門松とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 飾り > 門松の意味・解説 

かど まつ [2] [0] 【門松】

正月に,家の門口立て飾り。本来は年神来臨する依り代で,中世以降,竹を一緒に飾ることが多い。松飾り[季] 新年

門松


かどまつ 【門松】

日本で、正月に家の門口立て飾りだが、元来年神依代なので、家の中立てる所もある。木もなどを混ぜる所がある。中世以降、竹を一緒に飾るようになった松飾り門木拝み松。木は一二月一三日に切る所が多く立て終えると(正月四日七日・一五日など所により異なる)、火祭焼却する。→ 正月

門松

読み方:カドマツkadomatsu

正月神祭りの祭場であることを示すために、家々門口両側立てマツ

季節 新年

分類 人事


門松

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

門松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/29 01:40 UTC 版)

門松(かどまつ)とは、正月に家のの前などに立てられる正月飾りのこと。松飾り飾り松立て松とも言う。新年の季語[1]。古くは、木のこずえにが宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎え入れるための依り代という意味合いがある。


  1. ^ a b c d e f g 広辞苑第5版
  2. ^ a b 東京都府中市大國魂神社の謂れ
  3. ^ 門松の由来
  4. ^ 深川江戸資料館にて、再現したものを正月に見る事が出来る。
  5. ^ 仙台市博物館
  6. ^ 瑞鳳殿などで再現したものを正月に見る事が出来る。
  7. ^ 大昔、水害で倒れた松の木が社殿を壊したとの言い伝え
  8. ^ 船橋市|門松カードの配布市原市/正月用門松カード及び門榊カードの配布について
  9. ^ 浜松八幡宮
  10. ^ 「年中行事事典」p272 1958年(昭和33年)5月23日初版発行 西角井正慶編 東京堂出版


「門松」の続きの解説一覧





門松と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「門松」の関連用語

門松のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メキシカンセージ

無線搬送装置1号

渡良瀬川沿岸

蝶結び

シトラスパーク瀬戸田の柑橘類

折りたたみ携帯ベルト

8000系

桂の滝





門松のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの門松 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS