電解コンデンサとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 電解コンデンサの意味・解説 

コンデンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/09 00:58 UTC 版)

(電解コンデンサ から転送)

コンデンサ蓄電器: condensare: capacitor)は、静電容量(キャパシタンス)により電荷電気エネルギー)を蓄えたり、放出したりする受動素子である。


  1. ^ Henry Smith Williams (1999年3月). “A History of Science Volume II, Part VI: The Leyden Jar Discovered”. 2013年1月17日閲覧。
  2. ^ Houston, Edwin J. (1905). Electricity in Every-day Life. P. F. Collier & Son. http://books.google.com/?id=ko9BAAAAIAAJ&pg=PA71&dq=jar+%22von+Kleist%22. 
  3. ^ Isaacson, Walter (2003). Benjamin Franklin. Simon and Schuster. p. 136. ISBN 0684807610, 9780684807614. http://books.google.com/?id=oIW915dDMBwC&lpg=PA135&dq=%22benjamin%20franklin%22%20leyden%20jar&pg=PA136#v=onepage&q=. 
  4. ^ Franklin, Benjamin (1749年4月29日). “Experiments & Observations on Electricity: Letter IV to Peter Collinson (PDF)”. pp. (page 28). 2009年8月9日閲覧。
  5. ^ Morse, Robert A., Ph.D. (2004年9月). “Franklin and Electrostatics—Ben Franklin as my Lab Partner (PDF)”. Wright Center for Science Education. Tufts University. pp. (page 23). 2009年8月10日閲覧。 “After Volta’s discovery of the electrochemical cell in 1800, the term was then applied to a group of electrochemical cells”
  6. ^ “Sketch of Alessandro Volta”. The Popular Science Monthly (New York): pp. 118–119. (May–Oct 1892). http://books.google.com/books?id=eCADAAAAMBAJ&pg=PA117&source=gbs_toc_r&cad=1#v=onepage&q&f=false 
  7. ^ http://www.ttc-cmc.net/~fme/captance.html
  8. ^ トランジスタ技術 2004年9月号 p108, p111 - p114
  9. ^ NEC技報 新デカップリングデバイス「プロードライザ」の開発、量産
  10. ^ NEC技報 高速デジタル回路を安定動作させる低インピーダンス線路素子の開発について






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

電解コンデンサに関連した本

電解コンデンサに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電解コンデンサ」の関連用語

電解コンデンサのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




電解コンデンサのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンデンサ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS