非常識とは?

ひ じょうしき -じやうしき [2] 【非常識】

( 名 ・形動[文] ナリ
常識がないこと。常識にはずれること。また,そのさま。 「 -な発言」 「 -もはなはだしい」 「 -をたしなめる
派生 -さ ( 名 )


非常識

作者伴一彦

収載図書ラヴ・コール
出版社扶桑社
刊行年月1994.8
シリーズ名扶桑社文庫


常識

(非常識 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/05 09:52 UTC 版)

常識(じょうしき)は、社会の構成員が有していて当たり前のものとしている。社会的な価値観、知識、判断力のこと。[要出典]また、客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと。対義語非常識(ひじょうしき)。社会に適した常識を欠いている場合、社会生活上に支障をきたすことも多い。社会によって常識は異なるため、ある社会の常識が他の社会の非常識となることも珍しくない。これは文化摩擦などとして表面化することもある。


  1. ^ a b c なだいなだ『常識哲学』(筑摩書房 2014年)。


「常識」の続きの解説一覧

非常識

出典:『Wiktionary』 (2011/10/16 02:53 UTC 版)

名詞

(ひ じょうしき

  1. 常識はずれなこと。常識がない。
    常識な人

対義語

形容動詞

活用

ダ型活用
常識-だ

翻訳






非常識と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

非常識に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「非常識」の関連用語

非常識のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

物理系凍結抑制舗装グルービング・弾性材充填型

ゴボウ

惑星の組成

コンシボリガイ

井上慶太

特定小電力無線局

内藤丈草

カウハッチ





非常識のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの常識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの非常識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS