青鬼とは?

青鬼

読み方:あおおに

青色をした鬼のこと。特にネット上ではnoprops氏の制作したホラーゲームまたはゲーム内にでてくる青色化物を意味することがある

青鬼(白馬村)

青鬼
出展日本の棚田百選

基 礎 諸 元 平均勾配 団地面積
1/15 4.2 ha

維持保全利活用状況
本棚田は、青鬼集落農家稲作をしている。8年前から特産品開発一事業として、紫米を作付けするようになり耕作放棄歯止めかかった。紫米は、白馬村買い上げし、「夢白馬」で提供したり、おみやげ品として販売しているが、品不足となり今後作付け面 積を拡大する計画を練っている。維持管理については、青鬼地区区民総出水路農道管理しており紫米の導入により生産意欲が向上して、今後耕作続けられる見込みである。本年文化庁へ青鬼地区を重要伝統的建造物群指定するよう申請し、集落全体保存していくことなりました。NHK小さな旅紹介されたこともあり、訪れる人が増加てきている。今後都市農村交流深めることにより、活性化期待されている。

推薦項目  景観     伝統文化維持保全
推薦理由 景観:重要伝統的建造物群指定される予定で、集落とその周辺農地の保全が望まれており、農村風景美しさを残している。

伝統文化維持保全:この棚田への用水は、青鬼堰により灌水しているが、青鬼堰開設については万延元年着工4年間の歳月掛け山腹水路であり、今でも岩盤ノミで刻んだ跡がある。青鬼地区では、着工日の旧暦10月19日にはせぎ祭り行い後世偉業伝えている。また、近くの青鬼神社では、神に捧げるために汚れのない火を作り灯明灯籠打ち上げ花火に使う。この火切り行事は、白馬村無形文化財となっている。

田 の 概 況 枚 数 80 水 源 河川渓流含む)[青鬼沢]
事業導入 法面構造 記入なし。
開発起源 近世江戸時代
営 農 の 状 況 対象農家 12   戸 10a収量 480 kg10a
戸当り営農規模 0.25 ha/戸        6 /戸
付加価値農業 紫米栽培
観光市民農園開設
有機野菜山菜販売し、「夢白馬」での直売
特記事項有無 なし。

(注:この情報平成11年のものです)

青鬼

作者田村泰次郎

収載図書田村泰次郎選集 第2巻(応召から敗戦直後まで)
出版社日本図書センター
刊行年月2005.4


青鬼

読み方
青鬼あおき

青鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/10 15:57 UTC 版)

青鬼(あおおに)




「青鬼」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「青鬼」の関連用語

青鬼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

西山

袖志

尾戸の口

大浦の棚田

花板の棚田

堂の坂

谷水

塩本





青鬼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
農村環境整備センター農村環境整備センター
Copyright (C) 2017 社団法人農村環境整備センター All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青鬼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS