金子兜太とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 金子兜太の意味・解説 

金子兜太

金子兜太の俳句

*かりん老樹に赤児抱きつく家郷かな
あお向きしとき月ありぬ一つの月
あきぐみに陽の匂う風吹き来たる
あきらかに鴨の群あり山峡漂泊
あけびの実軽しつぶてとして重し
あらゆる金属に魅せられ街を旅のように
ある家から鈴虫道は流れたり
いつのまに涙のまなこ昼螢
いのちと言えば若き雄鹿のふぐり楽し
おおかみに螢が一つ付いていた
おびただしい蝗の羽だ寿よ
かあーと光る松を見つめてわれ有りぬ
かまつかに吾れくろぐろと征かむとす
からすの村からすより大きい囮のからす
きよお!と喚いてこの汽車はゆく新緑の夜中
ぎらぎらの朝日子照らす自然かな
けもののごとき温さ黄濁の初夏長江
ここに着く三角倉庫のならぶ港
ここのところに俺の子枯山もう暗い
こっそり来て尿してゆきし祭かな
さすらえば冬の城透明になりゆく
しんじつの草の根沈み蛇は穴に
たつぷりと鳴くやつもいる夕ひぐらし
つばな抱く娘に朗朗と馬が来る
どどどどと蛍袋に蟻騒ぐぞ
どれも口美し晩夏のジャズ一団
なめくじり寂光を負い鶏のそば
にほん恋しや絵葉書売りに海泣く今
ひぐらしや点せば白地灯の色に
ふる里はあまりに遠しマンゴー剥く
ほうれん草つめたリュツクヘ妊る
まつりごとみだれて夏の石女たち
まら振り洗う裸海上労働済む
もまれ漂う湾口の莚夜の造船
よく眠る夢の枯野が青むまで
れんぎように巨鯨の影の月日かな
わが世のあと百の月照る憂世かな
わが歌のふと蜩に和したりき
わが湖あり日陰真暗な虎があり
わが紙白し遠く日當る荷役あり
わが行けばどんぐり光り触れ合えり
わらんべの蛇投げ捨つる湖の荒れ
ガスタンクが夜の目標メーデー来
キヤツサバ林軍靴を照らす火の果てに
シニカルな小さな駅の売られる果実
スコールに濡れたるままの夕餉かな
スコールの雲かの星を隠せしまま
デルタの草に銀行員沒す終戰日
ノートに触れ冬の犬の尾固かりき
パパイアの青果たわわに額さむし
 

金子兜太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/12 13:30 UTC 版)

金子 兜太(かねこ とうた、1919年大正8年)9月23日 - )は、埼玉県出身の俳人加藤楸邨に師事、「寒雷」所属を経て「海程」を創刊、主宰。戦後の社会性俳句運動、前衛俳句運動において理論・実作両面で中心的な役割を果たし、その後も後進を育てつつ第一線で活動している。上武大学文学部教授、現代俳句協会会長などを歴任。現代俳句協会名誉会長日本芸術院会員、文化功労者小林一茶種田山頭火の研究家としても知られる。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『金子兜太 高柳重信集』 三橋敏雄解説、371頁。
  2. ^ a b 五島高資 「金子兜太」 『現代俳句大事典』、152-154頁。
  3. ^ 秩父音頭のふるさと(みんなのみなの 皆野町観光協会) - ウェイバックマシン(2013年6月6日アーカイブ分)
  4. ^ 2011年1月 4日 (火)元旦や餅で押し出す二年グソ
  5. ^ 『第三高等学校一覧 昭和3年4月起昭和4年3月止』第三高等学校、1928年、p.175
  6. ^ a b c d 安西篤 編 「金子兜太略年譜」『金子兜太』196-199頁。
  7. ^ 『金子兜太 高柳重信集』 三橋敏雄解説、372頁。
  8. ^ 『俳句人』1958年8月号「新委員推薦」、25頁。
  9. ^ 『金子兜太 高柳重信集』 三橋敏雄解説、373頁。
  10. ^ 『現代の俳人101』 125頁。
  11. ^ あらきみほ 『図説 俳句』 180頁。
  12. ^ 坪内稔典 「叙情と含羞の日常」『金子兜太の世界』 36-37頁。
  13. ^ 高野ムツオ 「社会性俳句」『現代俳句大事典』 275-276頁。
  14. ^ 筑紫磐井 「金子兜太の実像」『金子兜太の世界』 42-46頁。
  15. ^ 金子兜太・村上護「対談 わが俳句を語る」 『金子兜太』 25頁。
  16. ^ 安西篤 「わが師、わが結社」 『金子兜太』 191-192頁。
  17. ^ 朝日新聞東京版)2015年7月19日付朝刊、35面


「金子兜太」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「金子兜太」の関連用語

金子兜太のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

画像から探す

BRUTALE-910S

スキナーナイフ

ビンふたつ包み

並進可

裁判所

岡田啓介

WTO

ジェルトン





金子兜太のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金子兜太 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS