非排除性とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 非排除性の意味・解説 

公共財

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/14 03:02 UTC 版)

(非排除性 から転送)

公共財(こうきょうざい)は、経済学の用語であり、通常、非競合性あるいは非排除性の少なくとも一方を有するとして定義される。対語としては、非競合性と非排除性の双方を有しない私的財がある。


  1. ^ マンキュー経済学ミクロ編
  2. ^ 消費が競合的でない財は、消費者が増えても誰かの便益が減少する(費用の発生)わけではない。そのため、経済的には追加的な消費者を拒むべき理由はなくなる。
  3. ^ 小田切宏之 『企業経済学』 東洋経済新報社、2010年、194頁。ISBN 978-4-492-81301-0 
  4. ^ ケネス・アロー (1962) によって、知識は公共財的性格のほかに、不可分割性と不確実性を持つ特殊な財であることが指摘されている。


「公共財」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「非排除性」の関連用語

非排除性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




非排除性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公共財 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS