銀河の分類とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > 銀河の分類の意味・解説 

銀河の分類

1926年、エドウィン・ハッブルがはじめて銀河を分類

さまざまな銀河の形をはじめて分類したのは、アメリカエドウィン・ハッブルです。エドウィン・ハッブルは、自分観測をもとに、1926年銀河音叉(おんさ)型分類」の中で、銀河見かけ上のにしたがって楕円型、レンズ型、渦巻き型、その仲間の棒渦巻き型、その他の不規則型の5種類分類しました。現在ではこの分類中間型加えた6種類大きく分類されています。


老いた星ばかりで構成される「楕円銀河」

楕円銀河は、ほぼ球状の形をしたものから、かなり扁平(へんぺい)な楕円形までの8つに分類されています。楕円銀河の代表として、おとめ座うしかい座カシオペア座あります
この楕円銀河は、中心部と円盤部の区別がなく、表面明るさが中心から外側へ向かって規則的減少します。そして観測によると、老いた星ばかりで構成されていて、若く青白く光る星は見られず、星の材料となる水素ガスも含まれないことから、新しい星の誕生は起きないと考えられています。

楕円銀河M32
楕円銀河M32

円盤部に渦巻き腕をもたない「レンズ状銀河」

レンズ状銀河」は、中心部と円盤部の区別ありますが、円盤部に渦巻き腕をもたないものをいいます。そして中心部が円型のものと、端がやや棒状になっているものとに分類されています。

りゅう座のレンズ状銀河NGC5866
りゅう座レンズ状銀河NGC5866

私たちの銀河系も「渦巻き銀河」

渦巻き銀河」は中心部と円盤からなり円盤部に渦巻き腕をもつ、ふつうの渦巻き型と、中心部を貫く棒状構造をもつ棒渦巻き型に分けられます。ふつうの渦巻き型の代表としては、私たちの住む地球所属する銀河系アンドロメダ銀河おおくま座があります明る中心部は、老いた星からなり反対に円盤部はガスをたくさん含み若い星形成されています。棒渦巻き型の代表としては、ペガサス座やとろ座あります。棒渦巻き型は、中心部のふくらみ細長く両端から腕が伸び渦を巻くという形のほかは、ふつうの渦巻き銀河と似ています。したがって棒渦巻き銀河も、新しい星を執と生みだす若い星集団といえます。

りょうけん座の渦巻き銀河M51大きな渦巻き銀河のまわりを小さな渦巻き銀河が回っていて、親子のようであることから、「子持ち銀河」とも呼ばれています。
りょうけん座渦巻き銀河M51大きな渦巻き銀河のまわり小さな渦巻き銀河が回っていて、親子のようであることから、「子持ち銀河」とも呼ばれています。

マゼラン星雲などの「不規則銀河」

上記の型のどれにも当てはまらないものを不規則銀河呼びます。大マゼラン雲小マゼラン雲などもこの仲間です。この不規則銀河には水素ガスの量が多く若い星さかんに誕生していることが観測されています。なかには銀河同士衝突によって不規則変形してしまった銀河あります

不規則銀河M82
不規則銀河M82





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

銀河の分類に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「銀河の分類」の関連用語

銀河の分類のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アポロ7号

天王星

軌道とは何か

STS-79

つる座

マーク・ガルネ

クライド・トンボー

星の分類





銀河の分類のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency

©2017 Weblio RSS