頭山満とは?

頭山満 とうやま みつる

安政2年4月12日昭和19年10月5日(1855~1944

福岡生まれ国家主義運動家。父は福岡藩士。明治初年福岡不平士族結社・矯志社の蜂起計画に加わり入獄。のちに民権運動参加し、12年(1879)向陽社を結成国会開設請願運動を行う。14年(1881)向陽社を玄洋社改称次第国権論アジア主義主張強める。対外強硬論唱え日本対外膨張政策関与する一方孫文金玉均はじめアジア独立派革命派の政治家たちを支援した。右翼巨頭として政界隠然たる影響力を持った。

キーワード その他
号・別称 (りつうん)

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

頭山満

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/29 06:57 UTC 版)

頭山 満(とうやま みつる、安政2年4月12日1855年5月27日) - 昭和19年(1944年10月5日、幼名:乙次郎)は、明治から昭和前期にかけて活動したアジア主義者の巨頭。玄洋社の総帥でもある。は立雲。




  1. ^ 福岡市 西新公園のクスノキと筒井條之助記念碑
  2. ^ 服部龍二『広田弘毅―「悲劇の宰相」の実像』(中公新書ISBN 978-4121019516、163-164p
  3. ^ 『國家改造計畫綱領』 中野正剛 千倉書房 1933年10月28日 131p
  4. ^ 『聖戦』人文協會、昭和17年
  5. ^ 国士舘を支えた人々 濱地八郎楓原 : 国士舘史研究年報, p197-204, 2014
  6. ^ a b c d e ユーミンと大物右翼「頭山家」の知られざる血脈と交流 ポップカルチャー界の「華麗なる一族」『週刊現代』2017年3月25日・4月1日合併号、2017.3.29
  7. ^ 頭山満という巨人 戦後六十年を経過して 葦津泰國氏(葦津珍彦著『大アジア主義と頭山満』より)頭山満、呉竹会
  8. ^ 50周年記念DVDについて慶應義塾中等部ラグビー部
  9. ^ プレイボーイと称される彼らが持つ本質GQ JAPAN, 2016年09月04日
  10. ^ 『週刊新潮』2005年6月30日号「ハゲタカ外資の虚像と実像」菊池雅志
  11. ^ 自己紹介頭山晋太郎後援会公式ホームページ
  12. ^ 「明治天皇、頭山満、大隈重信 偉人の子孫が総選挙に続々登場」『NEWSポストセブン』2012.12.03
  13. ^ 松任谷正隆さん、私を「兄貴」と呼んだ父 日本経済新聞夕刊2016年10月25日
  14. ^ 田中健介 『柴田徳二郎伝』(PDF)、9頁。2011年6月5日閲覧。


「頭山満」の続きの解説一覧





頭山満と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

頭山満に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「頭山満」の関連用語

頭山満のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

川上操六

植村正久

高橋是清

夏目漱石

宇垣一成

樋口一葉

内村鑑三

大隈重信





頭山満のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2017 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2017 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頭山満 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS