阿武隈川とは?

あぶくま がわ -がは 【阿武隈川】 ◇

福島県中南部那須火山群三本槍岳付近に源を発し,郡山福島の両盆地通って宮城県太平洋に注ぐ川。長さ239キロメートル。⦅歌枕⦆ 「世とともに-の遠ければそこなる影を見ぬぞわびしき/後撰 恋一

阿武隈川

古来より流域を潤し、人々愛され大河
阿武隈川は、福島県西白川郡西郷村旭岳にその源を発し、大滝根川荒川摺上川等の支川合わせて福島県中通り地方北流し、阿武隈川渓谷狭窄部を経て宮城県入り、さらに白石川等の支川合わせて太平洋に注ぐ、幹川延長239km、流域面積5,400km2一級河川です。

新緑の阿武隈川源流
新緑の阿武隈川源流

河川概要
水系阿武隈川水系
河川阿武隈川
幹川流路延長239km
流域面積5,400km2
流域内人138万人
流域関係都県宮城県
仙台市名取市岩沼市川崎町村田町

阿武隈川流域図
○拡大図
1.阿武隈川の歴史
"藩政時代には安定した物資輸送確保として、仙台藩藩主伊達政宗の命により名取川河口から阿武隈川まで海岸線と平行に木曳堀(きびきぼり)を開削し、その後北上川まで運河延伸され、日本一長い貞山運河として現在も舟運時代面影を残しています。"

悠久水の調べ貞山運河


河口部には、阿武隈川と名取川, 北上川までの舟運を図るために掘削された貞山運河存在しています。この運河藩政時代には安定した物資輸送確保として、仙台藩初代藩主伊達政宗の命により家臣川村孫兵衛重吉が名取川河口から阿武隈川までの海岸線と平行に木曳堀を開削し、その後北上川まで延伸され、日本一長い貞山運河として現在も舟運全盛時代面影を残しています。


1.名取川河口
河口部には、豊かな自然環境を残す井戸浦藩政時代に造られた貞山運河(木曳堀、新堀)が南北伸びています。
出典国土交通省管理する水辺事業HP
名取川河口


阿武隈川河口
3.阿武隈川河口
福島県から宮城県流下する阿武隈川は、宮城県岩沼市亘理町太平洋へと注ぎます。河口部には、藩政時代に造られた貞山運河(木曳堀)が北方伸びています。
出典国土交通省管理する水辺事業HP
貞山運河図
南貞山運河
2.南貞山運河↑   【出典:kasen.net HP
2.地域の中の阿武隈川
"阿武隈川は東北地方では水質の悪い水系であり、洪水時のゴミ流下課題もあることか阿武隈川沿川29市町村構成される「阿武隈川サミット」が組織され上下市町村が一体となって生活排水浄化河川清掃等を行っています。"

地域社会根差し河川整備

阿武隈川サミットの開催状況 写真
阿武隈川サミット開催状況 写真
出典:阿武隈川サミットHP

阿武隈川サミット参加市町村
阿武隈川サミット参加市町村

■「阿武隈川サミット」による流域一体となった水環境改善への取り組み
平成6年河口から源流までの阿武隈川沿川29市町村による「阿武隈 川サミット」を組織
・第5回サミット平成10年)では「阿武隈川との共生憲章」を定める など、上下流一体となった水環境改善地域交流推進
平成14年度より生活排水浄化グッズ配布による啓蒙普及流域一斉 水質調査など、流域全体での水質浄化対策実践活動着手
地域との連携~阿武隈川サミット
「阿武隈川サミット」は、母なる川阿武隈川をよく知り、川との共生目指しながら、流域それぞれの実態即した治水・利水計画との調和を図り、河川環境保全推進するため、福島県・宮城県内の阿武隈川本川沿いの29自治体(7市15町7)が一堂に会し、それぞれの流域での役割担いながら、次世代に共通の遺産として良好河川環境伝えていくことを目的結成されたものです。
阿武隈川サミット活動は、阿武隈川で問題とされている水質浄化対策から、河口清掃, 水源地での植樹, 小学生対象としたリバースクールなど多岐にわたり、阿武隈川と地域との連携において重要な役割を行っています。
国土交通省仙台河川国道事務所および福島河川国道事務所は、これらの活動支援並びに参加しており、今後とも関係機関との連携調整地域との連携を図り、流域全体で一体となって総合的ビジョンの下に阿武隈川の河川整備を進めていきます。




上下流域一体となった河口清掃阿武隈川サミットによる
上下流域一体となった河口清掃
出典:阿武隈川サミットHP
~阿武隈川サミットによる
源流の里づくり植樹祭
阿武隈川源流域の西郷村で、地元西郷村から河口宮城県亘理町までの小学生など約160人が参加(H13)
出典:阿武隈川サミットHP
源流の里づくり植樹祭
水質浄化グッズ阿武隈川サミットによる
水質浄化グッズ
~阿武隈川のシンボルキャラクター
あぶたん
手ぬぐいの赤い模様の数が、自治体の数を表しています
あぶたん
3.阿武隈川の自然環境
"大きく2つの狭窄部(阿武隈峡阿武隈渓谷)には数多く奇岩点在する渓谷景観となり県名勝天然記念物となっています。
また直轄管理区間最上端には、日本の滝100選乙字ヶ滝が壮大な流れ見せています。"

雄大な自然がおりなす河川環境

阿武隈川には、多く自然公園, 自然環境保全地域存在することから分かるように、数多く自然環境作りだす名勝地存在します。特に、阿武隈峡, 阿武隈渓谷の他に、日本の滝百選に選ばれている「乙字ヶ滝」等があり、すばらし河川景観を呈しており観光名所にもなっています。
平野部流れ区間でも、「隈畔」は吾妻連峰背景流れる阿武隈川の風光明媚な趣を醸しだし、また「岡部」には毎年10月の末頃から多く白鳥飛来し、人々の心をいやす存在になっています。

阿武隈川流域の自然公園一覧
4.阿武隈川の主な災害


発生発生原因被害市町村被害状況等</TD
昭和61年8月5日台風10号福島市郡山市
本宮町梁川町
死者4名、
被災家屋20,216戸、
浸水面積15,117ha
平成10年8月27日前線郡山市須賀川市
二本松市本宮町
死者11名、
被災家屋2,096戸、
浸水面積3,631ha
平成14年7月11日台風6号郡山市須賀川市
二本松市本宮町
被災家屋1,464戸、
浸水面積2,079ha

(注:この情報2008年2月現在のものです)

阿武隈川

読み方:アブクマガワ(abukumagawa)

所在 福島県宮城県

水系 阿武隈川水系

等級 1級


阿武隈川

読み方
阿武隈川あぶくまがわ

阿武隈川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/07 16:28 UTC 版)

阿武隈川(あぶくまがわ)は、福島県および宮城県を流れる阿武隈川水系の本流で、一級河川[1]である。水系としての流路延長239kmは、東北で北上川に次ぐ長さの川である。古くは大隈川と呼ばれていた。




[ヘルプ]
  1. ^ 国土交通大臣一級河川として指定した区間は、左岸が福島県西白河郡西郷村大字鶴生字江森山3番地先、右岸が福島県西白河郡西郷村大字真船字寺下3番のイ地先から河口まである。そのうち、福島県の管理区間は、岩瀬郡鏡石町と西白河郡矢吹町境から左岸が須賀川市大字前田川字滝下、右岸が石川郡玉川村大字滝崎までで、国の管理区間は、須賀川市前田川字深田22番の1地先の国道橋から宮城県河口までである。
  2. ^ カゲロウが大発生する模様は、1985年8月29日に『NHK特集』で「カゲロウ大発生 〜'85秋・阿武隈川異変〜」と題して放送された。
  3. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  4. ^ 亘理町『亘理町史』p283
  5. ^ 岩沼市『岩沼市史』p723


「阿武隈川」の続きの解説一覧





阿武隈川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「阿武隈川」の関連用語

阿武隈川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

小瀬川

大淀川

北川

六角川

肱川

九頭竜川

江戸川

姫川





阿武隈川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿武隈川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS