防塁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > 防塁の意味・解説 

ぼう るい ばう- [0] 【防塁】

防御用の土塁や石。また,それを巡らしたとりで。


防塁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/07 16:32 UTC 版)

防塁(ぼうるい)は、日本のの一形態である。沿岸、国境線、尾根などに土塁石垣(石塁)、空堀水堀、さらに塹壕などを平行線状に築いた防御構築物である。長塁と呼ばれることもある。室町時代以降に構築された事例では、銃砲撃戦に堪えて死角のない十字砲火を可能にするために「横矢掛かり」を設けるなどして複雑化させた場合もある。基本的に城のような居住性はなく、守備する兵士は野営するか近隣の拠点から輪番で派遣された。日本国外でこれに類する代表的な例は中国万里の長城であり、ローマ帝国時代のイギリスなどでも敵対的な異民族の脅威からの防衛を企図して防塁が造られている(ハドリアヌスの長城)。このコンセプトは、銃砲や戦術の発達を伴いながら近代要塞にまで発展していった。




  1. ^ 萩における武家の子女が総動員で構築したという伝説があることから女台場ともいわれる
  2. ^ 下関戦争では敵軍が上陸して、防衛手段を持たない長州藩の砲台を占拠している


「防塁」の続きの解説一覧





防塁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「防塁」の関連用語

防塁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イソヨコバサミ

三大始祖

物理系凍結抑制舗装弾性体空隙充填型

穂坂 繭

James Madison

ティグ溶接

キンチャヤマイグチ

MIDIプラグ





防塁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの防塁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS