電子印鑑システムとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 電子印鑑システムの意味・解説 

電子印鑑システム

読み方でんしいんかんシステム
別名:電子印鑑

電子印鑑システムとは、電子文書に対して、紙の書類捺印するようにして印影をつけることができるICチップなどを内蔵した印鑑はじめとする一連のシステムのことである。

電子印鑑システムを利用すると、タブレット型入力装置と、専用印鑑使用して、現実ハンコをつくように、コンピュータ上の電子データ捺印することができる。単に印影を施すだけでなく、認証機能連携しており、偽造阻止実現される。

電子印鑑システムを利用すると、電子データを紙に出力せず、電子データのままで捺印ができる。これにより、文書承認管理といった作業効率化や、コスト削減などの効果期待できる。印刷したデータには通常の捺印同様の印影がつく。

2005年e-文書法施行されたことで、従来は紙による保存義務であった書類帳票などの一部電子データとして保存することができるようになったことで、電子印鑑システムの需要拡大期待されている。

電子印鑑システムの普及促進する団体として、2002年シヤチハタワコム日商岩井(現双日)などにより設立された電子印鑑コンソーシアムがある。


参照リンク
電子印鑑コンソーシアム - (電子印鑑コンソーシアム
パソコン決裁 - (シヤチハタ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

電子印鑑システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メガドライブ

らくらくホン F-02J

Windows 3.x

新型MacBook Air

インテリマウスオプティカル

Dell XPS 15

MEDIAS U N-02E

iPhone 5





電子印鑑システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ電子印鑑システムの記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS