鐵とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 環境用語 > の意味・解説 

くろ がね [0] 【鉄

〔黒い金属の意〕
鉄の古称。現在も文語的に用いる。 「 -づくりの門」

てつ [0] 【鉄】

iron; ラテン ferrum〕 8 族(鉄族)に属す遷移元素の一。元素記号 Fe 原子番号26原子量55.85。銀白色金属赤鉄鉱磁鉄鉱黄鉄鉱などとして地球上に広く多量存在する。地球内核主成分考えられている。比重7.87。3種同素体があり,強磁性または常磁性示しいずれも延性展性に富む。湿気のない空気中ではさびない。酸に溶けて水素発生する。酸素気流中で燃え高温水蒸気反応する。ヘモグロビンチトクロムヘム構成成分となるなど,生体にとってきわめて重要。有史以前から知られた金属人間生活に広く関係をもち,銑鉄・鋼あるいは種々の金属との合金として広く用いられ,工業的にも最も重要な元素くろがね
かたいもの,強固なもの,堅固なもののたとえ。 「 -の意志」 〔「銕・䥫」は旧字体「鐵」の古字。「鉃(し)(やじり)」は別字

【てつ】[漢字]

【 迭 】 [音] テツ
入れ替わる。 「 更迭
かわるがわる。 「 迭立
【 姪[音] テツ
めい。古く兄弟姉妹の子。 「 姪孫令姪
【 哲 】 [音] テツ
明らか。かしこい。 「 哲人哲理賢哲十哲聖哲先哲明哲
哲学」の略。 「 西哲
【 鉄 ( 鐵 ) 】 [音] テツ
金属の一。てつ。くろがね。 「 鉄器鉄筋鉄骨鉄材鉄道鉄板鉄砲鉄路鋼鉄砂鉄製鉄銑鉄鋳鉄磁鉄鉱鉄鉱石
刃物武器。 「 寸鉄
堅くて強いこと。 「 鉄拳鉄則鉄壁鉄面皮
鉄道」の略。 「 私鉄電鉄地下鉄
【 綴
⇒ てい〔綴〕 [漢]
【 徹 】 [音] テツ
通る。つらぬき通す。 「 徹宵(てつしよう)徹底徹夜一徹貫徹透徹徹頭徹尾
【 撤 】 [音] テツ
とり除く。 「 撤回撤去撤収撤饌(てつせん)撤退撤廃撤兵
【 轍[音] テツ
車輪の跡。わだち。 「 轍魚轍鮒(てつぷ)軌轍故轍覆轍


鉄は自然界広く多量分布し,血液など私達身体の中にもかなり多量に含まれている必須元素一つです。土壌中に多量存在する元素ですから,地表水河川水),地下水にも含まれていることが多く赤水として洗濯物着色したり,お茶の味を悪くするなど日常生活への影響あります基準値0.3mg/Lの値もこの観点から設定されています。

【鉄】(てつ)

元素記号Fe原子番号26番、比重7.9の金属元素

鉄器時代から現代に至るまでの長い間工業製品材料してあらゆる分野広く普及してきた。
最も一般的に利用されているため加工技術幅広く存在し、飲料の缶から生活用具、家具鉄道自動車産業機械建材装甲に至るまであらゆる分野活用される。
しかも強磁性を持つため回収リサイクルが容易である。

粋な鉄は柔らかく脆いため、強度求められる場合炭素などを添加して合金として利用する事が多い。
それらの鉄合金総称して「鋼(Steel)」と呼ばれる
また、酸化しやすく重量大きいという欠点もあるが、この性質クロム・ニッケルとの合金にする事で克服できる(ステンレス鋼)。

その歴史的側面

鉄が人類にとって重要な資産として利用され始めたのは、旧石器時代だと推定されている。
製鉄技術のなかった当時にも、鉄には人類黎明期決定的変革もたらす2つの特性があった。

一つには、「酸化鉄は赤い」という事である。
それもただ赤いのではない。鮮やかに、鮮血のように赤いのである
酸化鉄やそれを含む赤土は「大地血液」とみなされ、葬送狩猟儀礼広く用いられた。
古く40万年前から酸化鉄クレヨンが使われており、鉄は人類最初塗料最初化粧品であった。

第二に重要な特性は、「結晶化した鉄鉱石美しく、しかも希少である」という事である。
旧石器時代から人々はすでに宝石魅せられていたらしく、15万年前にはすでに採鉱さえ始まっていた。
当時まだ炉は発明されておらず、鉄鉱石は単に宝飾品として飾り立てられたに過ぎない
しかし、「宝物」を追い求めて旅をし、知恵振り絞っていたという事実には実用性上の味がある

とはいえ、鉄が道具として生産されるようになるまでには長い間隙がある。
最初に工業用途利用された鉄は「天の神々からの贈り物」、つまり隕石であったといわれる
これは当時技術では他の追随を許さない耐久性と、最高峰煌びやかな美術性を兼ね備えていた。
隕鉄の剣は手にした男を無類戦士に変え、天に掲げられたそれは光を反射して眩く輝く。
それが神々恩寵権力証明とみなされたのは自然な事だろう。
実際現代でもほとんどの文化金属の刀剣類には宗教的・文化的価値認められる

時代大きく飛んで紀元前2000年頃、炉が発明され、それによって鉄や精錬が始まった。
しかし、「大地血液」を炎に放り込んで溶かす、という発想はどうしても涜神的なものを伴う。
採鉱地母神への陵辱であり、炉は人工の子宮であり、赤熱した鉄はまるで太陽の化身であった。
未発達技術ゆえの事故失敗も「神の怒り」と解釈され、その事はこの信仰をさらに強く補強した。

必然鍛冶(blacksmith)は黒魔術(blackart)であった。
古代鍛冶師厳格な戒律守り礼拝を欠かさなかった。
錬金術」という言葉通り古代鍛冶師金属錬成する魔術師自負し、社会そのように扱った。
採鉱に必要な地質学駆使し、助言者・シャーマンとして権威を得た鍛冶師歴史上少なくない

ところで、一般に母権社会鍛冶悪鬼の類とされ、父権社会鍛冶芸術的創造として敬意を受ける傾向にあった。
この事と現代文明の基盤として存続した文化大半父権特性を持つ事を関連付け考え向き一部ではある。

産業発達伴って迷信無力化していったが、現代でもなお、鉄は権力色彩呪術的意味を持つ。
共産主義首魁でさえ、自ら「レーニン(鉄の人)」だの「スターリン(鋼鉄の人)」だのと名乗る次第である。


鉄(Fe)

鉄(iron)は鉄族属す遷移元素1つで、元素記号 Feで表され、原子番号26原子量は約55.85比重は7.87(g/cc)である。強磁性または常磁性示しいずれも延性展性に富む。湿気のない空気中ではさびない。
日本語では、黒い錆を生じる事や、しろがね(銀)より輝きが劣る事からくろがね(黒い金属)と呼ばれていた。また、人類にとって最も身近な金属元素一つで、様々な器具構造物に使われる。鉄器時代以降、鉄は最も重要な金属の一つであり、産業革命以降、ますますその重要性増している。
一般的に鉄(テツ)と呼ばれているのは、Feの他2%以下のC(炭素)を含んだ鉄の合金で、鋼または鉄鋼呼ばれている。この炭素含有量によって、純鉄、鋼(0.03~1.7%)、銑鉄(1.7%)などと呼び分けられている。


物質
英語名
Iron
元素記号
Fe
原子番号
26
分子量
55.847
原子半径(Å)
1.24
融点(℃)
1535
沸点(℃)
2754
密度(g/cm3
7.86
比熱(cal/g ℃)
0.11
イオン化エネルギー(eV)
7.87
電子親和力(eV)
0.14

金属元素としてはマグネシウム次に宇宙含有量が多い元素である。人類にも有史以前より知られており、剣から鉄道まで、文化発展に最も深く貢献してきた。大気中では、乾燥した状態では安定しているが、水分が多いと酸化して錆を生むちなみに、鉄の元素記号「Fe」はラテン語ferrum)に由来する。

てつ 【鉄】

鉄は武具発達をもたらしたから、これを神に捧げたりしたが(ローマ戦の神マルス捧げ鉄の楯如き)、非情冷酷という感じから邪悪象徴ともされた。ギリシア神話で、ゼウスを襲う怪物テュフォンは骨が鉄だったとする

鉄(テツ)


読み方:てつ
【英】:Fe

人体に必要なミネラル一種で、赤血球ヘモグロビン多く存在する。不足すると貧血起こす

 人体に必要なミネラル一種で、成人体内に約3gから5g存在します。そのうち70%は、赤血球ヘモグロビン筋肉中のミオグロビン存在します。残り30%は、肝臓骨髄筋肉などに貯蔵鉄としてストックされています。
 鉄が不足すると、赤血球の中のヘモグロビンが減って赤血球の数が減るため、酸素供給が十分にできない態となります。これを「鉄欠乏性貧血」といいます。集中力低下や、頭痛食欲不振などの症状ありますまた、筋肉中のミオグロビンが減ることで、筋力低下疲労感といった症状起こります。
 必要量は、健康な人の場合男女異なり女性月経有無妊娠授乳期にあるかどうかによって左右されます。通常の食事をおこなっていれば鉄を摂りすぎることはほとんどありません。ただ、サプリメントなどで大量摂取すると、過剰症を起こします。
 鉄には、肉や含まれるヘム鉄と、野菜などに含まれる非ヘム鉄ありますヘム鉄非ヘム鉄よりも吸収がよく、ヘム鉄利用することで非ヘム鉄吸収もよくなります。また、動物性たんぱく質ビタミンC一緒に摂る吸収しやすくなります。


【仮名】てつ
原文iron

体内でのヘモグロビン(肺から体全体組織へと酸素を運ぶ血液中の物質)の合成に必要となる重要なミネラル。鉄は、身体の正常な成長発達に必要となるの多く蛋白酵素の重要な構成要素でもある。赤身肉鶏肉レンズマメ豆類のほか、鉄分添加されたシリアルなどの食品に含まれている。

生命不可欠ミネラルで、赤血球筋肉組織に含まれ、からだの中で酸素運び屋として働きます。また健康な免疫調節成長を保ちます。レバー肉類、ひじき、ワカサギイワシ高野豆腐ホウレンソウなどに含まれています。

読み方:テツtetsu

作者 岩藤雪夫

初出 昭和4年

ジャンル 小説


読み方:クロガネ(kurogane)

所在 岡山県岡山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
てつ
てつさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/14 14:33 UTC 版)

(てつ、旧字体/繁体字表記:: iron: ferrum)は、原子番号26の元素である。元素記号は Fe金属元素の1つで、遷移元素である。太陽や他の天体にも豊富に存在し、地球の地殻の約5%を占め、大部分は外核・内核にある。




[ヘルプ]
  1. ^ Demazeau, G.; Buffat, B.; Pouchard, M.; Hagenmuller, P. (1982). “Recent developments in the field of high oxidation states of transition elements in oxides stabilization of Six-coordinated Iron(V)”. Zeitschrift für anorganische und allgemeine Chemie 491: 60. doi:10.1002/zaac.19824910109. 
  2. ^ R. S. Ram and P. F. Bernath (2003). Journal of Molecular Spectroscopy 221: 261. http://bernath.uwaterloo.ca/media/266.pdf. 
  3. ^ 超高純度鉄
  4. ^ 金属の超高純度化を基に高温金属材料開発東北大学金属材料研究所ナノ金属高温材料学寄附研究部門
  5. ^ 安彦兼次、「究極の超高純度金属」、日経サイエンス2000年10月号
  6. ^ 「東北大の純鉄が標準物質に 日独で登録」、2011年1月16日日本経済新聞
  7. ^ Audi, Bersillon, Blachot, Wapstra. The Nubase2003 evaluation of nuclear and decay properties, Nuc. Phys. A 729, pp. 3-128 (2003).
  8. ^ M. P., Fewell (7 1995). “The atomic nuclide with the highest mean binding energy”. American Journal of Physics 63 (7): 653-658. doi:10.1119/1.17828. http://adsabs.harvard.edu/abs/1995AmJPh..63..653F 2008年2月17日閲覧。. 
  9. ^ R. Nave, Carl (2005年). “The Most Tightly Bound Nuclei” (English). Hyperphysics. ジョージア州立大学(Georgia State University). 2008年2月17日閲覧。
  10. ^ A 'metallic' smell is just body odour Nature News
  11. ^ 鉄のにおいの正体
  12. ^ 萩原芳彦 監修 『ハンディブック 機械 改訂2版』 オーム社 2007年3月20日 p.93
  13. ^ 鄭州古栄鎮遺跡出土鋳造所
  14. ^ 翻道安『西域記』
  15. ^ ロジャー・ブリッジマン『1000の発明・発見図鑑』丸善株式会社 平成15年11月1日 p.89
  16. ^ 狩野久「吉備の国づくり」 藤井学・狩野久・竹林栄一・倉地克直・前田昌義『岡山県の歴史』山川出版社 2000年 23-24ページ
  17. ^ 司馬遼太郎「この国のかたち」文春文庫 p.113-120
  18. ^ 太田弘毅「倭寇が運んだ輸入鉄―「鉄鍋」から日本刀製作へ―」(所収:明代史研究会明代史論叢編集委員会 編『山根幸夫教授退休記念明代史論叢』上巻(汲古書院、1990年) P521-538)
  19. ^ 佐々木稔/編『火縄銃の伝来と技術』(吉川弘文館、2003年 ISBN 978-4-642-03383-1)P84-87・191-201ほか。
  20. ^ 鉄と生活研究会編 『鉄の本』 2008年2月25日初版1刷発行 ISBN 978-4-526-06012-0
  21. ^ 『日本の鉄鋼業』(日本鉄鋼連盟、2015年)
  22. ^ a b c 八木康一編著 『ライフサイエンス系の無機化学』 三共出版、 p.155-159、1997年、ISBN 4-7827-0362-7
  23. ^ a b c d Geoff Rayner-Canham, Tina Overton『レイナーキャナム 無機化学(原著第4版)』西原寛・高木繁・森山広思訳、p.355-356、2009年、東京化学同人、ISBN 978-4-8079-0684-0
  24. ^ 八木康一編著 『ライフサイエンス系の無機化学』 三共出版、 p.95、1997年、ISBN 4-7827-0362-7
  25. ^ a b 八木康一編著 『ライフサイエンス系の無機化学』 三共出版、 p.163、1997年、ISBN 4-7827-0362-7
  26. ^ 「健康食品」の安全性・有効性情報「鉄解説」
  27. ^ 専門領域の最新情報 最新栄養学 第8版:建帛社
  28. ^ 友杉 直久 2.ヘプシジンの発見とその後の発展  日本内科学会雑誌Vol. 99 (2010) No. 6 p. 1180-1187
  29. ^ 島崎敬一「ミルクのラクトフェリン」、『乳業技術』第51巻、日本乳業技術協会、2001年、 1-21頁、 ISSN 13417878NAID 40005107444
  30. ^ 金完燮、島崎敬一 「ラクトフェリンと微生物の攻防 その多様性」『ラクトフェリン2007 :ラクトフェリン研究の新たな展望と応用へのメッセージ』 第2回ラクトフェリンフォーラム実行委員会編、日本医学館、東京、2007年、9-17頁。ISBN 978-4-89044-632-2
  31. ^ a b 輸血後鉄過剰症の診療ガイド
  32. ^ 船津和夫、山下毅、本間優 ほか、脂肪肝における血中ヘモグロビン値の検討、人間ドック (Ningen Dock) Vol.20 (2005) No.1 p.32-37, doi:10.11320/ningendock2005.20.32
  33. ^ 肝臓病食における鉄制限 (群馬県肝臓病食懇話会記録 (PDF)
  34. ^ 日本人の食事摂取基準(2010年)6.2.微量ミネラル 6.2.1.鉄(Fe)
  35. ^ 千里眼その他”. 中谷宇吉郎随筆集. 岩波書店 (1988年). 2016年5月8日閲覧。
  36. ^ 東京大学海洋研究所 編 『海洋のしくみ』 p.133 日本実業出版 1997年9月15日発行 ISBN 4-534-02675-7
  37. ^ 東京大学海洋研究所 編 『海洋のしくみ』 p.132 日本実業出版 1997年9月15日発行 ISBN 4-534-02675-7



出典:『Wiktionary』 (2011/07/06 10:35 UTC 版)

発音


出典:『Wiktionary』 (2012/04/03 21:48 UTC 版)

発音

名詞

  1. 原子番号26元素記号Fe常温常圧では銀灰色固体で、人間に最も身近な金属のひとつ。くろがね

訳語

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

鐵に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鐵」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

尾輪式

ビールの利用法

セミヨン

飛行教導隊

カールグスタフ

ワインの瓶型

ダイブブレーキ

コルクスクリュー





鐵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2017 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2017 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2017 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS