間接正犯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > 正犯 > 間接正犯の意味・解説 

かん せつせいはん [5] 【間接正犯】

善悪判断する能力のない者,故意のない者を道具として利用犯罪を行うこと。刑事責任年齢達していない幼児盗みをさせたり,事情知らない印章屋に印鑑偽造させることなど。 ↔ 直接正犯

間接正犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/01 22:53 UTC 版)

間接正犯(かんせつせいはん)とは、他人の行為を利用して自己(しばしば背後者という)の犯罪を実現する正犯のことである。共犯ではないというのが通説である。




「間接正犯」の続きの解説一覧





間接正犯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

間接正犯に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「間接正犯」の関連用語

間接正犯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

庄川

増髪

太陽熱温水器

こめ油

市町村防災無線システムの整備数

Windows 10 パッケージ版

マラス

地方自治法施行60周年記念 石川県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣





間接正犯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの間接正犯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS