集束型刈取機とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 集束 > 集束型刈取機の意味・解説 

集束型刈取機 (しゅうそくかたかりとりき)

集束型刈取機 稲麦の刈取り目的とする動力刈取機として開発され、刈取部の刈刃が遊星歯車列によって回転することから遊星式ともいわれる昭和30年後期から使用されたが、バインダ普及により使用されなくなった。小型トラクタ前部に、刈取部を装着し、丸鋸にて刈取り行い続いて刈株機体進行に対し側方放出倒置する。機高105cm、機体幅110cm、全長218cmで、刈束の放出機構注目された。





集束型刈取機と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

集束型刈取機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

肩木

蚕くれ台

肥料桶

みかん運搬籠

種籾播種機

麻挽箱

播種機

手動剄桑機





集束型刈取機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2017 Weblio RSS