鉱泉とは?

こう せん くわう- [0] 【鉱泉】

鉱物成分ガス放射性物質などを一定量以上含んでいる湧き水総称一般に水温摂氏25度以上のものを温泉未満のものを冷泉とする。狭義には冷泉をいう。 → 温泉

鉱泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/25 05:34 UTC 版)

鉱泉(こうせん)とは、地下からの湧水(わきみず)で、医学的見地から治癒成分を含んだのことである。




[ヘルプ]
  1. ^ 鉱泉分析法指針 (PDF)”. 環境省自然環境局. 2014年10月10日閲覧。


「鉱泉」の続きの解説一覧

鉱泉

出典:『Wiktionary』 (2011/07/12 13:35 UTC 版)

名詞

こうせん

  1. 鉱物く溶けんだ。特に冷泉同義語たるものを指すことがある日本場合は、w:温泉法参照

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鉱泉」の関連用語

鉱泉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

郵便局

梅の木苔

オガサワラヤドカリ

伊勢丸

鋼床版補強用SFRC舗装

たんぽぽ

小田 鉄兵

苗鹿の常夜燈





鉱泉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鉱泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鉱泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS