領海基線とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 領海 > 領海基線の意味・解説 

領海基線

読み方りょうかいきせん
【英】: baselines of the territorial sea

領海の幅を測定する根拠となる基線をいう。
通常の基線normal baseline)と直線基線straight baseline)の 2 種類がある。通常の基線沿岸国が公認する大縮海図記載されている海岸低潮線である。環礁場合は海側の低潮線をとる。もし海岸線著しく曲折しているか、または海岸沿って至近距離一連の島がある場所には、適当な地点を結ぶ直線基線とすることができる。直線基線場合海岸一般的方向から著しく離れて引いてはならず、またその内側内水としての規制を受けるから、陸地と十分密接な関連を持たなければならない。また高潮時に水面下没する低潮高地との間に直線基線を引いてはならないが、灯台建設されているなど国際的承認を受けた慣行に基づく場合このかぎりではない。なお、低潮高地本土または島からの領海幅の外に位置するときは領海を持てないが、一部または全部領海幅を超えない距離にあるときは、その低潮線は領海基線として用いることができる。直線基線には特別の場合として、河口直線湾口閉鎖線および群島基線がある。群島基線インドネシアのような群島国家において、群島の最も外側の島および常に水面上にある礁の最も外側点を結ぶ直線として引くことができる。ただし、その場合基線内側主要な島を含み、また基線内側水域環礁を含む陸地それぞれの面積の比が 1 対 1 から 9 対 1 の間にあることが条件となる。さらに 1 本の基線長さ100 海里を超えてはならないが、基線総数の 3 %までは最大限 125 海里まで延長することが許される。(→低潮線内水群島水域

基線 (海)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/14 05:30 UTC 版)

(領海基線 から転送)

基線(きせん)は、領海接続水域排他的経済水域大陸棚の幅を測定するための起算点となるである[1][2][3]領海基線(りょうかいきせん)と言われることもある[4]


  1. ^ a b c 筒井(2002)、60頁。
  2. ^ a b c d 山本(2003)、365頁。
  3. ^ a b c d e 杉原(2008)、125頁。
  4. ^ a b 小寺(2006)、254頁。
  5. ^ 筒井(2002)、340頁。
  6. ^ 筒井(2002)、213頁。
  7. ^ 筒井(2002)、279-280頁。
  8. ^ 筒井(2002)、229-230頁。
  9. ^ 山本(2003)、407-414頁。
  10. ^ 杉原(2008)、154-156頁。
  11. ^ 筒井(2002)、260頁。
  12. ^ a b c d 筒井(2002)、76-77頁。
  13. ^ 山本(2003)、364頁。
  14. ^ a b 松井(2009)、156-160頁。
  15. ^ 小寺(2006)、255頁。
  16. ^ a b 筒井(2002)、77頁。
  17. ^ a b 山本(2003)、378頁。
  18. ^ a b 杉原(2008)、133頁。
  19. ^ a b 小寺(2006)、258頁。


「基線 (海)」の続きの解説一覧





領海基線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

領海基線に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「領海基線」の関連用語

領海基線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




領海基線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2014 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの基線 (海) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS