金星 (相撲)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 金星 (相撲)の意味・解説 

金星 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/19 09:06 UTC 版)

金星(きんぼし)とは、大相撲で、平幕力士横綱と取組をして勝利することである。三役以上(小結以上)が横綱に勝っても金星にはならず、普通に白星と呼ばれる。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2014年12月号25頁には「前例が無かったため協会も記録の扱いに困り、金星不適用を正式発表するまでに5日を要した」という趣旨の記述がある。
  2. ^ a b c d e f g h 不戦勝1勝を含む。
  3. ^ 他に優勝決定戦で1敗。
  4. ^ 不戦敗1敗を含む。
  5. ^ 当場所の優勝力士で最終成績は12勝3敗。この3敗はいずれも金星配給を伴い、しかも3日連続という、非常に珍しいケースである。
  6. ^ a b 当場所の優勝力士でこの金星配給が唯一の黒星であった。
  7. ^ 当時年4場所制
  8. ^ 当時年2場所制
  9. ^ 当時年4場所制
  10. ^ 64年3月場所は新横綱で、新横綱場所からの最多連続記録にもなる。64年11月場所と、65年11月場所を途中休場、それぞれ2個と1個の金星配給。全休3場所を挟んで66年11月場所まで14場所連続、同場所で引退。横綱在位中、全休を除いた出場全場所で金星を配給した。
  11. ^ 98年3月は途中休場、金星2個配給。
  12. ^ 62年1月場所、番付に名を残して引退。
  13. ^ 当時年4場所制。55年1月場所は新横綱。55年9月と56年5月は途中休場、金星配給はそれぞれ2個と4個。
  14. ^ 89年7月は途中休場、金星配給1。
  15. ^ 66年1月場所を全休。
  16. ^ 71年9月場所後、現役死。
  17. ^ 2011年3月場所は中止。
  18. ^ 88年3月場所を全休。
  19. ^ 2000年7月場所を途中休場、翌9月場所を全休。01年7月場所から02年7月場所までを7場所連続全休。01年5月に平幕力士(和歌乃山)からの不戦勝1あり。
  20. ^ 1973年11月場所は優勝決定後に休場(1不戦敗1休)
  21. ^ 不戦勝1を含む
  22. ^ 東前頭3枚目だった1936年1月場所7日目から続く連勝が69でストップした一番
  23. ^ 新横綱場所から2場所連続全休(1不戦敗29休)、1954年5月場所初日に平幕の二瀬山に不戦敗あり
  24. ^ 不戦勝1を含む

出典

  1. ^ 【秋場所】日馬富士、反則で初黒星 まげつかんだ スポーツ報知 2014年9月17日(2014年9月17日閲覧)
  2. ^ 2014年11月場所3日目、東前頭3の高安が勇み足で横綱日馬富士に勝利、同様の例は1972年3月の北の富士-初代貴ノ花戦以来で、協会でも混乱があったが結局金星と認められた。42年ぶり珍事「勇み足」協会も認定戸惑う - 日刊スポーツ
  3. ^ 大相撲巡業に帯同した明治時代の女旅役者「おかる」に由来しており、大変な不美人だったという。朝日新聞2014年7月12日25面
  4. ^ 大相撲、座布団舞わずに何が金星か - 朝日新聞 2011年1月7日(2011年1月8日時点のアーカイブ


「金星 (相撲)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

金星 (相撲)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「金星 (相撲)」の関連用語

金星 (相撲)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

セミノール

送電線

スイバ

温暖前線

ラック

長等公園

ふじ丸

サンド ウェッジ





金星 (相撲)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金星 (相撲) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS