長池徳士とは?

長池徳士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/31 08:33 UTC 版)

長池 徳士(ながいけ あつし、1944年2月21日 - )は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手外野手)、野球解説者。旧名及び本名は長池 徳二(ながいけ とくじ)で、1979年に現在の「徳士」に改名。「ミスターブレーブス」と呼ばれる[1]




  1. ^ 長池が付けていた背番号3は永久欠番になる予定だったが、1985年から他球団で打撃コーチになった為に取り消し。なお、阪急最後の年に背番号3を付けたのは石嶺和彦である。
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ a b c d Sports Graphic Number編『豪打列伝』(文春文庫ビジュアル版)
  4. ^ a b c 『阪急ブレーブス黄金の歴史 よみがえる勇者の記憶』(ベースボール・マガジン社)における加藤英司との対談より
  5. ^ 【7月6日】1971年(昭46) 長池徳士、妻の前での日本記録は豪快な本塁打 - スポニチ
  6. ^ 【10月15日】1972年(昭47) 残り1試合 長池徳士 奇跡の逆転本塁打王 - スポニチ
  7. ^ それだけに1978年の日本シリーズ第7戦で起きた大杉の「ファールのホームラン事件」(空白の79分)は複雑だったとの事。チームのセンターライン強化により自身がDHに回された事も触れている。(福本豊の著書『追憶の球団 阪急ブレーブス 光を超えた影法師』より)


「長池徳士」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「長池徳士」の関連用語

長池徳士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

hTc Z

ルデキンツヤクワガタ

ホリミノウミウシ属の仲間7

スタアチェ

スタンチョン

バックレスト

クロウシノシタ

放牧





長池徳士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長池徳士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS