関門橋とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > > 日本の橋 > 関門橋の意味・解説 

かん もんきょう くわん-けう 【関門橋】

本州九州を結ぶ道路橋関門海峡をまたぐつり橋つり橋部の長さは1068メートル海面からの(けた)下高61メートル1973年昭和48完成

関門橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/01 12:14 UTC 版)

関門橋(かんもんきょう)は、山口県下関市福岡県北九州市門司区の間の関門海峡を跨ぐ道路橋の名称、およびこの橋梁を含む区間の高速道路高速自動車国道)の通称。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 同様の指定形態を取る高速道路は他に新空港自動車道(成田国際空港線)、関西空港自動車道(関西国際空港線)、沖縄自動車道がある[要出典]
  2. ^ もっとも直近でこの制度が適用となったケースは、2014年10月15日から12月13日まで行われた関門トンネル大規模リフレッシュ工事に伴うもの。この間は、関門トンネルの回数券で関門橋区間が通過可能となったが車道のみであったため、歩行者、125cc以下の二輪車については特に対応はなかった、その前の2009年9月1日から12月18日まで行われた、関門トンネル大規模リフレッシュ工事に伴うものについては、関門トンネルの回数券で関門橋区間が通過可能とするほか、人道も対象となったため、歩行者は代行バス、125cc以下の二輪車は代行トラック便を利用し、関門橋を通ることとなった[要出典]
  3. ^ ただし関門橋が通行止めとなった場合は、危険物積載車両については関門トンネルが危険物積載車両通行禁止になっているため、当該車両は関門橋の通行再開まで足止めを食うことになる[要出典]

出典

  1. ^ a b c “九州・本州ひとまたぎ 関門橋が開通”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. [要ページ番号]. (1973年11月14日) 
  2. ^ “輸送の大動脈、今後探る 関門橋40年記念シンポ”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2013年11月1日). オリジナル2013年11月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131101064919/http://nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/49760 2013年11月2日閲覧。 
  3. ^ “長大吊橋も大改修時代/供用から40年、関門橋が大規模補修”. 建設通信新聞. (2013年8月9日). オリジナル2013年11月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20131103160250/http://www.kensetsunews.com/?p=18232 2013年11月2日閲覧。 
  4. ^ “関門自動車道 下関IC~門司IC間の関門橋のリフレッシュ工事を実施します” (プレスリリース), 西日本高速道路九州支社, (2013年7月22日), http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/kyushu/h25/0722/ 2013年11月2日閲覧。 
  5. ^ “【8/1より】関門橋の通行料金値下げ~普通車(ETC:通勤割引)が関門トンネルと同額の150円に”. NetIBニュース (データマックス). (2011年7月8日). http://www.data-max.co.jp/2011/07/81etc150.html 2014年5月2日閲覧。 


「関門橋」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

関門橋に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「関門橋」の関連用語

関門橋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ネマタンツス・モナントス

アックス

クサソテツ

第五しょうどしま丸

杜々の森湧水

アルビノ・トリカラー・ダイヤモンド・エンゼル

オニサルビア

Xacti





関門橋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関門橋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS