関羽とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 武将 > 関羽の意味・解説 

かん う くわん- 【関羽】

○?~219中国三国時代蜀漢武将。字(あざな)雲長劉備(りゆうび)助けて功があった。後世武神・商神として関帝廟にまつられた。
歌舞伎十八番の一。藤本斗文(とぶん)作。1737年河原崎座にて二世市川団十郎が「閏月仁景清うるおいづきににんかげきよ」の大詰め初演景清中国英雄関羽または張飛の姿で荒事見せるもの。

関羽Guan Yu

カンウ
クワンウ

162?~219
前将軍襄陽太守董督荊州事・漢寿亭壮穆公

字ははじめ長生、のち雲長河東郡解の人。

故あって郷里を去り涿郡逃亡劉備黄巾党討伐のため兵を集めていると聞き張飛とともに彼に仕えた。劉備平原相になると張飛とともに別部司馬任命される。のち劉備徐州牧になると呂布徐州に入って劉備同盟したが、このとき下邳守備を命じられた。呂布裏切られた劉備らが許の曹操を頼ると、曹操殺害勧めたが受け入れられなかった。

董承曹操暗殺計画露見すると劉備は小沛に逃れたが、関羽は下邳守備統治を行った。徐州統治を任されたともいう。しかし建安五年(二〇〇)、曹操が小沛・徐州攻撃すると、劉備は敗れて袁紹を頼って亡命し、関羽は曹操捕らわれた。曹操は関羽の人柄感じ入り、彼を偏将軍に任じて厚遇尽したが、関羽は「曹公の厚恩有難いが死を誓い合った劉将軍裏切ることはできぬ。必ず手柄立てて曹公に恩返ししたうえで立ち去りたい」と張遼告げた。曹操張遼とともに袁紹将軍顔良を撃たせたが、関羽は敵軍勢の真っ只中に斬り込んで顔良を討ち、大軍物ともせず首級を提げて帰陣した。この功により漢寿亭侯に封じられた。関羽は曹操からの恩賞封印して劉備のもとに去った。曹操は「主君のため忠義尽しているのだ。彼を追ってはならぬ」と部下に命じる。

劉備とともに劉表に身を寄せたが、劉表が死んで曹操軍が南下する別働隊として数百艘の水軍預けられ、漢津まで来たところで長阪で敗れた劉備軍と出会い、彼らを船に乗せて夏口まで進んだ。赤壁の戦いののち劉備荊州南四郡を攻略すると、襄陽太守・盪寇将軍に任じられて長江北岸駐屯した。さらに益州平定されると荊州監督一任される。

建安二十四年(二一九)に劉備漢中王に就くと前将軍任命され、節鉞を与えられた。曹仁立て籠もる樊城攻め秋になって長雨が降ると曹仁援軍として駆け付け于禁軍勢水没し、于禁捕虜とし龐悳を斬った。曹操荊州に近い許を拠点としていたため関羽を恐れ遷都を諮ったが、司馬懿らの計略により孫権と関羽を仲違いさせた。また関羽は傲慢な性格だったため南郡太守麋芳将軍士仁恨みを買っていた。麋芳士仁支援怠り、関羽の怒り恐れ孫権に降った。さらに曹操徐晃を遣して曹仁助けたので関羽は敗北し、荊州江陵城は陥落して孫権のものとなる。孫権軍の攻撃を受けた関羽は臨沮の地で子の関平とともに斬られた。孫権彼の首級曹操送り曹操諸侯の礼をもって関羽を葬った。

のち蜀が建国されて劉禅皇帝のとき、関羽は壮穆侯と諡された。

参照于禁 / 袁紹 / 関平 / 顔良 / 士仁 / 司馬懿 / 徐晃 / 曹仁 / 曹操 / 孫権 / 張飛 / 張遼 / 董承 / 麋芳 / 龐悳 / 劉禅 / 劉備 / 劉表 / 呂布 / 益州 / 解県 / 夏口 / 河東郡 / 下邳国 / 漢寿亭 / 漢津 / 漢中郡 / 許県 / 荊州 / 江陵県 / 徐州 / 沛県(小沛県) / 襄陽郡 / 蜀 / 赤壁 / 涿郡 / 長江 / 長阪 / 南郡 / 平原国 / 樊城 / 臨沮県 / 王 / 相 / 前将軍 / 将軍 / 太守 / 亭侯 / 盪寇将軍 / 都督董督) / 別部司馬 / 偏将軍 / 牧 / 諡 / 黄巾党 / 節鉞 / 壮穆侯


関羽

読み方:カンウkan’u)

初演 文化8.3(江戸市村座)


関羽

読み方:カンウkan’u)

初演 元文2.11(江戸河原崎座)


関羽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/06 09:21 UTC 版)

関 羽(かん う、拼音: Guān Yǔ・? - 建安24年12月220年1月)[1])は、中国後漢末期の将軍雲長(うんちょう)。元の字は長生。司隷河東郡解県(現在の山西省運城市塩湖区解州鎮常平村)の人。子は関平関興。孫は関統関彝




  1. ^ 『三国志』呉志「呉主伝」
  2. ^ 出身地は中国最大の塩湖である「解池」の近くにあり、そのための密売に関っていたという推測もある。また、地元・山西省の伝承によると、暴利をむさぼる塩商人を殺し、官吏に追われて幽州に逃げ、おそらく姓名を変えて関羽と名乗ったともいわれる(今泉恂之介『関羽伝』)。
  3. ^ 山西省の研究では、関羽は劉備より年上ながら、劉備を兄として仕えたといわれている(前掲、今泉『関羽伝』)。
  4. ^ 『魏書』によると、関羽が徐州を治めたという。
  5. ^ 漢寿は曹操の支配の及ばない荊州武陵県にあり、名目的なものだった。三国時代は呉の支配下にあったため、「呉寿」と改称され、西晋で「漢寿」に戻された。蜀漢の漢寿は広漢郡の葭萌を改称したもので、別の地名。
  6. ^ 『三国志』蜀志「先主伝」によると、劉備の牙爪となる武臣として、張飛・馬超と共に関羽の名がその筆頭にあがっている。
  7. ^ この『三国志』の記述から膨らませたと思われる民間伝承に、「関三小姐(あるいは関銀屏)」の存在がある。彼女はその通称の通り関羽の三女とされ、関羽死後に李恢の子、李遺に嫁いでいる。この説話に基づき、李恢の出身地である建寧郡兪元県(現在の澄江県)には夫婦の墓が存在している。
  8. ^ 「虎の娘を犬の子にやれるか」との発言が『演義』等に見られるが、正史には見られない。ただし、注に引かれた『典略』によると、孫権は関羽に救援を申し出ていながら、わざとゆっくり兵を進めさせた。そこで関羽は「狢子」と孫権を罵倒したため、孫権は下手に出て陳謝したという。「狢子」は、江東など南方の住人に対する蔑称の一つである。
  9. ^ この記事を引いた裴松之は、関羽を襲撃した呂蒙は密かに兵を進めたが、援軍を送る約束をしていたならそのようにする必要はなかったとして、この記事の信憑性に疑問を呈している。
  10. ^ 『三国志』呉志「呉主伝」によると、孫権の側から曹操に対し、関羽を討つ申し出があったこととなっている。
  11. ^ 『典略』によると、関羽は孫権に援助を出すことを要求し、援助が遅いことに怒りを覚え、孫権の使者を罵倒したこともあったという。関羽#cite_note-6参照。
  12. ^ 『三国志』呉志「呉主伝」によると閏10月
  13. ^ 『蜀記』によると、関羽と徐晃は旧知の間柄で、再会して世間話を交わしたという。
  14. ^ 三国志』魏志「趙儼伝」
  15. ^ 『三国志』呉志「呂蒙伝」によると、孫権は朱然潘璋に命じて関羽の退路を塞がせたとある。また同書「呉主伝」によると、章郷で潘璋の部下の馬忠が関羽・関平・趙累を捕虜としたという。
  16. ^ 『蜀記』によれば、孫権は関羽を部下として使いたいと考えたところ、側近に「曹操は彼を殺さなかった為に、遷都まで考える事態となった」と進言され、諦めたという記述が残る。だが裴松之は、「正史の記述から、関羽は臨沮で即座に斬殺されており、おそらく江陵に居たであろう孫権に同意を求める事は不可能だろう」と推測している。また、『三国志』呉志「諸葛瑾伝」注によれば、裴松之は「孫権は関羽を討伐した事により、後漢王室の為に尽くすという大義名分は失われた」と評している。
  17. ^ 「繆」は「武功がならなかった」という意味で、荊州失陥を批判する意味合いになる。「穆」ならば「徳を広め表裏がない」という意味。ただし、程敏政の説によると、「繆」が「穆」の同義として使われたことがあったという。ちくま学芸文庫版の日本語訳では、この説に従い「繆」の字に「ぼく」の振り仮名を振ってある。
  18. ^ 『江表伝』
  19. ^ 関羽は庶人から成り上がっており、元々士大夫より低い身分だった。反対に張飛は部下には苛酷だが、士大夫は尊敬するという性格であった
  20. ^ Wikisource reference 陳壽. 三國志/卷36#.E9.97.9C.E7.BE.BD. - ウィキソース. 
  21. ^ 花関索伝』では胡金定







関羽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「関羽」の関連用語

関羽のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プテリディウム・エスクレンツム

ワインの瓶型

日陰樹

中村真梨花

塚原直貴

Kangoo

ヒーターピッチ

木質系舗装





関羽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2016 mujin. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関羽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS