまざまざと感じてしまう。季節変わり、冬。卒業までに拓海と仲直りしたいと願うなつきに、拓海は胸の内告白される。しかし、彼は彼女の気持ちを受け入れることが出来ない。ところが、先輩レイプされそうになったなつきを助けたことで、漸く彼女が自分にとってかけがえのない存在であることに気づくのであった。そして、春。涼介のチーム参加することを決めた拓海は、運送仕事しながら次のステージへ向けて走り出す。

頭文字D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/01 15:04 UTC 版)

頭文字D』(イニシャル・ディー / 英語表記: Initial D) は、しげの秀一による日本漫画作品、またそれを原作にしたテレビアニメ映画を指す。通称「イニD」。峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする、走り屋の若者たちを描いた作品である。




  1. ^ 同年11月4日にアニマックスで第1話のみ先行放送。
  2. ^ その後もリピート放送あり。ただし、放送チャンネルであるパーフェクト・チョイス2013年9月30日に全放送を終了した。
  3. ^ 日本郵便株式会社がインターネット上で配布している「郵便番号データダウンロード」によると、日本国内において「秋名」と表記する部分が含まれる地名は鹿児島県大島郡龍郷町秋名を除いて実在しない。 http://www.post.japanpost.jp/zipcode/dl/kogaki/zip/ken_all.zip 2013年8月28日閲覧
  4. ^ http://mantan-web.jp/2013/07/22/20130721dog00m200012000c.html
  5. ^ オフィシャルファンブック「頭文字D ALL ABOUT THE BATTLE」より。
  6. ^ この4選手はいわゆる走り屋出身で、ハチロクに乗っていたこともある。
  7. ^ 「頭文字D」と「電車でD」がついに共演?コミケ86/MEGA WEB/東京ジョイポリスが連動イベントを実施(インサイド)(2014.8.12)
  8. ^ 第3巻の巻末コメントより
  9. ^ 『頭文字D』第39巻に関するお知らせ
  10. ^ 「頭文字D」次号で18年の連載に幕、アニメ映画制作も決定
  11. ^ 連載18年「頭文字D」完結 新アニメシリーズ&劇場版の制作も決定”. 映画.com (2013年7月24日). 2013年7月27日閲覧。
  12. ^ CG制作には、First Stageでは、LightWave、Fourth Stageでは、3ds Maxが使用されている。Second Stage途中までは、車両の映像の一部、主に停車中のシーンは3DCGではなく、2Dアニメとして描かれていた。その後はほぼ全てに3DCGが採用され、Fourth Stageからはトゥーンレンダリングを使用、他シーンとの親和性が増している。
  13. ^ "帰ってきた週間買っとけ!DVD 第208回:CGなしの生“慣性ドリフト”と“溝落とし”のド迫力! 下り最速伝説「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE」". AV Watch.(2006年2月28日)2013年11月9日閲覧。
  14. ^ このソフトは、安田兼盛のホームページカネモリ製作所で試用版をダウンロードできる(製品版は、安田兼盛にメールで注文する必要がある)
  15. ^ "TVアニメ50年史のための情報整理 第36回 1998年(平成10年)". Webアニメスタイル.(2013年3月26日)
  16. ^ "TVアニメ50年史のための情報整理 第37回 1999年(平成11年)". Webアニメスタイル.(2013年4月1日)
  17. ^ "TVアニメ50年史のための情報整理 第42回 2004年(平成16年)". .(2013年5月22日)
  18. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 70頁
  19. ^ 頭文字D Fifth Stage 新作情報!”. 頭文字D Fifth Stage | ANIMAX. 2012年11月3日閲覧。
  20. ^ 頭文字D Fifth Stage 新作情報!”. 頭文字D Fifth Stage | ANIMAX. 2012年11月3日閲覧。
  21. ^ 頭文字D Fifth Stage 新作情報!”. 頭文字D Fifth Stage | ANIMAX. 2012年11月4日閲覧。
  22. ^ 頭文字D Fifth Stage 新作情報!”. 頭文字D Fifth Stage | ANIMAX. 2012年11月3日閲覧。
  23. ^ 表記は、撮影チーフ。
  24. ^ 頭文字D Fifth Stage 新作情報!”. 頭文字D Fifth Stage | ANIMAX. 2012年11月3日閲覧。
  25. ^ 頭文字D Fifth Stage 新作情報!”. 頭文字D Fifth Stage | ANIMAX. 2012年11月3日閲覧。
  26. ^ 頭文字D Fifth Stage 新作情報!”. 頭文字D Fifth Stage | ANIMAX. 2012年11月3日閲覧。
  27. ^ 頭文字D Fifth Stage 新作情報!”. 頭文字D Fifth Stage | ANIMAX. 2012年11月3日閲覧。
  28. ^ First Stageでは他の人物とのやり取りも行われている。
  29. ^ Second Stageでは、一部で作品の登場人物がアイキャッチを担当している。
  30. ^ Fourth Stageで初登場となる車両の内、ゲームSpecial Stageにナンバー付きで先行登場したものは、ナンバーをゲームより引き継いでいる。
  31. ^ 高橋涼介のFC3S「群馬58 よ 13-137」→「13B (RX)7」、末次トオルのROADSTER「栃木55 を 86-596」→「ハチロクご苦労」、北条凛のR32GT-R「群馬33 ぬ 37-564」→「皆殺し」、乾信司のAE86 2ドアトレノ「相模 57 い 12-186」→「いぬい ハチロク」、Final Stageラストシーンで登場した対向車のトヨタ・86(オレンジメタリック)「群馬550 お 86-239」→「ハチロクにThank You」
  32. ^ 数字は、隠されていたアニメ版のナンバーの数字の一部を削った物になっている。
  33. ^ 例として、拓海の86は「秋名50 せ 2-674」
  34. ^ Fourth StageがFirst Stageにあわせたもので、『頭文字D Fourth Stage MUSIC COMPLETE BOX』の解説内の三間雅文のコメントにも、それに関するエピソードが書かれている。
  35. ^ 同店において、専門雑誌の企画から拓海役の三木が保有するAE86型トレノの修復プロジェクトが行われている。
  36. ^ a b 公式サイトには、当初「プロジェクト・ドリーム」と記載されていたが、放送を前に「ドリーム」へと変更された。変更前のタイトルは音響監督である三間のツイッターでも確認できる。
  37. ^ アニマックス 頭文字D公式サイト 
  38. ^ 実際に使われたのは「DANCING QUEEN 〜SK FACTORY REMIX〜」。
  39. ^ コンピレーションアルバムの「頭文字D D Selectionシリーズ」には「拓海がキレた! 怒涛の激走!」と表記している。
  40. ^ 原曲は「EUROBEAT FLASH VOL.5」収録の「WINGS OF FIRE / JEE BEE」。根谷美智子(真子役)&かかずゆみ(沙雪役)による日本語カバー。
  41. ^ 実際に使われたのは「ONE NIGHT IN ARABIA〜B4 ZA 大巨人 REMIX〜」。
  42. ^ 初期段階では「CRAZY NIGHT / BOYS BAND」であったため、エンドロールでの表記は「CRAZY NIGHT / BOYS BAND」になっている。「CRAZY NIGHT」は劇中には使用していないものの、サウンドトラックには収録されている。
  43. ^ 作中のエンディングではアーティスト名が「J.STORM-GTR」と表記されている。
  44. ^ 初期のクレジットではSUPERSONICと表記されている。なお、同アーティストの曲の中には実際に「SUPERSONIC」が存在するが、SUPERTONIC LADYとは異なる曲である。
  45. ^ 原曲は「SUPER EUROBEAT VOL.9」収録の「WILD REPUTATION / THE BIG BROTHER」。
  46. ^ 原曲は「SUPER EUROBEAT VOL.1(再発版)」収録の「LOVE FOR MONEY / FRANK TORPEDO」。
  47. ^ 「SUPER EUROBEAT VOL.184」ではタイトル表記が「LOVE FOR MONEY 2008」となっている。
  48. ^ エンドロールでは「When The Goes Down」と表記されている。
  49. ^ 原曲はエリオット・ヤミンの「Wait For You」であり、作中で使用されているのはそのカヴァーにあたる「DANCEFLOOR NIGHT MIX」(「SUPER EUROBEAT VOL.192」収録)である。
  50. ^ エンドロールでは「The Race」と表記されている。
  51. ^ エンドロールでは「Wheel Power&Go」と表記されている。
  52. ^ なお、アニマックスのサイトとm.o.v.eの公式サイトでは最終話のエンディングとアナウンスされていた。
  53. ^ 当時この枠で放送されていたミュージック・フェアをネットしていなかったため。深夜アニメとしては独立UHF局以外では珍しい時間に放送されていた。
  54. ^ 頭文字D Radio Stage 配信決定!”. 音泉トピックス. 2013年5月26日閲覧。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「頭文字D」の関連用語

頭文字Dのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

リーフストローク

C-17

ミノウミウシ亜目の仲間14

コンコルド広場

怪の会

サザンイエローパイン

ナイロンコーティングワイヤー

ラウンドタイプブラスリップ





頭文字Dのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頭文字D (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS